12/31 KAT-TUNスタイル月曜
山里、空気読めマジで。
そんなこんなで今日までやると思わなかったKAT-TUNスタイル。

今日のタイトルコール、超長い(笑)
二人で声を合わせて、一所懸命呼んでました。始めの1週間のタイトルコールよりは声が揃ってたと思います(笑)

そして最後に「中丸雄一です」とさらりと名乗ったまま話を進めた田口くん。それでいいの?!

そんな今日、今年は何点だったのか、お互いに点数を付け合う、と言うなんだかもうすべりそうな予感がしてならない企画。

そして案の定。
T-「2007年の赤西仁は、ずばり、240点!」

「100点満点って言ってるのに」と、まあ当然なことを口にする赤西さんですが、そこのところはKAT-TUNスタイルだからアバウトでいいそうです(笑)
赤西さんが4月に帰って来てからの日数、1日1点でこんな感じだそうです。

それに対して、そんなんでいいの?わかりました。と不吉な言葉を返した赤西さん。
A「赤西仁が採点。2007年の田口ずん……淳之介は」>メンバーの名前を噛む人

A「240点」
ってことで、同じ理由で同じ点数でした。ちゃんちゃん。

そしてKAT-TUNに点数をつけるならば、と言われ、赤西さん「98点」だそうです。

T-「テストでありそうですよね。あと1点だったのに」>2点……?
A「そんな感じじゃないですか」
向上心を失わないように、あえて100点じゃないそうです。
そんな言葉を聞いての田口くんの採点は。

T-「100億満点!」
でした(笑)

そんな感じで終わった今年のKAT-TUNスタイル。
次はお正月スペシャル、と言っていましたが……いつかるやるのかしら(ぶるぶる)
続いて絶望した。
いつもなら撮っているのに。
こんな番組見てないよって言うよくわからないフジの番組にKAT-TUNが出るってどういうことですか。
しかもちょっとしたコーナーじゃないですか。かわいこちゃんがばっちり映ってたじゃないですか。
この後すぐ!的な一瞬だったら撮り逃してもまだ胸が痛むくらいですが、今無性にやるせないです。
この気持ちのまま一年を終えるのか……。
どうせどこかにちょっと出るにしても嵐だからいいやと思っていたのに、なんでよりにもよってKAT-TUNなのですか。
なんかやるせなさすぎて吐き気がします。
嵐が出ればいいじゃないかー!

そんなわけで、今爆笑問題がものすごく嫌いです……(悔)
キンキコン、だけど。
絶望した!

絶望した!
アンコールも出来ないお年寄りのファンもどきぶりに絶望した!


そんなわけで、わざわざ絵付きで言うほど周りの人に絶望しました。
ほとんどの歌に手拍子するわ(宴会か!)、歓声の代わりに拍手ばっかりだわ(孫の発表会か!)、すぐ座るわ(寄る年波には勝てず)、アンコールも出来ないときたことに本当にがっかりしました。
今の人はアンコールが出来ないの?それとも知らないの?
中途半端なキンキコールを流行らせようとしてるどうしようもないのがそれぞれ勝手に揃わないを拍手?手拍子?をしていて、正直げんなりです。それ、Sのグループとかに持って帰ってもらえますか、おばさまがた。
あんな状態じゃあまたDVDに出来ないだろうなぁ……。もうこうなったらDVDにするためには後から声を入れるしかないですねーと思いました。若い子のきゃーきゃー声を。それか、二人が手繋いだりした時のみ出る黄色い声を合成?(こういう時だけ声は出るようですよ)
それと、こればっかりは個人的な理由で、でも本気であの丸いぐるぐるライトを撲滅してほしいっす……。目の前であれを固定されると催眠術にかけられる……。
みなさん、肉眼で見える位置なのに双眼鏡でがっつり覗くから、持ってるライトが耳元に固定されてるのです。
その絵面、正直めちゃめちゃ恐いですよ……?(ぶるぶる)

とりあえず奥様方には年末にここに来てないで、旦那と子供と過ごしてくださいと大声で言いたいです。奥様の忘年会の待ち合わせ場所じゃございませんことよ?


あ、肝心のコンサート内容はものっすごい楽しかったですvv
剛さんもご機嫌よろしかったみたいで、しかも年々限界を知らないかのごとく上手くなっていく歌声は震えが来るほど素晴らしく、本気でうっとりしました。
目がハートマークになってたかもしれません(笑)
光一王子もいつも通りお顔が雪崩れておられて(笑)、男前でした。いやいや、天然っぷりも多くて素敵でした。
歌も意外なあの曲をやってくれて、本当に腰が砕けそうでした。嬉しかったぁ~♪
そんなわけでこちらも絵付きで色々レポしたいんですが、1日もこんな状態だったらげんなりしすぎて書けないかもです(汗)

せめて王子の誕生会ぐらい、ちゃんとアンコールしてほしいです。
ドームでアンコールが揃うと、痺れるほどかっこいいのになぁ。その感動を知らないのだろうか。
あと、お互いのソロのファンの方も、キンキのコンサートに来てるんだから相方のソロやら他のとこでわざと立ってトイレに行くのはやめましょうね。かっこ悪いですよ。ていうかファンとしての恥さらし☆
後は例年通りベース(しかも調子乗って帽子が派手)とドラムの音がもっともっともっと抑えてもらえると、ちゃんと歌声が聞こえるのですけどね……(ライブとして成り立ってない領域)

そんなわけでとりあえず今日はお家でカウコン、そして1日に王子誕生祭です♪
本当にいつも通り入れるだけマシな席ですが、みんなで正しく盛り上がればどの席だって楽しいんですよ!ホントだよ!
……とか言いつつ、この数年レポ出来ないのは、周りに酷い人ばかりが集まってるからなんですけどね……(遠い目)
12/28 KAT-TUNスタイル金曜
ミュージックソン大打ち上げスペシャルー。

A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「田口淳之介改め、サウナ入りたいです」
ていうか風呂入れ風呂!ほら、薔薇風呂が待ってるよ田口くん(笑)

今日は松田アナウンサーが登場。
赤西サンタについてのお話をしてました。
単身赴任してるお父さんの話には別の意味で泣きましたもの。
なんで娘が赤西ファンだということを一番に伝えた娘思いのお父さんを、四年間も会いにも行かないで放っておいたんだろう……。
普通クリスマスとか、家族で過ごしませんか。こんなことに頑張ってるお父さん使うなんてひどすぎるよ娘……。
そんな風に思って涙していたお父さんの、部屋の中に下がっていたチェックのパンツが忘れられない赤西サンタの話。


今日のこぼれ話は泣き虫田口くん。
最後の30分に、もう終わってしまうんだという現実に涙が湧き上がってきてしまったーという話。
A「僕は親のような気持ちで見てました」
おーい、もう一人のパーソナリティー(叫)
そして最後の一人ずつのメッセージについても。
A「あれ照れ臭いって言うかなに言っていいかわかんねーな。メンバーに、普段言わないからさ」
いやだから、普段言わないからこういう時にこそ言うもので……せめて照れ臭かったことにしてくださいよ赤西さん(涙)

A「勇気を出してLOVEなんて、夢のようですよ、言うなんて、メンバー内では」
なんていうか、番組のテーマを根底から覆すような発言……?
それを最後に言ってこそのあの番組だと思うんですけど、ね?あは。は。

T-「絶対KAT-TUNの絆もまた深まったと思うのでね、これからもよろしくお願いしますよ」
A「……と、思ってるのは田口だけであった(ナレーター口調)」
T-「えええええーー」
そんなわけで、今日もやっぱり普通には終わってくれませんでしたとさ。

ていうか31日もあるのかよ!(三村ツッコミ)
12/27 KAT-TUNスタイル木曜
後夜祭パート2スペシャルー。
……パート2つけるとこおかしくない?(笑)

A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「田口淳之介改め、気のせいかふらふらです」
この言葉でやっとのこと赤西さんから普通にお疲れ様の言葉が。
ていうか瞬間的に泣きそうになりました。そりゃそうだよお前。気のせいじゃねーっつーの。早く帰って寝てほしい……!(切実)

そして今日はミュージックソンで一万人と握手を目指していた飯田アナウンサーが登場。
疲れてるからか、番組中よりテンションが普通でした(笑)

飯田アナウンサーが26歳だと聞いての赤西さん。
A「横山くんと同じ年?……そうだ。清四郎だ」
と、納得。
いや、うん、まあ身近で例えるならそうなんでしょうけど、清四郎だって納得の仕方はどうかと(笑)


今日のこぼれ話。
今日は赤西さんの番。
出てきた素人の中で一番私が苦手だと感じた女の子、ミスズちゃんとちゅーしたよ、との話。
ほっぺただけどね、しかもその前に隣の子としてたけどね、と付け足してました。

うん、そんなことは置いといて。
とりあえず田口くんに早く寝てほしくてそわそわしました(笑)
明日で今年の放送終わりかな?
カートゥンKAT-TUN 12/26
総集編だからいいと思ってすっかり書くの忘れてました……。
なんかちょいちょい蔵出しといって未公開の部分がありました。それを先に言えというのに……!

私的に上田さんのお言葉を集めたものが好きでした。
本当にリーサルウェポンだなうえぴー!大好きだ!(笑)

でも基本的に日テレさんは田口くんを美味しく扱ってくれない(というかちょっと悪意があるレベルですべらせられる)ので、総集編でもお蔵出しでも特に喜ばしいことはございませんでした。

1月のスペシャル番組的なものももうすでに期待出来ないし(くりぃむ、所と聞いてなにが喜べるでしょう)これからKAT-TUNのなにを期待して生きていったらいいんだー。
12/26 KAT-TUNスタイル水曜
今度は大晦日までのカウントダウン。5days。
そしてミュージックソン後夜祭スペシャルー。……昨日と名前が違う……(笑)

そんなわけで、読みきれなかったメールを読んでました。
ぶっちゃけ一通も感動したものがなかったので、もういいよーという思いがあるんですが(ぼそ)
4時間かけて会いに行った、というメールがあって、4時間くらいでがたがた言うなーというのは正直ありました。それくらいならわざわざ言うもんでもないでしょう(ぼそぼそ)
KAT-TUNというか、田口くんは本当に頑張っていたと思いますが、番組の内容はやっぱり……でした。おかしいなぁ、無垢な子供と動物出ただけでぼろぼろ泣ける私なのに。
ていうか、赤西さんは本当に素直に田口くんの頑張りを認めていただけないのですね……。
たまには素直に一言ぐらい褒めてくれたっていいのに……(どよーん)

今日のこぼれ話。
時任パパのゲストサプライズの件。

前日時任さんのお家で忘年会をしていて(ここにまずびっくりなんですけど)、田口くんがお願いしたらしいです。
ていうかパパとメールしてる誠二くんって(笑)
田口くんの交友関係が面白いことになってる気がします。
うーん、これもやっぱり今までの頑張りの成果ですよねー。

さて、これからかつかつですが……猛烈に寝たいです(笑)
12/25 KAT-TUNスタイル火曜
今日はミュージックソンのありがとうスペシャルだそうですー。
一応終わってから録ったのかしら?

そしてせっかく終わってほっとしたのに今週はずっとアナウンサーさんがいるそうです。はい。
いやしかし、田口くん本当になんにも食べてなかったのかー……。いや、食べる時間なんてないだろうけど……うう。
しかも風邪気味だったなんて。
なんかもう本当にお疲れ様しか言えません。
そもそも田口くんに廻させるってすごいことだろがー。
それをやりきった田口くん。本当にすげぇよあんた。

最後はミュージックソンこぼれ話。
ヤンピースの途中、固い空気がちょっと崩れた時あったじゃないですか。その瞬間スタジオでミカン食ってやりましたby赤西


終わりに田口くんが、東MAXに、ヤンピースをジャックしてしまったのに、送り出した後に挨拶も出来なくて申し訳ありませんでした、ありがとうございましたとちゃんとお礼が出来ていて、本当に成長したなぁとしみじみ。

……さて、寝よう(笑)
24時間お疲れさまー!
今になってやっと前後が確かになってきたので(笑)
田口くん24時間ラジオお疲れ様でした。
本当に本当に24時間頑張ってて、ラジオの前から離れることが出来ずに結局本気で24時間聞いてしまいました。
テレビより本気で24時間しましたよ……憔悴。
本当にまさかまさか一人ずっと24時間出続けるとは思っていなくて、まあ元から考えてはいなかったんですが、本当少しもスタジオに行こうとは思いませんでした。
だって少しも耳を離せないじゃない。移動してる時間も頑張ってるんだもの。
ものすっごく募金するならまだしも、少しのお金で見ようなんてこと出来ないよ……。

そんなこんなで、ずっと聞いていまして、とりあえずざっとMD五枚(笑)
編集したいけど、体力気力があるかどうか。とりあえず最後だけ編集して後で聞いて泣こう……。
でも色んなゲスト(ゲスト?アナウンサー?)を迎えて、どんどん進行と喋りがうまくなっていく田口くんの成長物語のような24時間に本当に感動しました。企画はさておいて。
来る人来る人に褒めてもらって、しかも田口くん知り合い多くて(笑)なんかすごく嬉しかったです。
こんなに色んな人に素直に褒められることってないじゃないですか。いつもあんまり表に立たないし。
でも、今まで頑張ってきた結果がすごく出ていたと思います。
なんていうか、普通に喋るのさえこっちがドキドキする子だったのに、ラジオのパーソナリティーをこんなにちゃんと務められるようになるまでに育つなんて……本当近所のおばちゃん気分です(笑)
なんか色々嬉しいところとかすごいねーってところがあったんですが、とりあえず今はもうお疲れ様ありがとうの気持ちでいっぱいです。
そして眠いのに寝れなくて変な感じです(笑)

最後、一体どうするのかと思っていたんですが、鶴瓶さんのおかげで見事大号泣(笑)
意外や意外のサプライズ、というかご本人がいらっしゃった時の言葉が感動的で、これが最後だったら確実に泣いてるなぁと思ったら最後に声の手紙とは!
メンバーより大事に思ってくれてるような(笑)そのメッセージに本気で泣きました。いい人すぎます鶴瓶師匠……!感動をありがとうございます!(涙)

そして亀梨さんも珍しくしっかりとしたメッセージをくれて、やったねカメちゃん☆とか思っていたら上田さんもさすがの言葉で。
うえぴーはいつでもしっかりとした終わりの言葉を用意してくれていて、安心して聞けるので大好きです。

ていうか。
今回一番びっくりしたのが、赤西さん。
メイン、じゃなかったのですか……?
最初テンションが低くて、でも夜になるに従って少しずつテンションも上がり、田口くんのフォローもしたりしてこのままがんばっていきまっしょい的な感じになるのかと思いきや、12時過ぎた後から急に姿を消し、ずっと出てこないままめざましの中継が入る時になって戻ってこられたので本当にびっくりしました。
一体この間なにをしていたのか。教えてほしいです。他の仕事かなにか?
その後もあまり喋らないし、口下手だとか緊張しているとか、そういうことじゃなくて。
しかも最後の言葉ももうちょっとだけなにか欲しかったし(どんな性格だとしてもそこはちゃんと語るべきところだと思います)、なんかちょっと、というかかなりがっかりしました。
赤西さんがいない間、田口くんがこれだけ伸びたのに、結果やっぱりこうなんだと思うとなんか……なんかもやもや……。
だからニッポン放送はずっと田口くんの名前を先にしていたんだなぁとか思ったりして。

これでKAT-TUNがメインとか赤西・田口がメインだと言われるとちょっと微妙な気持ちになります。
最後がああいう終わり方だったからまだ救われたけど、やっぱりちょっと納得いかないところもありますし。
とりあえずちょいちょい失礼な口を(特にゲストに)利いていた、噛むし段取りを覚えていないアナウンサーは途中で熊のぬいぐるみに変わるべきだったと思います。とってもKYでした。

募金って本当に気持ちだとは思いますけど、誰かと話したいがために300円とか500円とかの募金(しかも本当にするかどうかなんてわからない)で何回も何回も電話したり、目当ての人物じゃないと切ったり、代われと言ったり。
これがチャリティー?愛の気持ち?LOVE?
夜に子供が電話掛けてくるのも違うと思いますし、いっぱいつっこみたいメールもたくさんでした。
こんな気持ちを抱かせてほしくなかったよ……。
言いたくないけどやっぱり戻ってきた赤西ファンとかいう(けれど本当に純粋に好きなファンじゃない)人の嫌な行動が目立つ気がします。
ちょいちょい電話やら街頭やらで喋る人にげんなりしましたもの。

と、そういう嫌なことはとりあえず忘れて。
上田さんは入ってきた時からテンション高く楽しく場を盛り上げていただいて、しかも電話番もロケも一所懸命に頑張っていて改めて素敵だなぁと思いました。特に中丸さんが入ってきた時の「中村!」という楽しそうな声(笑)
その中丸さんも、聞こえてるところは(笑)電話番もはりきってやっていましたし、ロケとはいえ2時過ぎに女性の家を訪ねるなんて冒険をよくこなしてましたねー。なによりやっぱりムードメーカーですよね!ゴスペラーズとのボイパも素敵でした。
田中さんも、最近奇行がいっぱいではありますが、1時過ぎからずっと、お疲れの田口くんを引っ張って懐かしいラジオノリで頑張ってくれて嬉しかったです。田口くんの声も明るくて、無茶振りも耐えてくれてありがとうでした(笑)
そして朝の5時半にまさかの亀梨さん登場でびっくりでした。
仕事続きなのか寝起きなのか、テンションは低めでしたが、田口くんの「おはよー」の声で迎えられた亀梨さんはノリがわからないながらもラストまでさすがのパワーで引っ張ってくれましたし、なによりロケに行くまでのちょっとの田口くんとの会話が素っぽくて面白かったです(笑)
赤西さんも、24日までは頑張っていたなーと思いました。
ピアノの生演奏を聞いて「田口聞いた?!」と興奮を伝えてくれたのはなんか嬉しかったですし、アナウンサーに「入り口出口~の新しいのやれ」と言われた時にもさり気なくフォローしてくれて助かったなーと思いましたし。
それが最後まで続いたら本当に拍手拍手の嵐だったのですが……。

田口くんに関しては本当にもうお疲れ様大好きですばっかり……。
田口くんの癒しボイスのおかげ(せい?)で何度眠りに引き込まれたかわかりませんが(笑)、一時も気を抜かず頑張り続ける田口くんに本当に感動しまくりでした。
最後に感極まって泣いちゃった田口くん。そんな時に誰か頭を撫でてくれる存在がいると良いのですが……。
でも本当に、めきめきと成長していく様が見える(聞こえる)24時間でした。
ゲストさんの声からも、その場の空気が暖かくて好かれてる雰囲気が伝わってきて、嬉しくて嬉しくて。
ありがとうでした。本当に大好きです。

本当に本当にお疲れ様でした。ゆっくり、は出来ないかもしれませんが休んで次の仕事に備えていただけると、見ているこちらとしては安心致します(笑)

ぶっちゃけ、リズムが崩れて変に眠いようなでも寝れないような妙な感じでございまして、自分にもお疲れ様と言って寝たい次第でございます。
こんなノリでKAT-TUNスタイル聞けますか?!(笑)
12/21 KAT-TUNスタイル金曜
この、時間の読めない感じがあるから金曜は嫌です。
やーまーざーとー。

A「KAT-TUNの亀梨和也でぇす」>鼻を摘んだような声で
T-「中丸雄一でーす」>いたって普通に
と、今日はウソ自己紹介で始まったのですが、続いたボイパの真似がちょっと本気でうまかったっす。
え、これ誰がやってるの?田口くん?普通にうまかったですけど……あの、中丸さん……(笑)

A「ちょっと最初、でも似てたでしょ(笑)」
T-「いやーうーん……まあね」
A「なんとなく」
T-「まあ」
A「……顔やってもわからんから(笑)」
なんだかご機嫌な赤西さん。赤西さんは金曜になると元気になりますね(笑)
そして仕切り直しの自己紹介をして、あと三日でクリスマスイブですねーというお話。

A「なんか買った?クリスマスプレゼントとか、誰かに」
T-「そりゃあもう、もちろんチャリティーミュージックソンのパートナーに、ですよ」
A「ああ。チャリティーミュージックソンのパートナー……僕ですか!」
T-「はっはっは(笑)」
A「ホントですか」
T-「まあなんかそれも楽しいなと思いまして。まあどうせ、一緒にね、やってるわけですから」
A「本当に言ってんの?お前」
T-「うん、なんか考えとこうかなと思いまして」
A「あ、ホントっすか」
T-「ごめんね、それでなんもなかったら(笑)」
A「僕一切しません(きっぱり)」
T-「あっそ。この後俺仕事ないんで、買いに行きますよ」
A「ほんっとですか?!」
T-「普通に行きますよ」
A「あっそ。いや俺も……」
T-「まあいいっすよ。赤西さん忙しいから、そんな、買いに行く暇ないから!俺と違って」
A「まあね、わかるわかる」
T-「だから、全然期待しないっす。全然」
A「この後もだってもう色んなとこ行くからね」
T-「そうっすね。世界中飛び回って」
A「ペルーとかね(笑)」

そんな感じに冒頭の会話は終わっていったのですが。
なんか、もう、ここまで来るとちょっと悲しいよ田口くん……(笑)
どれだけあんた赤西担なんだ一体……。
あの赤西さん。メモ用紙かなんかに「メリークリスマス」ぐらい書いて渡してくれませんか?(笑)

そして「ミュージックソンについて色々レクチャーしてもらいます」という田口くんの説明の、「レクチャー」だけをなぜか先に言う赤西さん。なにがしたかったんだ一体(笑)

今日はミュージックソンのキャッチフレーズについて。
「勇気を出してLOVE」
……今さら言わなくても、田口くんが赤西担なのは周知の事実だしなぁ(笑)

試しに愛の告白なんかもしてみたり、ボケることなく普通に告る田口くんに対して、赤西さんはどこかで聞いたことのあるようなセリフで誤魔化してみたり。
そんな感じで意気込みを語って終わり。

いつものミュージックソンのお知らせの中、赤西さんがさらりと「あなたの笑顔と苦情の電話で、田口のダジャレを止めてください」という文句を混ぜてましたがそのままスルー。
え、つっこんでよ!(笑)

T-「いよいよ月曜です。カメ、聖、うえぴーも登場します♪」
A「……中丸いねぇ(笑)」
T-「中丸くんももちろん登場します(笑)」

そんなこんなでいよいよ月曜日!
こちらももちろん24時間体勢ですよ!(笑)
Mステスーパーライブ KinKi Kids篇
こちらも正真正銘のかわいこちゃんv
メガネもなれましたし、髪型も落ち着いて、しかも慣れたのでかわいーという感想しか残りませんつよっさん!
今日は光一さんがメインでお喋っていました。
やけに二人で、二人で、と念を押す王子に、剛さんご機嫌っぽかったです。SHOCKの話もなかったし、今日の回答はまあまあ合格点でしょうか?(笑)

曲はやっぱり「永遠に」でした。
テレ朝だから涙、ひとひら歌ってくれるかなーと淡い期待をしていたんですが、やっぱりダメかー。


ついでに、その後に歌った中島美嘉さんがなんだか楽しそうでようございました。
手振ってあんな風に笑ってる姿始めて見ましたー。普段笑うイメージのない方がああやって笑われると、かわいらしいなぁと思います。

いやしかし待ったなー。もうすぐ10時半でございますよ。
Mステスーパーライブ KAT-TUN篇
ていうか田口くんのことだけですけど(笑)

茶髪かーわーいーーーーvv
あー、やっぱり金髪は金髪でした(笑)
あれはあれで珍しくて可愛かったけど、やっぱり金髪には慣れただけだったみたいです。
茶髪かわいーのv良かったね、染まって。
本人が伸ばす発言をしていて、髪が長いのがちょっと気になりますが、でもいい。やっぱり可愛い。
言葉を発していないのもいつもの感じに戻っただけですし、Mステはロバ丸の二人の北海道押しなので(笑)良いのです。その話も好きですし。
しかも、歌に行く前に赤西さんとなんかマイクを通さないで喋っていて、その楽しそうな様子がこれまた嬉しいっす。本当にすげーなードラマ効果。

でも肝心の歌のシーンはいつも通りでした。
だから客席に行く必要はないし、カメラの客映すショットもいらないし。音楽もタイミングなんかずれてる……?
ま、DVDのカメラ割りもひどかったし、カメラに期待することはもはや最初からしてませんけどね。

いやーでも茶髪かわいかった~♪

後で帰り着けなかった分のところ見ようっと。
入り口出口をやったと聞きましたよー。待っててねかわいこちゃん!

……キンキまだかなー。
12/20 KAT-TUNスタイル木曜
A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「ドリアで舌火傷、です」
A「ホントっすか」
T-「……まあ微妙に嘘です(笑)」
A「(笑)」
T-「でも昨日ー、ピッツァ食ったんすけどー、イタリアンのー」
A「ピッツァ(笑)」
T-「ピッツァ食ったんすけど。うまかったっす」
A「なにピッツァですか」
T-「んっとねぇ、まるがりーたとー」
A「マルゲリータ」
T-「(笑)えっと、あとチーズのピッツァ」
A「ねえあのあれ知ってる?ブルーチーズのやつ」
T-「ブルーチーズって俺食い……」
A「超うめぇんだよ」
T-「ゴルゴンゾーラ。それはわかる」
A「ゴルゴンゾーラに、ハチミツ、やると超うまいんだよ」
T-「それはいいかも」
A「めっちゃうまいよねあれ」
T-「ブルーチーズがそのまんま乗っかってんのかと思っちゃった」
A「違う違う違う。ゴルゴンゾーラゴルゴンゾーラ」
T-「……まあねぇ、冬らしい食べ物っていうことでねぇ」
A「ピッツァくらいしか上がんなかった僕たちですが」
T-「そうですね(笑)キャパシティ狭いですね(笑)」

もうびっくりするくらい普通の会話。
この二人の普通の会話っていうのがただもう驚きなもので、普通に書いてみました(笑)
すんごいピザ食べたくなりましたよ……!

そして今日は募金の方法をば。
ダイヤルQ2の話をしていたら、田口くんが自分たちの声を聞いてみたいと言い出し、赤西さんも電話をかけると。
自分たちで自分たちの電話の声を聞くのは、まああんまり出来る体験じゃありませんよね(笑)

そして最後は恒例のクイズという名の指令コーナー。
「東山さんから食事に誘われました。あまり乗り気ではありません。断ってみてください」
くじで選ばれたのは田口くん。というわけで断るのは田口くんで、赤西さんはヒガシ役(笑)
A「ぷるるるる、ぷるるるる、ぷるるるる」
T-「ガチャ。第33回ラジオチャリティミュージックソンです。みなさまの募金、お待ちしております」
A「いやー今日もいい……俺がバツゲームじゃん」

それが気に入らなかったのか、おもむろにもう一度コールし始める赤西さん。
A「ぷるるるる、ぷるるるる、ぷるるるる」
T-「ガチャ、もしもし」
A「あ、田口。東山だ(物真似中)」
T-「おおっ、と……先輩。ど、どうしました今日」
A「東山だ(念押し)」
T-「あ、お、ヒガシさん。お疲れっす」
A「お疲れ。今日、なにやってんの」>物真似継続中
T-「今日っすか。今ちょうどビリヤードやってるとこなんで……」
A「ビリヤード。……俺今からスッポン行くんだけどさ」>リアル(笑)
T-「スッポン」
A「スッポン行くんだけど、行く?」
T-「ああ……スッポンすか」
A「スッポン行く?」
T-「でも俺今あれっすよ。ビリヤードの球ね、穴にスッポンスッポン入れてますからね」

と、なんかうまく言った風で終了~。
A「うん……お前……(笑)絶対やらんやろ。絶対やんないでしょ」
T-「なにを」
A「本当にかかってきたら」
T-「本当にかかってきたら?てか普通に行くでしょ(笑)」

ってことで終ー了ー(笑)
今週は内容に期待出来ない分、最初と最後の会話に全力を傾けてます(笑)
明日はテーマについてお話するそうでーす。
カートゥンKAT-TUN 12/19
今日はちぇけらっちょなしで始まったかつかつ。
陣内さんが振ってくれたおかげで、ストレート金髪の可愛い淳ちゃんが映ってほんわりしました。
でも今日はわんこの話だったので、ちょっぴり仲間外れ。
犬なんかそう簡単に飼えませんよね……。

そしてやっぱり女の先生を呼ぶドッグヨガの間、上田さんが抱いたわんこに赤西さんがちょっかいかけてたのが可愛かったです。
亀梨さんの抱っこしてたダックスちゃんはだるんだるんで、ヨガする前からリラックスしていたわけで(笑)
なんというか、だるーんとした感じに終わりました。

そして急に久しぶりのプレゼント交換。
ALY&AJさんというお二人(ごめんなさい、知りません…)のCDジャケットを使った巨大パズルに挑戦。
ということで、人数的に一人洩れた赤西さんは一人のチームでチャレンジ。
いまいちルールがわからなかったのですが、とりあえず一組ずつ大きなパズルを嵌めていくのですが。
赤西さんがボケてまったく違うダミーのパズルを嵌めるたび「NO!NO!」と大きな声で否定されてました(笑)
そのたび嵌めたパズルを投げられるという……(笑)
けれどそれでもそれを拾ってきて何度も嵌める赤西さんにすごい笑ってしまいました。
なんでこんなゲームでこんなに盛り上がってるんだろう……すげぇ(笑)

それから再び100Qに戻り、KAT-TUNの偽物が街の中に出現しているという話に。
赤西さんが亀梨さんのそっくりさん?(髪型そっくりサングラスに眉が吊りあがってる感じ)を見た、と言い、田中・亀梨の偽物がよく渋谷にいる、という話の流れで中丸さんも「新宿駅で上田のそっくりさん見た」と言えば、赤西さんがさらっと「中丸も、渋谷の出口に……」と(笑)
「モアイ像!」との中丸さんのつっこみ、早かったです。よくわかったなぁ(笑)

そのまま、なぜか唐突に終わったわけで。
スペシャルとか、そういう余計なことしないで、普通の放送を頑張って欲しいなぁと思うわけです。
なんにもいらない。ゲストもいらない。ただ六人いればいい、っていうのがそんなに贅沢かなぁ。
12/19 KAT-TUNスタイル水曜
A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「水道の水で静電気が来る時ありますよね」
A「ないですね、基本的に」
T-「俺ありますよ。冬場になると。俺乾燥男なんで」
A「あー……」
T-「ドアとかにぱちってなります」
A「あ、そう」
赤西さん、興味なさ過ぎる(笑)
そして昨日に引き続き未来日記(笑)

T-「昨日打ち上げ大変でね、朝まで、七時まで飲み明かしましたよね」
A「いやーもっといった」
T-「もっと行ったっけ?俺途中、記憶ないんで」
A「そう。すごかったもん途中」
T-「ひたすらもう赤西くんが横山くんのことビンタしてビンタして。止めに入るの超大変だったんだから」
A「途っ中すごかったよな」
T-「え、え、誰が?」
A「お前(笑)」
T-「俺が?」
A「(笑)」
てな感じに、本当の打ち上げはなったんでしょうか(笑)
そこまでDVDに入れて欲しいです、ホントぜひとも。

今日も直前スペシャルと言うことでミュージックソンのお勉強!
今日は募金について。


最後はクイズという名の指令コーナー(笑)
今日は最近どんなお金の使い方をしたかということを知るためレシートを公開!
クジで当たったのは赤西さん。本人が絶対来ると思った、と予感していたようでした。

T-「すげー入れ方……」
と、田口くんが洩らした赤西さんの財布の中。
レシートが小さく折り畳まれていたみたいです。
タクシーとか焼き鳥居酒屋とかマッサージ店とか色々なレシートを拝見。
とりあえず赤西さん、どうやら1秒3億稼ぐ男らしいですよ(笑)

そんなこんなでお勉強の毎日ですが、ラジオの楽しみがあんまりなくてちょっぴり残念です。
まあしょうがないとは思うんですけど……最初の会話しか楽しみがございません。
ドラマも終わっちゃったし、本当どうしましょう。
12/18 KAT-TUNスタイル火曜
A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「飲みかけのペットボトルはどうしてます?です」
A「え?」
T-「水道に流してます?飲みかけのペットボトル」
A「どーでもいい」
T-「どうでもいい話ですね」

そして髪が茶色に戻しましたよ、とか今日朝番宣出ましたよ、とか、放送日を考えての探り探りの会話をしてました(笑)
残念ながら、染まりきってなくて茶色にはなってませんでしたけどね。

今日もまたミュージックソンのお勉強。
今日はパーソナリティーについてのお勉強です。

夫婦でパーソナリティーを務めた、という話を聞いて、やけに「いいよねー」を連発する二人。
そんなに羨ましいもの?

そして2005年にパソナりティーを務めた先輩とは、と言われ。
T-「これは知ってますよ」
A「誰ですか」
T-「Hay!Say!JUMPの、中嶋裕翔くんですよね」
A「……蹴られるぞ」

そんなことを言いつつも、24時間どうなるんだかーという話に。

T-「とりあえず寝ないようには心がけたいと(笑)」
A「それは最低限。テレビだったらまだ映るからいいじゃん」
T-「まあ気張ってないとね」
A「寝てるとこが映って、『お前なんでやねん』だからいいじゃん」
T-「うん」>良くないよYESマン(笑)
A「ラジオまったく……『無』だからね、寝たら」
T-「事故ですからね(笑)」

そんなこんなでこっちも寝れなくなりそうですよ!
そして最後はやっぱり物真似。言ったら怒られるでしょうけど、ちょっと似てました……(笑)
ついでにやった田口くんの物真似も、雰囲気は伝わりました。っていうか、なんとなくわかりました。珍しく(笑)

来週からドラマがないかと思うとかなり悲しいです。
でもきっと来週はそんなこと言ってられないわ!ラジオ!
ひとまずそれを楽しみに生きていこうと思います。うう、今年いっぱいなのかなぁ、こんな楽しいの。
有閑倶楽部 最終回!
今日でグランマニエとお別れかと思うと、なんだか切ないです。
どんなにつまら……くだら……(こほん)どうにもならない話でも、ドラマがなくなると撮影の現場がなくなってしまうっていう痛い現実が……(涙)
この数ヶ月雑誌も含めて本当に楽しかったしなぁ……。
良いのは金髪じゃなくなることぐらい?

ともあれ見納めの本編へ。
初っ端から犯人と刑事?ごっこをしてる二人がバカっぽくて可愛かったです。
拳銃を向けられた時の美童のきらんと光った目が頭悪そうで可愛くて♪
そんなマニエ、ほっぺたを弾が掠れた跡が、次のシーンでは綺麗さっぱりなくなっていて、ちょっぴり驚きでした。
顔の治癒力は光流先輩並ですか(笑)←わかりづらい例え

そしてやっぱり最終回までゲストがしょぼいのですね。あんまりドキドキしないっす。
で、やっぱり蹴られるボコられて魅録's赤西さん。
そんな機械を使いこなす設定に未だに慣れません(笑)

そして久しぶりに登場した美童くんはやっぱり女の子チームなわけで。
いいシーンはこれっぽっちもないまま(美味しいとも思えない扱いでー)戦闘シーンも終了でございました。
悠理も最後まであの吊られ飛び蹴りだったし、一人凶器持ちの清四郎一人勝ちー(笑)

その後剣菱邸にて集まった六人。
予告で見た時は気合を入れるためのハチマキかと思っていたら、包帯だったのですね魅録さん。
そんな中やっぱり話に関係なくウザさ全開のマニエ。一体なにキャラなんだこれは。田口キャラ?(笑)
でも私服姿は微妙なはずなのにかっこよかったでした。金髪に灰色似合うのぅ。それに白コートも素敵でした。いいから余計なことしないで黙ってそこにいてくれ(笑)

……とか思ってたのに、CM明けた途端プレイボーイの本領発揮のつもりらしいマニエ。
口説き文句はいまいちですが、「ここにいてもいい?」のセリフにはちょっときゅん。
でも周りを囲まれた時のおどおどした顔の方にもっときゅんv←間違い
淳ちゃんって本当にいじめられっ子が似合いますね(笑)
でもってスーツ姿の横山さんも素敵でした。痩せて黒髪になって、かちっとした格好がお似合いですね。でもやっぱり一番はメガネよこちょでしたが(笑)
そして淳ちゃんの泣きそうな顔がまたかわいーんだこれが←間違いパート2

でもこのシーンは泣けませんでした。
最近めっきり子供や動物を始めとした感動シーンにめっきり弱い私ですが、魅録だいぶ最初に泣いちゃってるしなぁ……。

……いや、似合うですね、横山さんの悪い顔。
そして似合わないですねヒゲのたぐっちー(笑)
その変装がなけりゃ超かっこいいのになーその格好。スタイルの良さがわかる体にフィットしたスーツはとても素敵にございます。顔ちっちゃいなー。でもヒゲアフロ(がっくり)
最後の最後で活躍したかと思えばやっぱり女の子組だったわけで、少しでも魅録(男の子組)が絡んでくれて良かったです。ほっとした(笑)

でも最後に六人並んだ時、あまりのスタイルの良さに思わず「カツラを取ってー!」と口にした途端、ちゃんとカツラとヒゲを取ってくれてどきっとしました(笑)
いやいや可愛かった。結局全編通しての感想はそれでした!

あまりにもあっさり終わった最後にそれはそれでちょっと驚きましたが、淳ちゃんのまだ髪伸ばす発言を気にしつつ、次はミュージックソンですね!
それまでにもうちょっと髪色が染まるのか、ドキドキしながら待つです。
これを最後にラジオが終わりませんように……(>人<)←切実
12/17 KAT-TUNスタイル月曜
A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「田口淳之介です」
A「……KAT-TUNの赤西仁です」>ちょっぴり試すように
T-「田口淳之介です。……普通ですけど、今日は(笑)」

そんなこんなでミュージックソンまであと一週間、ということで直前スペシャル。スペシャル?
辛坊アナウンサーを迎えて本格的にミュージックソンのお勉強で~す。

まずは基本「ミュージックソン」とはなんぞや。というところから。
「ミュージックソン」という言葉は、ある二つの言葉が一緒になっています。さてなんでしょう。
T-「僕知ってますよ、これ。これは知ってます。最初のうちに勉強しました」
田口くんさらりと優等生発言。そして禁断の質問を……。
T-「……赤西くん、知ってる、よね?もちろん」
A「うーん……知ってますね(笑)」
ものすごく自信なさそうに、ちょっと笑い入って答える赤西さん。
A「これはもう最初っから知ってます」
T-「じゃあ言ってもらった方がいいんじゃないですか」
A「あのー、あれですね、これ、これはあれ、悟空のライバルですね。悟空のいと……はとこ」
T-「はとこ。初めて出てきましたね。……大丈夫なんですかこんな感じで」
A「ほら、悟空のいとこって書いてある」
T-「書いてない書いてない。全然書いてない原稿に」

そしてしっかり「ミュージックとマラソン」だと答えた田口くん「赤西くん、頼むよ」と偉そう。うわーウザイ(笑)
その説明をものっすごく平らな口調で、しかも噛みつつしてくれる赤西さん。
なにも読んでませんよ。赤西さんの言葉ですよ。どんなに棒読みでも(笑)

最後はクイズと言いつつくじを引いて物真似を。
田口くんの似てない物真似が披露されて終わり(笑)
感想を聞きつつ最後まで聞いてくれない赤西さん、うん、でもなんか色々ごめんなさい(笑)

明日もお勉強ですよ!
12/14 KAT-TUNスタイル金曜
今夜の指令「料理の出来ない私に慰めの一言をお願いします」
A「料理が出来なくたって、……きっと先には光があるよ」
T-「だから俺を料理してくれ」
赤西さんの「(ジャンケン)全敗だ……」の声から始まり、さらりと付け足された田口くんの言葉にぎょっとしました(笑)
なに問題発言をさらりと自分で流してんのあなた……!

今日ももちろん生田スタジオより仁来るベル。
誰か来させます、と力いっぱい宣言していた田口くん。でしたが。
ともあれメールから。

『父親とケンカをして仲直りしたいのでクリスマスカード作りを手伝ってください』
クリスマスカードから、田口くんが誕生日にもらったカードの話に。行くはずなんですが。
T-「この前も俺、誕生日だったじゃないですか。その時みんなからくれた……」
A「そうだったねすか?」
T-「……え?」
A「誕生日だったんですか?」
T-「いやいやいや先月ですよ?11月29日誕生日だったんですよ」
A「そうなんですか?おめでとうございます」
T-「遅いっすよもう。祝ってくれたじゃないですか、先月ちゃんと」
A「それたぶん、赤西仁としてじゃなくて松竹梅魅録として(笑)祝ったんで、今は赤西仁。これから、田口くんのために……」
T-「(赤西さんの言葉を聞かずぶっち切り)そん時いただいたカードを……」
A「(今度は田口くんの言葉を遮って)あれ良かっ……いいよね?!」
なんで赤西さんってば言い直したのかしら。
そしてどうしてなんだか赤西仁として祝ってくれそうだった言葉を遮ったのかしら、田口くんってば。
まあその返しに遮られても仕方ないですよね。
というわけで、そのもらったカードの話を。

T-「あのね、わんちゃんが描いてあんだけど、鼻にボタンがついてて、それを押すとドレミファソラシドの音が出んの」
A「なんかさぁ、久しぶりにやったの、ああいうことを。寄せ書き、みたいなの。なんかやるといいよね」
T-「まあね。すごい英語で書いてくれてたんですけど……なんか簡素な書き方だなぁと思って、ちょっとなんか……」
A「時間なかったの(笑)」
T-「横山くんに関しては、ありがとう……いや、おめでとう、だけでしたよね」
A「時間なかったの!バレないように書かなきゃって。女性陣もう書いてたから……」
T-「そうっすね……」>凹み声
A「すいませんでした、なんか。あれじゃあなんか気持ちが伝わんなかったな。やっぱ俺は行動を起こしたことがやっぱり誠意なのかなって」
T-「……おー、よくやるじゃん(ちょっと偉そうに)」
ということで、要するに気持ちらしいですよ(笑)
カードは貰ったけど、どうもいまいちだったようで。
で結局赤西さんはなんて書いたのか、気になるところでございます。

A「どうせならさ、普通のクリスマスカードじゃなくてさ」
T-「超特大とかって作ってみねぇ?畳一枚分ぐらいの大きさの」
A「しまえないからね。どうすんだお前」
T-「『えっさえっさ』とかって持ってくるのどう?(笑)」
A「えっさも言うわねーし」

そんな感じで、気持ちでなんとかどうぞ(笑)

結局最後も誰も来ませんでした。
あんなに力いっぱい宣言していたのに、そこにはなにも触れず。ある意味びっくりでした(笑)
カメちゃんボクシングしてる場合じゃねーよー!(笑)
12/13 KAT-TUNスタイル木曜
今夜の指令「『もう怒ったぞ、ぷんぷん』と両手で拳を頭に上げてやってください」
A「もー怒ったぞ! ぷんぷん!」>珍しく力強く(笑)

A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「鶴太郎さんだがやー」
A「……KAT-TUNの赤西仁です」
T-「鶴太郎さんだがやー」

ここで遠くから理事長の声。
そりゃ楽屋までこんな会話してたら気になりますよね(笑)
T-「本当に騒々しい奴なんですよ僕ら(笑)」
A「僕は静かにします」>さらりと裏切る人
T-「(笑)……俺だけ?」>笑った後にふと気づいたように
A「後で怒られたくないんで」

というわけで今日も誰か通るかなーと生田スタジオよりお届け。
いつものように仁来るベルなんですが、今日はちょっと田口くんテンション高め。

T-「募金を呼びかけるとともにこんなこともしちゃうぜ!」
その妙なテンションに思わず吹き出したようにタイトルコールする赤西さん。

T-「たくさんのメールを紹介して行くぜ!」
A「うるっせぇ(笑)」>結局

『僕たち夫婦のために式をしてください』
嫁もKAT-TUNファンなので、と付け足してるところからして、ものすごく嫁に書かされたっぽいメール。その話をするかと思いきや。

そんな時、やっと来ました有閑メンバー。美波さんが登場~。
悠理とはまったく逆なおっとりした素の喋り方で入って来てくれた美波さん。
そして最後にちょっと悠理っぽく「じゃあな」と去っていきました。

結婚式の話、ということで思い出すのはやっぱり花パパの三浦田口くん。ということでその話に。
T-「俺四月のドラマの時にさぁ、花パパの時に、結婚式やったけど。あれっていいもんだね。結婚式って」
A「あ、そう。……え、お前が結婚したの?」
T-「そう。役でね」>わざわざ付け足さなくても当然です(笑)
A「へー。花パパで?」
T-「そうだよ」>この言い方超可愛い♪
A「あ、そうなんだ」
T-「最終話で」
A「あー見た見た」
T-「見た?」
A「あー見てた見てた」
T-「……うっそだろ(笑)」
A「あれ良かったよ。最後のシーン、最高ね」
T-「最後のシーンどんなんだったの?」
A「みんなで水掛け合う……」
T-「全然掛けねぇ(笑)どこで水掛け合うの、空港で」
A「空港の、水たまり、とかで遊んでて」
赤西さん適当過ぎる(笑)
カメちゃんはちゃんとCMまで見てたんだぞー(笑)真似も出来ちゃうんだぞー。
ほら田口くん。必殺DVD-BOX攻撃しましょうよ(笑)
そんな感じで懐かしの花パパ話で流して終わり。

というわけで今日は美波さん乱入のため一通で終了でした~。

明日は誰か来るのか!
いや別に特に誰にも期待してないんですけど(笑)

あ、いや期待してるよカメちゃん!(笑)
12月12日
discが「ラブディスク」と読むのだと雑誌の一行で見つけたのですが、タイトルコールが普通に「ハートディスク」だったので軽く混乱しました。
結局なんなんだ。

そして中村さんが苦手なので触れずに100Qへ。
と思ったんですが本編も特に。ワタクシ女の子でも男の子でもかわいこちゃんが好きなんですものー。

とりあえず久しぶりに田口くんの口から「うえぴー」と言うのを聞きました。
毎回思うんですけど、その呼び方、22になった男子から24の男子へのものとして合ってます?(笑)

そしてサングラスのコレクションとやらを持ってこられたので、当然振られてかける中丸さん。
ある意味似合ってました(笑)なんか嘘臭くて……(笑)
そしてある意味ちょっと似合っちゃってすべった感のある田口くん。金髪だとなんとかなるもんですね。え、盲目?(笑)

そしてダイエットの話になり、一部が隠されているダイエット名が。
そこからクイズ、というよりかはボケ大会に。
○飲みダイエット、と言うので元気良く手を上げるメンバー。
K「丸飲みダイエット!」
U「がぶ飲みダイエット!」
すごいテンポが良くて、打ち合わせでもしてるのかと思いました(笑)
でも、効かなかった、とかダメだった、とかを次々と言われるので、思わず赤西さんが「思ったんだけど、あんまり効かなかったのを説明されても……」とぽつり。うん、そう思います(笑)
そして答えても答えてもいまいちなのに張り切って答える亀梨さん。
K「水木金ダイエット!」
N「はっはっは、超面白い(棒読み)」
ついにつっこみもなくなりました(笑)


生で見なかったらもう見ないだろうと思って頑張って起きててみましたが、思ったとおり特になんてことない感じでした。
一番の見所は、小さな有閑倶楽部の宣伝?(笑)

……明日一日中眠いだろうなぁ。
12/12 KAT-TUNスタイル水曜
今夜の指令「今まで見たことない動物がいます。その動物の鳴き声を真似してください」
A「……キシィーーー!(奇声)」>たぶん赤西さん(笑)

A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「横山くんとか来ないかな、です」
A「名前言え」

そして今日も生田スタジオより仁来るベルをお届け!
『エレクトーンでクリスマスソングをセッションしたいです。私の五年前からの夢を叶えてください』
T-「すごいね、五年前から考えてくれてたんだね」
A「デビューする前ってことですね」
……うん、まあ、なんのためにそんなこと考えてたかよくわかんないんですけど。

クリスマスソングってなにかな、ってことで田口くん提案。
T-「恋人たちのクリスマスがいいんじゃないですか」
そしてしばし田口くんの鼻歌が響きます。微妙な鼻歌(笑)

A「流して歌うのにビブラート効かすな(笑)」
とつっこまれつつも次の歌へ。
T-「赤い鼻のトナカイ!」
と言いつつもなぜか慌てん坊のサンタクロースを歌い出す田口くん。さては区別ついてませんね?(笑)

『一人ぼっちになる父親の話し相手になってください』
T-「いやーでもなんか、こういう時のお父さんとお酌交わすの超面白そうじゃね?」
A「えー?……なんか、愚痴しか出てこなさそう(笑)」
T-「でもだって、三人を送り出してねぇ、一人で……」
A「(田口くんの言葉を遮って)女装していく?」
T-「あー!いいね!」
A「俺らが女の子役(笑)」
T-「本気女装でしょ?」
A「本気女装。バレないような感じにして」
T-「ちょっと面白いかもね(笑)」
なんて赤西さんからまさかの女装提案。
この前のドラマで癖になりました……?(笑)
しかも田口くんもノリノリ。
えー、中途半端じゃない本気女装見たいっす。いやマジっす。
その提案だけでもびっくりなのに、赤西さん、もう一言プラス。

A「ホントに、女装してナンパされるか。渋谷で」
T-「待っててね」

……みんな、でけぇなぁ……(笑)
ていうかたぶん、普通にレベル高くて無理な気がします。迫力あるだろうし(笑)

あまりに人が通らないので、放浪してみようという田口くんの言葉にちょっと不満げな赤西さん。
手っ取り早く楽屋の近くでやってみようと言えば、さらに進んで突入するという田口くん。
さて明日はどうなることやら。


で、今日のかつかつ遅すぎて見れません。
どれだけ寝不足にさせれば気が済むのですか……。
ていうかもし待って見たとしても誰だかわからないモデル(?)かぁ。
さて、どうしようかな。
12/11 KAT-TUNスタイル火曜
今夜の指令「めっちゃ甘い声で『よく頑張ったね』って言ってください」
A「よく、がんばったね(吐息混じりに)」
T-「甘いって言うか、エロい?(笑)」

A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「ドラマが終わったら髪の色を戻します!」>嬉しい宣言だ!

今日もまた生田スタジオからお届けのKAT-TUNスタイル。
教頭先生が撮る前に通っただけで、まだ誰も通らないらしいです。ほらカメちゃんダッシュ!(違)

今日も今日とて仁来るベル!
『僕は赤西くんに憧れて、来年高校卒業したらLAに留学します』
A&T-「(大爆笑)」
T-「ちゃうちゃう、憧れる場所違う(笑)」

ここでエール理事長が通りかかりお上品な一言いただきました。

その後メールに戻り、文の中の「Girl friend」が英語、ということでここで突然赤西さんの英会話講座(笑)
二人して「Girl」を言い合ってました。そして「world」という発音も難しいと言うことでそれもお勉強。
A「Girl World」
T-「がぁる、わぁるど」
A「そう」
なんかわかんないけど、OKもらえました。良かったね田口くん(笑)

『浪人生なので勝つ運を授けてください』
T-「勝つ運、ですね。僕らの名前でありましたからね」
A「まあ……、そうですかね」

美大生を目指してる、ということで田口くんから提案。
T-「まあ、裸のモデルとかでもやってみますか」
A「なにがですか」
T-「ヌードモデルでも」
A「あ、田口くんが。グランマニエで」
T-「俺じゃないよ!俺は動けないですから」
A「グランマニエで、裸で、サポーターだけしてんの(笑)」
T-「(笑)」
A「一応怪我したらまずいから、膝と肘だけ」
T-「膝と肘!(笑)どんな無理な体勢になんの」
A「サポーターだけはしてくださいよ、行っても。まあ田口くんがサポーターつけて行けたらいいなぁと。全裸で」
T-「行きません、全裸は(笑)」
この流れでミュージックソン聞いてくださいね、と言われてはい聞きます、とはならないと思うんですけど(笑)

つむじともみあげを素で間違えた田口くんに、「お前バカじゃねぇの」と雑な口調で返す赤西さん。
ああ、なんかこの対応ほっとする(笑)最近一緒に笑い合ったりとか対応が間違ってるから恐くてしょうがないっす。いやーホント恐い恐い。
そしてキーワードに「膝の裏」という言葉が出てきたため、昨日に引き続きそれに反応する田口くん。
T-「汗掻きやすいところですね」
A「お前好きだねそれ(笑)」

そんな感じで今日もまた和やかに進んでいく収録。
ドラマ終了とともに、というか今年で終わるこの二人でのラジオが終わる可能性も充分に考えられるので、一日一日を噛み締めないと……。
でもやっぱり仲いい、というか普通の雰囲気に慣れない!(笑)
有閑倶楽部 第9話!
初っ端からグランマニエのいつものシーンから、でした(笑)
今日は写真にサインしてましたよ。
でもマニエのお顔、お疲れ気味?

ていうか魅録さん。試験中に悠理の方見てたらそれカンニングだから(笑)

なんか、今日はいつにも増して淳ちゃん寄りのマニエ。
一人駆けつけるシーンで滑ってみたり肉まん頬張ってみたり壷持って踊ってみたり。
だったら髪型も田口くん寄りでストレート金髪にしてくれればいいのに……。今日もくるくるでござんした。
でも「すぐに肉まんも食べさせてあげるから」の優しいセリフは素敵なのでした。

そしてわかりやすく尾行するダメダメな感じのマニエ&可憐コンビに比べて、思いっきりお父様に捕まりそうなことを手馴れたようにこなす魅録さん(笑)
こんな堂々とした違法行為はありでございましょうか。主役なら許されんのかー。

そしてそして。
本当にワンシーンだったビリヤード姿。けれどいつも以上にくるんくるんの髪で補っ、た……?(笑)
そんなギャンブルシーン、横山さんの着流し素敵でした。そして赤西さんはものっすごい見慣れてる気のするホストっぽいお姿でした(笑)
しかし、高校生が金かけてギャンブル……。

なんか、めでたしめでたしって感じでないのは私だけ?あんまり気持ち良く解決してない気がする……。

なんだかもう色々と次のドラマのCM始まってますが、その前にちゃんとこのドラマ終わらせましょうね?
面白さは望んでないから、せめて納得のいく形でお願いします。

結局4話以降美童でしっかりばっちりときめくシーンはなしか(すでに過去形)
せめて髪の毛をくるくるしないでくれれば、いるだけでときめいちゃうのになぁ。
1おく3ぜんまん
の内の一人に入っていない私ですが。
今日はいつもより正直にお送りいたします☆

今回もまた行かなくて良かったーと心の底から思いました。
一度金髪淳ちゃんを生で見てみたいけど、こんなところずっといるの嫌だ……。
司会も毎度のことながら多いくせにちゃんとしてくれないしー。段取り悪いの嫌い。

ってわけで、八時前にKAT-TUNが、なんと嵐と一緒に登場。なんでよりにもよって……。
並んだら衣装の差が激しいから並ばない方がいいと思いますよ、ファンがキンキに偉そうな口叩くくらい売れてるらしい嵐さん(ぼそ)

そんなわけで喋る時間はほとんどなく有閑倶楽部のこともカメちゃんドラマのことも話すことなく、流されて曲へ。
ていうか客席のぎゃーぎゃー声がうるさすぎて全然聞こえませんでした。なんだありゃ。
確かに時間がないとは思いますが、もうちょっとなんか喋ってほしかった。せめてもうちょっとちゃんと立たせてほしかった。
で、曲はもちろん「Keep the faith」なんですが、奇を衒いたかったのか客席から一人一人登場。
が、カメラが遅く切り替えも満足に出来ないために恐いおばちゃんたちに触られたり掴まれたりしてるシーンしかほとんど映っておりませんでした。
せっかく朝みたいに田口くんが髪の毛縛ってなかったのに、まともに映ってなかったよ……。
去年もこんなんだったなぁ……。

で、去年はみんながバックについて実に楽しかったタッキー&翼は八時過ぎ。
「SAMURAI」で後ろにはA.B.C.とキスマイがついてました。
塚ちゃんは例の奴の話に巻き込まれてるためか金髪。
そしてトッツーがやたらはりきって踊ってるからどうしたのかなーと思ってすぐに納得しました。
そうですよね。今日は剛さんがいるんですものね(笑)そりゃはりきるってもんです。
ものっすごい決め決めで輝いてましたよ。剛さんと話せたらいいですね。

で、ごめんね、もう本当にキスマイが鬱陶しいの……。
ちゃんと出来ないならせめてJrとしての精神を持ってくれ……。
本当に、もう頼むから勘弁してください。

そして絶対やられると思ったKinKi Kids、TOKIO付随。
本当にもう本気で勘弁。KinKiが全然見えないよ……せめて立ち位置ぐらい把握しよう?何年やってんのときおさん。
今年こそいないと思ったカウントダウンもいるだなんて(司会も出来ないのに!)、早く卒業してもらいたいものです。
ていうか、毎回思うんですけどA子さんとA弓さんと一緒に出ていいんですか?

そしてちょっぴりしか映ってないメインのKinKiさんですが。
光一さん今日はでこ出しなしー?(笑)
この前のFNSで度肝を抜かれたあの髪型、今日は色んな意味でドキドキいたしました。普通でした。
で、30代から50代に人気が高いとか言われるのが本当に恐かったですが(だってコンサートなんか40UPの人だらけなのですもの!)、なぜか10代男子からの人気が高いという……(笑)
男子ぃに人気ですものね、剛さん(笑)

曲はやっぱり「永遠に」
その剛さん、なんだかちょっと具合が悪そうでしたが、大丈夫かしら。
光一さんもちょっぴり鼻声っぽかったし。
またダメージャーから風邪移ったんちゃうやろな……。
いつも年末は周りから風邪を移されているみたいなので、本当に二人の健康を心から祈っておりまする。

本当に行かなくて良かったーと思いながらドラマ見ます。
今日はマニエが映っているかしら(笑)
12/10 KAT-TUNスタイル月曜
今日は今年最後のスペシャルウィークと言うことで生田スタジオから!
……っていうか、ニッポン放送までも撮りに来れなかったの?(笑)
そんなわけで、有閑倶楽部の撮影の合間なので誰か通りかかったら交渉します、てな感じで始まったのですが、横山師匠真裏じゃね?(笑)

そんな今日もまた仁来るベル。赤西さんのテンションも若干落ち気味。お疲れっぽいです。
『お父さんが恐いので、楽しくなるために一緒にご飯を食べてください』
T-「頑固親父って感じなんでしょうかね」
A「まあ14歳だからな。反抗期でしょう」
赤西さん何気に斬りました……?(笑)
食卓から放送、というのはあまりないので、という田口くん。
ぶっちゃけやられても困りますけど。だってこの二人じゃリポート出来ずにただ食べてそうなんですもの……(笑)

『母親の誕生日に旅行をプレゼント、イブに帰ってくるので羽田まで迎えに来てください。無理は承知ですが』
A「むりは」>突然
A&T-「しょーち」
A&T-「こっころこめってー。パーリヤパリヤ……♪」

T-「なんのノリ?(笑)」
再び内輪ネタで盛り上がる二人。
突然言い出した赤西さんに当たり前のように乗る田口くん。
この二人が声合わせて同じことしてるって、すんごい奇妙なんですけど(笑)
ぞわぞわする。ぞわぞわするよ!!

T-「この人は絶対仁くんが好きですよね」>これまた唐突に
A「なんで、なんでですか?」
T-「……ね?」
A「(笑)アドレスに僕の名前が入ってます(笑)」
T-「そうそう」
KAT-TUN全員が好き、とわざわざメールで言っているのにやっちまったミス。
周りがものすごく微妙な雰囲気になってました。言うなれば全員苦笑い的な?
ものすごく嫌い系な話な上にこういうことされると本当にがっくり来ます。こんなんばっかか……。

最後は明日のドラマの話。
A「田口くんのビリヤード姿が見れたり」
T-「そうなんですよー。初めてですよ、ドラマでビリヤード披露するのは。まー、ワンカット撮るのにテイク5までかかったという……俺の本番の弱さ(笑)」
A「かなりすごいCGでうまく……」
T-「ちょっちょっちょっ、ちゃんと撮ってっから俺。CG一切ないから」
A「CGと編集を積み重ねて……(笑)」
T-「1コマ1コマ?(笑)それは懲りすぎでしょう」

ってことで、CGなしでちゃんと撮ったビリヤードシーンワンカット楽しみにしてます♪(笑)
12/7 KAT-TUNスタイル金曜
今夜の指令「『いつも遅くまでご苦労様』って言ってください」
T-「いつも遅くまでご苦労様」>甘い感じに
A「美童……(笑)」

A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「美波です♪」
A「美波じゃねぇだろうがよ(笑)怒られんぞ。……もう一回、行くよ?KAT-TUNの赤西です」
T-「石原さとみです。SAY TO ME!」
A「怒られるって。もう一回行くよ?KAT-TUNの赤西です」
T-「田口淳之介です!」
A「……!(笑)俺絶対香椎由宇辺り来るかなーと思ったんだけど(笑)」
T-「行かなかった(笑)絶対行くだろうなぁと。読めてるんだよ赤西くん」
A「なにが?」
T-「ブラフ!」
A「アッハッハッハ!(笑)まあそんな内輪ネタでいっても誰も面白くない(笑)」
T-「さっぱり面白くない!」
A「それではさっそくいきましょう。……今日はオリジナルいきましょうか。田口淳之介でサムライ☆ラブ☆アタック(笑)」>途中でたまらず噴き出す赤西さん
T-「それしかないんかい(笑)」
ってことで今日もサムライでした。
10月からどんだけかかったかなぁ、この曲。

A「赤西仁のじんくるべーる」>今日も囁き声
というわけで今日も仁来るベルのメール検証。
なぜか田口くんが「ヨーホー!」とテンション高めに声を上げ、やっぱり噴き出す赤西さん。
ラジオの取りが金曜で終わるから機嫌いいのかしら?(笑)

『ギターを習ってる息子の前でギターを弾いてください』

A「あ、俺、人の曲歌ってみたい」
T-「人の曲。まあそれはいいんじゃないですか?」
A「アーティスト」
T-「ゲスト呼びましょうよ。L'Arc~en~Cielさんとか」
A「あ!ラルクさん呼びたい!」
T-「夢広がるねー」
A「うん、呼びたいね。で、スタジオで、俺とhydeさんとか。超良くね?」
T-「じゃあ俺最前列でこうやって『きゃーじ~ん!』『hyde~!』」>超甲高い声(笑)
A「まあその時のあの、田口くんのマイクは切ってありますけど(笑)」
なんかメールとは関係ない感じに盛り上がってました。
いいなー、それ聞きたいです。ていうかそれは普通に見たいっす。
音だけじゃもったいねー。

『単身赴任してるお父さんにケーキを届けたい』

T-「どんなケーキ作りたい?」
A「あれが好き。ナポレオンパイ」
T-「ああ、ミルフィーユね。ナポレオンパイってミルフィーユのことなんだよね」
A「え、うそぉ?!嘘だぁ。ナポレオンだよナポレオン」
T-「そうなの?」
A「……わかんない(笑)まあなんかミルフィーユみたいな、のも」
T-「難しそうですね、これね」
A「田口くんは……どういうケーキが好きですか?」
T-「タルトが好き」
A「あー……タルトっぽい顔してますね」
T-「まあ、結構なんかね、これで景気(ケーキ)回復、みたいな感じでね、幸せなクリスマスを送れたらいいな、と」
A「……ありがとーございます!」
そんな感じでこっちも話がそれてケーキ自体の話に。
ケーキを景気にかけるって、オリジナルブルー思い出すんですけど(笑)

赤西仁の掴みネタ【じじんがじんです】
A「あー……惜しい」
T-「わかるわかるわかる?」
A「掛け算」
T-「おー、そうそうそうそうそうそう!すごい!」
なんか妙にテンション高い田口くん。
赤西さんが掛け算ってわかったのがそんなにすごいこと?(笑)

そしてまたいつものように田口くんのやってアタックにて3、2、1、と半ば強引に振られ、再び驚きなことにやってくれる赤西さん。
A「みなさんどうもー!じじんがじんです!」>びっくりテンション高め
T-「おーいいじゃん!」
その後なぜか大爆笑の田口くん。
A「じゃあ……保留」
というわけで珍しく保留でした。使うかどうかはわかんない、と濁してましたけどね。


で、Wink upに書いてあったラジオレポみたいのが全然違う言い方で違うことを言っていてショックを受けました……。
あれはなんで改変されてるの?口調が変わってたり言ってることが違ったり。
本当ショックだ……。
こんなに楽しい雰囲気なのにちゃんと伝えてよー。やんなっちゃう!
12/6 KAT-TUNスタイル木曜
今夜の指令「スーパーでお菓子を買ってもらえなくて大号泣している子供をなだめてください」
T-「うわぁーんもー買ってよ買ってよ!」
A「逆!なだむ!」
……たぶん赤西さんは、なだめる、と言いたかったんだと思います(笑)

A「KAT-TUNの赤西です」
T-「誕生日から一週間経ちました、です」
A「逆!」
T-「え?」
A「大号泣してる子供をなだめる!」
T-「わかってるわかってる。だからそれやって、『面白い、アハハ』っていうのを誘おうと思ってんの」
A「あ、ホントですか。すいません。僕がなんか……」
T-「奥が深いですよ、僕の小ネタは」
A「ホントですか」
T-「宇宙のようにね」>妙に得意げ
A「……いやぁーやっぱ田口くんって奥が深、くてわかりづらい。ということで」
なんだろうなぁこの会話(笑)
でも、会話になってる時点ですごいと思います。いや、本当に。
たまに、改めてその事実に気づいてびっくり。
赤西さんと田口くんがまともに(まとも?)会話してるって、すごくないですか?(笑)


そして今日もまた囁き声で始まった「仁来るベル」
ずっと囁き声のため、全然聞こえない!(笑)
『家の長男を仁くんみたいにイケメンにしてください』
T-「髪型……セット毎日大変だしね」
A「してた?」
T-「俺しない。全然しない」
A「俺もしなかった」
T-「朝部活で起きてすぐ出かけてたから大変だった」
A「俺も。……でもやっぱ時代が違うんじゃない今」

そこから赤西さんのオシャレ談義。
ていうか田口くんが聞きたかっただけ?(笑)
赤西さんの思う田口くんの服のイメージは「スタイリッシュ」なんだそうですよ。

A「俺が気になるのは、例えば改造計画をするとして、その資金がどっから……(笑)」
T-「え?」
A「洋服を買ったりするんでしょ?やっぱり、田口さんのポケットマネーから、出るん、ですかね」
T-「まあ……まあね」
A「あ、ホントですか。やっぱり。……聞きました?」
ってことで、なんか普通にお洋服の話をして終わり。
とりあえず田口くんのポケットマネーから企画の資金が出るらしいですよ(笑)

『学校の宿題で思い出を絵を描かなきゃいけないので、楽しい思い出を作ってください』

T-「ま、やっぱ遊びたいよね。クリスマスとかお正月とかって」
A「ま、そうだね」
T-「じゃあわかった。妄想しよう!」
A「……はい?」
T-「受験が終わって、楽しい自分を妄想してみよう」
A「妄想してどうするんですか」
T-「妄想倶楽部」
A「………………不可能を可能にするのが?」
T-「妄想倶楽部(笑)」
なんか、田口くんにしては妙に綺麗にまとまった気がしなくもないんですが。
でも、そこで我に返ったのか少しの沈黙の後。

T-「不可能は、不可能だよな確かに」
と自分で言っちゃいました。うん。そうですよね。妄想じゃ思い出の絵は描けないし……(笑)
でもってこれに答えた後赤西さんがぽつりと、「悩み相談っぽくなってる……」と洩らしてました。
はい、そんな感じでした。
ていうか、西口仁之介?


赤西仁の掴みネタ【でこ出しへそ出し赤西です】
A「はい、却下」>間髪入れず

A「んー、やっぱテンポが田口だよね。……諦めようかな、そろそろ」
T-「いやまだまだそんな」
A「まだいける?」
T-「まだいける。まだもうちょっといけるよ」
A「ホントに?」
T-「この、仁の掴みネタをやりだしてから、ユニット名とか俺一切忘れてますから、企画として」
A「(笑)」

ってことで、ユニット名の企画がなくなったことに少々ハラハラしてたんですが、一応その話は出してくれて良かったです。
いつまで続いてくれるのかこの二人。
この楽しさを知って、なにか代わった時に耐えられるんだろうかという漠然とした不安がござったりするんですが、……ま、深く考えなかろう。
この二人でラジオなんて面白いこと今までもこれからももうないだろうし、やってくれるならいいじゃないかー、ってな感じで。

今日のバンセンQの田口くんが可愛くて、しかも誕生日の映像まで見れたので全部良しとします(笑)
カートゥンKAT-TUN 12/5
赤西さんがメガネ!亀梨さんが黒髪!
中丸さんが風邪引いた時みたいな格好してるのが気になったりもしたんですけど(笑)
たぶん、ボケたんだろう「斉藤清六」は、たぶんKAT-TUNメンにはわからないと思います。
ていうかなんでむちゃぶりとこことたまに兄弟とゲストが回るんだろう……。

DJ OZMAがサングラス取らない理由が「目が3だから」ということに亀梨さんが微妙にツボってまして。
その後の100質で出てきた話で再びそのネタを持ち出し一人で声掠れさせながらウケてました。あんたのツボりどころがわからない(笑)

ていうかぶっちゃけLAとかお前が言うな。と言いたい。笑えねーのマジで。
LA行って、とかで赤西さんをはけられると、軽くなんかへこみます。ていうか去年を思い出して軽く吐きそうになった……。
そんな男のダンスを、二回目で完璧に踊る男田口(笑)いかかですかあの決めっぷり具合。そして上田さんも意外に踊れててびっくり。

あるあるハーフ&ハーフ
『携帯の電話番号を教えてもいいという人』
YES6
ていうか、これNOに行けないでしょう……。

『携帯のメールアドレスを教えてもいいという人』
NO6
「メールは無理」という意見で一致(笑)

『携帯のメールアドレスの下二桁「jp」なら教えてもいいと言う人』
NO6
やっぱり「メールはごめんなさい」とそれぞれに(笑)
その後jpくらいなら、ということで中丸上田田中の3人がYESに移り、なんか成功と言うことになりました。


来週は色んな意味で全部恐い!二人恐い!
顔隠さなくても名前見てもさっぱりわからないです。有名なの?あたしかわいこちゃんしか興味がなくて……。
本当にこの番組は「人気モデル」好きですね。しんどいもそうだけど、会いたいなら別のところでやればいいのに。
12/5 KAT-TUNスタイル水曜
今夜の指令「コンビニで買った弁当を食べようとしたらお箸が入ってなかった時のリアクションをしてください」
T-「おぉいっ!これどうやって食べんだよー!手掴みかよ!手塚治虫かよ!」>超ハイテンション

A「KAT-TUNの赤西仁です」
T-「手塚治虫です。……間違えましたね」
A「なんか、面白いね、こういうのね」
T-「なんか俺さ、全然こう、流れで言ったから、超頭ん中回転したよ」
A「頭が回転じゃなくて、頭ん中が回転した?」
T-「そう。あるよたまに。この前俺も入ってなかったもん」
A「なにがですか?」
T-「おはし」>やたら可愛い言い方
A「あ、ホントに?」
T-「探すの大変なんだよね。周りにお箸持ってる人いないから」
A「まー、そんな心境を歌ってくれています。さっそくいきましょう。田口淳之介で『サムライ☆ラブ☆アタック』」
T-「全然ちゃうよ(笑)」

思わず吹き出してしまった久しぶりのサムライ……(笑)
赤西さん、なんでそんなにかけるんですか。新手の嫌がらせですか(笑)

今日もまた「仁来るベル」!
『息子が反抗期で困ってます。憧れているので、一緒にカラオケに行ってください』
A「カラオケね……」
T-「カラオケいいねー。子供と一緒にカラオケって面白くね?」
A「そうですね」
子供の歌う歌、という真似でにゃーにゃー適当に歌う田口くん。なんにも曲が浮かばなかった、と言って適当に歌ってたらしいんですが、自分たちの歌でも歌えばいいのに。ていうかサムライでいいじゃない。

『吹奏楽で演奏するので来てください』
A「女子高ですか。女子高」
T-「女子高」
A「女子高いいですね」
T-「え、え、そこ基準?」
A「女子高いいですね」
田口くんに代わって今度は赤西さんが女子高に反応してました(笑)

T-「すごい先輩思いの子ですね」
A「そうですねー。大きくなるよ」
T-「大きくなりますか(笑)背負って立ちますか吹奏楽部を」
A「うん。大きくなるよ」
T-「じゃあ候補にさせていただきます」
A「大きくなるよ」
コメントが面倒なのか気に入ったのか、とにかくそればっかり繰り返してました。
いや、楽しそうならいいんですけどね。

赤西仁の掴みネタ【ジンジンジンジーンジンジンジンジーン】>『運命』のリズムで
A「あー……、個性ある感じで……却下」

T-「なんかこう、エモーショナルな感じですよねこれね。運命の扉が開いてるっしょ、みたいな感じですか」
A「ですね」
T-「This is the pen♪」>運命のノリで
A「(大爆笑)」
T-「知ってますよ」
A「知ってますね(笑)」
なんか赤西さんがものっすごい「うっひゃっひゃっひゃ」の勢いで笑ってたんですけど。
どーした赤西仁よ!なにがあった。具合が悪いのか、田口くんの言ったことで笑うなんて!(笑)

そんなこんなで次はかつかつです。
あー驚いた。
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.