スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/23 KAT-TUNスタイル金曜
今夜の指令「目の前で亀梨くんが泣いています。優しい言葉をかけてあげてください」
T-「かーめ(超優しい声)。俺がいるだろ?」
カメちゃん聞いてた?!と一番に思った私(笑)

A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「普通に褒めちゃった人です。……慰めちゃった人です」
A「今ちょっとどうしていいかわかんなかった、自分が負けたら」
T-「ウソ、負けた場合どんなことやるつもりだった?」
A「なんか、わざとこれに乗った方がいいのか、ちょっと崩していった方がいいのか、色々考えちゃった」
T-「(笑)ま、なんでもOKだと思いますけどね、それはそれで」
たぶんメールを出した人は赤西さんに呼んでもらいたかったんだろうなぁなんて思うのですが、そういう時こそジャンケンに負ける男がいるので侮れません(笑)
で、あんたの和也呼びの切り替えはどこ?(笑)

そしてなぜか「ゆうこりんはぁ」という微妙な物真似で始まった今日はふつおたなメールを読むコーナー。
「お二人はなにか雰囲気が出るような部屋でやってることはありますか」
A「……これ、言葉ちょっと変だよね」>確かに
T-「雰囲気を出したいのね、なにかしらの」
A「なんか、雰囲気が出るような、ことを」
T-「部屋のテーマを決めるのがまず最初だよね」
A「そうだよね」
ということで部屋の雰囲気の出し方を話し合う二人。

A「とりあえずさー、なんかライト系やってみたら?」
T-「お手軽だもんねー」
でも赤西さんの言うことにイエスマンの田口くんなので、結局は赤西さんの言うとおりの結論で終了(笑)

「私の部屋にめちゃくちゃ強い蚊が住み着いてるんです。二人はそんな強い蚊に遭遇したことありますか」
A「ないです(きっぱり)」
T-「蚊ってそんな生きるの?」
A「わっかんねぇ」
そしてお互い妙な知識を出し合い。
「蚊って、吸いすぎると、膨れて潰されやすくなんだよね」by田口
「しま蚊って蚊の種類。ちょっと強いの」by赤西

A「強力な殺虫剤でいきましょう」
で、結局結果はこれでした(笑)

「二人は筋肉痛で悩まされたことありますか」
A「僕今です」
T-「今筋肉痛?なんで?」
A「五話の格闘シーン」
T-「あれすごい格闘だったよねー横山くんと」
A「あれ、ちょっ、マジきつかった。テレビで見てる10倍やってた」
というように赤西さんが頑張っていた間田口くんはと言うと。
T-「俺のほほーんとコーンスープ飲んでた(笑)」
でした(笑)完全に女子グループに入ってますからね美童くん……。

A「俺と横山くんってあんまさ、アクション系じゃないじゃん。KAT-TUNと関ジャニにいる時って。どっちかと言えばさ、お前とか亀梨は、と聖とかさ」
T-「動くよね結構ね」

T-「俺最近バラ70本持って腱鞘炎になりましたよ」>それは、四話の話?(笑)

そういうわけで有閑倶楽部はだいぶ大変そうです。


赤西仁くんの掴みネタ【美人麗人赤西仁です】>なぜか今日はくん付け
A「……なんか自分を上げすぎだから、自分で言うのヤダ」
T-「確かにね!(笑)そうだよね、これ赤西くんが言うんだもんね。麗しい人で麗人なんて普通言わねーしな」
A「まあわかる、言いたいことはわかるんだけど」
T-「うん……え?え?」>まず一応頷く人(笑)
A「それを例に上げちゃう気持ちはわかるんですけど、それは自分では言えないな」
T-「自分でも言ってますよ。ばっさり却下と言われる気がしますって」
A「うん、却下(きっぱり)」
この会話、なんかすっごい『らしい』距離感の会話でした。
こんなに長く一緒にいてラジオ始めてだいぶ経っても、やっぱりナチュラルに「赤西くん」なんですよねぇ。……たぶん田口くんは赤西さんに対してだけずっとこの呼び方なんだろうなぁ(笑)

そして再び赤西サンタのお知らせにて。
「クリスマスに成田に帰ってくるので迎えにきて」という例を出した後。

T-「いいね~、成田でさ~、戻ってきたら雪がさらさらーなんて降ってきて。ドラマになりそう」>ろまんちすと
A「で、それが消えたら亀梨くんが立ってるんですよ!」
T-「おおっとー!どっから来たー!?(笑)」
A「わかんないですけど(笑)」

そんなこんなで今日は亀梨押しみたいでした。
ちょっと亀梨さん聞いてたー?(笑)
スポンサーサイト
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。