超どうでもいいこと。
上々軍団とか言うお笑いの人のつっこみの方が、中丸さんにしか見えなくてどうしようもないんですけど……(笑)
髪型(特に襟足)とか服装とかスタイルとかつっこみの仕方まで超そっくりなんですけど!
うわー、気になってどこかで聞いたようなネタもどうでもいいよ!(ええと)
2/29 KAT-TUNスタイル金曜
今夜の指令「コンサート中、客席にいたお母さんと目が合いました。その時のリアクションをしてください」
仁「えー…………ママー」>たぶん手振り付き
なんか、この声を聞いた時になぜだかマサルさん(byセクシーコマンドー)のきらきらした妙に爽やかな笑顔が思い浮かびました。わかりづらいでしょうがそんな声でした(笑)

仁「赤西です」
淳「ママです(爽やか)」
仁「……これ、どうする。お前コンサート、いたら。手振るの?」
淳「いやでも俺今までにー、見つけたことあるわ。振ってた。手」
仁「だろ?……でも田口のお母さんあれだよね、面白いよね」
淳「なんで?ていうか、俺のお母さんがいる所の一体はおばちゃんばっかなんだ、要するに。友達多いから」
仁「いいじゃないですか、応援してくれるんだから」
淳「若いなーと思って」
仁「誰が」
淳「親が」
仁「いいじゃん若い親」
淳「そう思いますけど……」>You lose(笑)


さて、罰ゲームもなにもない、ふつおたな金曜日って、なんて平和で素晴らしいんでしょう(輝)

淳「赤西くんの許可が下りたら矢沢永吉さんの物真似を復活します!」
仁「……どうぞ」
そんなやりとりが微笑ましい。
ていうか、物真似するのに赤西さんの許可がいるの?(笑)
そして「していていまーす」も復活。口癖なのかしら……?

某番組で赤西、亀梨、山下の順で恋人にしたいランキングに入っていたという手紙が着たんですが。
本当になにが言いたかったんだろう、31歳……。わざわざ面白くもない手紙をなんの用だろう。お、今までの電話の奴らと一緒のノリか?気持ち悪いなーこーいつー!

それでもやっぱり赤西担のため、親分の栄誉は素直に喜ぶ子分淳之介(笑)
淳「良かったねー。すごいねー」
仁「前回それリアルタイムで見て。まさか自分が出ると思わないじゃん?普通に見てて、「へー」って思ってて。そしたら「ええーー!」って思って。俺が出て」
淳「嬉しかった?」
仁「嬉しかった。友達に電話した」
淳「みんなざまーみろって感じ?」
仁「誰が?」
淳「俺とか」>やだ無謀!(笑)
仁「え?ざまーみろとか、田口入ると思ってないもん(さらり)」
淳「わっはっは!(大爆笑)」>笑いすぎだよあんた…
仁「(笑)あのー、田口くん以外だったらわかりますけど」
淳「……はい、本当に頑張ります、じゃあ」
仁「(笑)」
淳「来週から、ちょっと精進して頑張りたいなぁって……(低音)」
仁「まあこれだから人によりますからね、タイプなんて」
淳「まあね!まあねまあね!俺は、まかり間違えば俺になる可能性もなくもないかな」
仁「全然、だい、まー……(もごもご)」
淳「超独り善がり(笑)」
仁「ま、嬉しいですね。……田口くん、こういうの早いですね(笑)」
淳「サクサク行かないと、自分のテンションが下がる、みたいな」
仁「(笑)」

田口くんが落ち込むと、ちょっと親分が優しいのでした。
慰め切れてないけど(笑)

そして本当にすぐに赤西さんが読んでくれたんですが、次の手紙も……なんていうか、でした。
マネキンのスリーサイズを測って自分のも測ったら一緒だったっていう手紙だったんですが、なんだろうこれ。面白い?っていうか不完全燃焼な自慢のつもりなのでしょうか?わからん……。

淳「これ、よくない。この手紙」
仁「なんで?」
淳「スリーサイズ載せるべきでしょう、ここ。間違ってるよねー」
とお怒りの田口くん。なんなのと思えば。

淳「マネキンって何センチなんだーって」
そっちか!みたいな(笑)
ナイスオチでした。いや、本人にそのつもりはないのかもしれませんが(笑)

……あれ。なんか今日の二つの手紙、両方「……」でした。
おかしいな。私の金曜日をなぜ不愉快にさせるのだ!
ていうか、こういう変な手紙しかないのー?スタッフ、田口くんに変なことするよりも仕事してー!

赤西仁の掴みネタ【大きく息を吸ってー……じんこきゅう】
仁「却下」
淳「……はい、番組にメッセージをください(即座)」
仁「(笑)まあ正解だよね(笑)」

というわけで、最後にちょこっと褒められた珍しい週末でした。
最後の赤西さんの「バイバーイ」に続き、田口くんが言った可愛い「山ちゃんバイバーイ」が違った意味に聞こえてちょっと笑いました(笑)
いや、可愛いからなんでもいいや。うん、そうしよう。
来週もいい始まり方をしますように!
2/28 KAT-TUNスタイル木曜
今夜の指令「おいしそうにラーメンを食べる音をやってください」
仁「はあー……はあー……あー……」
……セクシーなのか変質者なのか、危うい吐息でした(笑)

仁「赤西仁です(笑)」
淳「啜ってなくない?まず」
仁「あのね、食べた、後」
淳「後」
仁「味が残ってる感じの」
淳「あ、口ん中に」
仁「で、ちょっとあのー……五臓六腑に染み渡った感じ」
まったくそんな風に聞こえなかったのですが、赤西さんがそう言うのならそうなのでしょう(笑)

今日はしていていまーす、ではありませんでした(笑)
『西口仁之介!』
Q「最近別れた私の男友達が、『やっぱりお前といる時が一番楽しい』と言ってきました。どうしたらいいですか」

なぜかこういうふらつく男の話に熱い田口くん(笑)

淳「でも『やっぱり』って使ってくる男の子は俺ダメだと思いますよ!」
と、力を込めて熱弁する田口くん。

そして恋愛について語る男たち(笑)
こういうのを聞いていると、本当に二人は正反対の性格だなぁと思います。
でもなにを言っても結局は赤西さんに説得、と言うか言いくるめられる田口くんなのでした(笑)
そういうわけで。
仁「その子を試してみたらいいんだよ」
という赤西さんの意見を最終的な結論として受け入れてました。
熱い、のに弱い男田口淳之介(笑)

Q「子供の時からカラスに襲われます。カラス恐怖症を治すにはどうしたらいいでしょうか。二人はカラスに襲われたことがありますか」

仁「これ珍しいですね。あんま聞かないですよ」
淳「カラスに襲われたことはないね。ある?ないよね」
仁「ない」
淳「カラスって光物に寄ってくるっていう……」
仁「じゃあ(この子)は光っているってことですか(笑)」
淳「へへ(笑)」
仁「光ってるんですか。なにかが光ってる……汗かもしれない(笑)」

その後、自分で言った説を自分で否定する、を繰り返す田口くん。
その流れを一切無視して赤西さんぽつり。

仁「……仲良くなる?(笑)」
淳「カラスと?(笑)……餌持って歩くとか。……余計恐怖症になるよね」
仁「まあね」

ならば原因を探してみたらどうか、という案が。
淳「自分の好きなファッションが、色の系統が一緒とか」
仁「そうそうそう。とか。なんかいつも目立つ指輪をつけてるとか、ネックレスをつけているとか」
淳「くるみ持ってるとか」
仁「それはない」

なんだかやっぱりちょっと機嫌のいい赤西さん。つっこんだ後に笑ってました。
機嫌がいいっていうか……もうお酒とか飲んでます?(笑)

そういうわけで結果
A「原因探してみよう」


赤西仁の掴みネタ【バイバイジーン】
仁「却下。なんかあれじゃん。パクりじゃん」

パクりはダメ、ということで今日も却下。

さて、この機嫌の良さが明日まで続きますでしょうか(笑)
カートゥンKAT-TUN 2/27
淳たんの髪の毛がちと茶色が濃くなっているようで。
ていうかかーめーなーしー!お前の頭ー!
この前のお気に入り髪型からのギャップが……(崩れ落ちる)
そんなわけでくるくるでした。

そしてゲスト持ち込み企画「昭和っぽいゲーム」にて、箱の中身を当てるレトロなゲームをしておられたんですが。
一応箱の中身を見てリアクションを取るのに、上田亀梨の二人の反応がわざとらしいのに可愛かったですv
たっちゃんの後ろから覗き込む亀ちゃん(笑)女子か。

「すしあんルーレット」もまたベタにわざびの入っているスシを食べないようにするゲームで。
キャラ的に田口くんが来るかと思いましたが、微妙なリアクションでセーフでしたよ(笑)

「ゼスチャー当てゲーム」は席順が微妙で……。
ていうかお題に「ペンギン」とか「海がめ」とか「キリン」とか入っているのが気になってしょうがなかったです。
そしてずっと黙っていた亀梨さんが、その時だけ「キリン!」と力一杯答えてたのも気になるところでした(笑)

この後急にコラボだといって歌に。
日テレの大好きな2・4扱いでした。毎回毎回。本当に赤亀が大好きですねー日テレさんは。
それとは関係なく田口くんと上田さんが並んで踊ったところがちょっと珍しくて可愛かったです。
女子曲だからなのか、うえぴーが弾けて楽しそうだったー。ノリノリ♪

「僕らの街で」もコラボしたんですけど。
……カメちゃん。カメちゃん、それはいただけない。それはノーだ。典型的な日本人ですがそれでも「NO」と言いますよ!
くるくる頭に黒ブチメガネはいかん!さすがにそれはひどいよ!
そして赤西さん一人振りが曖昧で、なんか切ない気持ちになりました(泣)


いやしかし、本当にゲストがスタッフの趣味ですなぁ。来週なんか特にそう。
他の番組でほとんど見たことない人(というか普通はゲストレベルで呼ばないようなまだいたんだ的な人たち)ばかり呼ばれるのでびっくりです。
勝手に楽しいところを見つけるんじゃなくて、楽しい番組が見たいなぁ。
田口くん可愛いーっていうのは番組の感想じゃないし、基本的には映ってませんから。
はあ……(大きくため息)
2/27 KAT-TUNスタイル水曜
今夜の指令「今一番行きたい所を『そうだ、○○へ行こう』と呟いてください」
淳「そうだ、ガラパゴス諸島へ行こう」

仁「赤西です」
淳「エリマキトカゲでーす」
仁「はい(ため息)……なんでガラパゴス諸島なんですか?面白いと思ったんですか?」>声が冷たい
淳「ちょこっとね」
仁「ねえ」
淳「一瞬過ぎったのは、俺が小学生の頃に読んでいた「したたか君」っていうコミックスを思い出して。……知らないべ?……知ってる?マンガ。知らないでしょ」
仁「知らない」

以下田口くんのマンガ語り(笑)
そして知らないという赤西さんに、マンガ喫茶で調べてみて、まで言う始末(笑)
でも昨日に引き続いて機嫌のいい赤西さん、「わかった、調べてみる」なんて答えてました。
や、優しい……!怖い!(笑)

そして今日は本人でさえタイトルをしっかり言わないコーナー(笑)
『田口淳之介の世界にExcuse Me!』
「学校の加湿器が小さいです。効果がないと言っても聞いてくれません。学校に一言言ってください」
加湿器なんかなかったよねぇ、という田口くんにあったという赤西さん。
年ではなく住んでいる場所というか地方と言うかの問題かなぁ。うちもなかったですよそんなもの……。

淳「加湿器に貸し、作ってんじゃねぇよ!」
そんなわけでダジャレで(笑)

「朝起きてもリビング寝て遅刻してしまう妹に一言言ってください」

淳「ちっくちっくちこくぅ!」
前回の答えに引き続き「成り立つんですか」という赤西さんの声を笑って流して次へ(笑)

「バレンタインデーに手作りケーキを作ったのですが、ダメ出しをされました。料理ベタな私を斬ってください」

淳「ケーキをつけろ♪塩撒いておくれ♪」
頑張っただけに斬れないですよーと言いつつやっぱりダジャレでお答え。


仁「このコーナーでお前斬ったことある?」
淳「……程よくありますよ。10回に0.5回くらいは」
そんなコーナーですが。

仁「僕は、このコーナーがなくなるように祈っています」
という赤西さんの気持ちに、とても乗っかりたい気分です(笑)

赤西仁の掴みネタ【ピッチピッチチャップチャップジンジンジン】
仁「却下(あくび混じり)」

淳「ま、雨の日限定ですからね」
……なんか違うと思いますが、まあいいか(笑)

次はかつかつ!

あ、とりあえずこちらもついでにぺたり(笑)
ボクはしたたか君 1 (1)
ボクはしたたか君 1 (1)
映画を見たのです。
と言ってもテレビでやったのをHDDに録画して、ってことなんですが(笑)

見たいなぁと思いつつも、基本的にホラーが苦手なために映画館に行けなかった「シークレット・ウインドウ」です。
日曜日にやっていたやつっす。
でも、問題なのは吹き替えということ……。
映画は字幕派なために、しかも特にこの人の吹き替えは難しいでしょーと思いつつもじっくり見ておりました。
いやー、かっこよかった(違)
あ、いやいや、面白かったです。
さすがスティーブン・キングですな。今でこそ他でも見たり禁じ手として扱われるようなトリック(とうか展開というか)ですが、この時代によくもまぁこんな手が思いついたものだと感心してしまいました。
思わせぶりなシーンが多々あって、あまりにドキドキして途中やめようかと思ったくらい(笑)

でもなによりジョニー・デップが……!!
あまりのかっこよさに悲鳴を上げました。違う意味で映画館行かなくて良かったです……(笑)
最後の方の畳み掛けるような展開の辺りで、かっこよすぎて痺れました。いやはや、あの役はすげぇ。

ネタバレすれすれな話かもしれませんが、帽子を被ってドアばたん(見た人はわかってくれるはず!)なシーンが恐ろしくかっこよくて……。
本当、見てほしい。ていうか私がもう一回見る(笑)
次はDVD買ってぜひとも字幕で、ジョニデ様の地声で!
いや、もう実際何度英語がわからなくても地声で聞きたいと思ったか……。
英語漬けで勉強したいと心から思った瞬間でした(笑)

そんなわけでぺたり。
シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション
シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション

ついでに英語漬けもぺたり(笑)
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

そういえば途中にスシ王子のCM入ってたなぁ。間違って消さないようにしないと。
そしてさっき謎のビデオテープの後ろに「天使が消えた街」の途中の回が入ってました(笑)
ちょうど田中さんが出てきた回だー。全然覚えてないー(コラ)
そういうわけでついでに(笑)
天使が消えた街 VOL.1
天使が消えた街 VOL.1
2/26 KAT-TUNスタイル火曜
今夜の指令「大学に受かった時のリアクションを大げさにお願いします」
田口くんの「はーい」という正しいお答えが可愛かったのですが、答えた赤西さんの元ネタがわからなかったため断念(汗)

北野武さんのBROTHERという映画の話をしていました。
田口くんが見たばっかりで、「旬なネタなんだよねー」と楽しげで、真似をした当人赤西さんは実は見ていないそうで。
ワタクシにはさっぱりー。


『マッパ・ジン・ジン・ジン』
「歯磨き粉はイチゴ味じゃないとダメ」→「そうですねぇ」
仁「そうですね、イチゴじゃないとダメですね」
淳「なんでイチゴなんですかぁー?……あ、お久しぶりです(気づいて声をひそめて)」
仁「あ、お久しぶりです」
淳「よろしくお願いします、今週も」
キャラ忘れなのか、逆に細かいのか。ご丁寧に挨拶から始める田口レポーター(笑)

子供の頃からの癖。
みんな飲んでます。
二日酔いしないように、イチゴ味の歯磨き粉を飲みます。
と、つらつら並べ立てた赤西さん。
そして田口くん最後のまとめに。

淳「イチゴだけにね、よいこのみなさんは真似しないようにお願いします」
仁「……今かかってた?(笑)」
たぶん、15(イチゴ)で415(ヨイコ)で15の部分がかかってたんじゃない、のかなぁ?(笑)

「トイレットペーパーは必ず切り取り線に沿って綺麗に破りそう」→「これは、そー、ですね」
これも癖だそうで。
子供の頃から袋とじを破るのが好きだったそうで、その流れだそうです。
淳「切り取り線がないトイレットペーパーってあるじゃないですか。ああいう時はどうするんですか?」
仁「あれはもうクレームですね」
淳「く、くれーむ。クレーム?」
仁「クレームを、出します。大体の人は、あ、悪いことしたなって菓子折り持ってきます」
淳「菓子折り!そこまでして。……すごいびっくりしましたねぇ。トイレットペーパーでね、そこまで世界が動く。さすが赤西さん!。……今週は、赤西さんの権力について勉強出来たと思いますね」

そんなわけで、丸裸にするよりかは確かにあなた色に染まる感じの企画でした。
……別名軽いむちゃぶり?(笑)

赤西仁の掴みネタ【オーレー俺赤西ー】
仁「却下。なんかその時点でサッカー選手じゃん」

淳「よくないですか、サッカー少年としては」
仁「僕世代なんですよね。これ今使ってますよ」
淳「聞いたことないよねー、あんまり。じゃあここで赤西くんに再現してもらいましょうか。その当時やってたよ、的な感じで。赤西くんの「オーレー俺赤西ー」まで3、2、1、キュー」

仁「おーれーおれあかにしー」>思わず拍手の田口くん

仁「……却下(笑)」
淳「いや、なんかそんな素直にやるとは思ってもいなかった、っていうところから、なんか結構……今日機嫌いいっすか?」
仁「ええ?(笑)」
淳「機嫌いいっすか?」
仁「意味がわからない(笑)」
淳「まあ、まあ却下は残念でしたけど、機嫌上げてくれてありがとうみたいなね」
仁「むしろ下がったんですけど(笑)」

まったく同じことを思いました(笑)
ていうかやっぱり、赤西さんが素直にやってくれるイコール機嫌がいい、という解釈なんですね(笑)
赤西さんはわかってなかったみたいですが、大いに納得出来るその考えがなんか面白かったです。
いや、なんか良かったです(笑)
2/25 KAT-TUNスタイル月曜
今夜の指令「彼女の家にお嫁さんに貰う挨拶に行きました。彼女のお父さんに一言」
淳「お父さん……結婚してください(渋い声で)」

仁「KAT-TUNの赤西仁です」
淳「田口淳之介でーす」
仁「さ……」
淳「23日!亀梨くん、誕生日、23日。2月23日。というわけで誕生日でした。おめでとうございまーす(拍手)」
仁「おめでとうございまーす。……誕生日ですよ」
淳「22ですよね」
仁「にじゅう……?」
淳「2ですよ」
仁「ウソ?!」
淳「早生まれだから」
仁「あ、そうなの」
淳「やっと22になったんですね」
仁「へー……へへへへ(笑)」←なぜか笑う赤西さん

いやー、なんともあっさりしたお祝いにびっくり(笑)
ていうか年くらい覚えておいてあげて、赤西さん。まだ亀ちゃんは22ですよ!
プレゼントとか、もうあげないんですかねー。……いや、この二人は元からあげないタイプか(笑)

そして今日は近況近況♪久しぶりに電話なし~♪(晴れやか)

というわけで赤西さんがかつかつの罰ゲームで北海道にロケに行ったというお話を。
仁「もー、すごいことになってますよ」
淳「どんなことになったんですか。寒いよね」
仁「いや、ひどい」
淳「ひどい(笑)『寒い』越えた、『ひどい』(笑)」
仁「いや、ホントにひどい」
そこから雪のお話に。
雪だるま作った?上手いもん食えた?(「あ?」と聞き直されたため「上手いもん食べれた?」と言い直し/笑)と聞いた田口くん。
ここからそんな田口くんのお話。

淳「僕ねー、雪だるま作りましたよ」
仁「プライベートで?」
淳「プライベートで」
仁「……一人で?(笑)」
淳「本当にプライベート……うん、一人で」
仁「本当に言ってんの?」
淳「本当に行きました。ホントに、や、本当に言ってます。雪が、駐車場のとこにあったんで……」
仁「一人で?(強調)」
淳「一人で」
仁「お前ホントなんか、寂しいな……」
淳「いや、ホント出来心だったんすよ、あれは」>出来心の使い方がちょっと……(笑)
仁「お前って、友達本当にいないの?(真面目な声)」
淳「います!(即答)いるけど、それはたまたま一人だっただけ」
仁「違うなんか、『友達俺いないんだよ』って言ってたじゃん」
淳「それは冗談ですけど」
仁「あ、冗談。なんかホントっぽいから」
淳「本当にいなかったら寂しいじゃん」
仁「違う違う、ホントっぽいから。説得力があるから」
淳「こっちだと雪もシャリシャリしちゃってて、冷たいんで、頭作ってるところで諦めて川に投げちゃった」>ヲイ
仁「お前、そんな情報まったくいらないんですけど」

わー、一番冷たいのは赤西さんでした!(ちゃんちゃん)
ていうか、一人で雪だるま作って、諦めて川に投げてる田口くんめちゃ可愛い……(ほわん)

その後、「なにか買い物しました?」と自分で聞いといて「買ったらしいじゃん」と田口くんから赤西情報が(笑)
なんでもパソコンを買ったそうで、それがかなりいいものらしく。
でもさっぱりわかってない赤西さん、大容量ではあるっぽいですがよくわからず、まだ箱からも出していないそうです。
宝の持ち腐れだ!くれ、パソコン!……失礼。

ていうかなんで何気に田口くんは赤西さんのパソコンのことに詳しいんですか。
前回はノーパソ?持ち歩いていたりしたんでしょうか。ていうかそうじゃなきゃ知らないはずですよね?
パソに入ってる曲の中味知ってたり新しいの買ったのを知っていたりと、そういう情報はあるのですね。
さすが赤西担(笑)


赤西仁の掴みネタ【ジジジジ、ジジジジ、ジーンー】>火サスな感じで
仁「却下。……(前に)なかったっけ?そんな感じの」

仁「雑ですね」
ネタにかぶり気味却下の上、厳しい評価でした。
まあ、掴みネタとしては普通に使えませんけどねー。

あー、普通のおしゃべり楽しかった!
今日はよく眠れそうです(笑)
アンケートご協力のお願い。
「ならぬものはならぬ」さんの行っているアンケートで、色々な方からのご意見がいただきたいということなので、お暇な方や訴えたいことがある方(笑)はぜひともご協力ください。

詳しい説明はアンケートページにございますが、好きなグループやファン歴によっての違い、または困ったオバサマ等々に関するアンケートだそうです。

2月29日までだそうですので、よろしくお願いします。


「ファンの心得アンケート」へGO!
どーもときょーだい。
剛さんが、くびれを作るコアダンスだかコアリズムだかのダンスを、映像を見ながら真似していたのが気になりました。

くびれいらんやろお前(笑)

やっぱり歯の抜ける夢を見て、女性としての魅力がなくなることを心配してるんですか(笑)
大丈夫だよ剛さん。
あなたの胸の谷間は最強だ……(真っ赤っか)


でも、今日のは消すかチャプターなしで取っとくか(面白いところにチャプターつけてます)ですなぁ。
本当この人ってK田K未さんに似てると思います。喋り方とか自分好きで延々と自分のことだけ喋ってるとことか。人の話を全部自分に持っていくとことか。
だから我の強い女は苦手なんだって……。

今日はほとんどキンキの、と言うか剛さんの声を聞いていません……。
もっと二人が話してるのが聞きたいよー。
はぴば。
かめたん、お誕生日おめでとう。
最近かわいー役が多くて楽しくて好き度がさくさく上がっているので、今度はかっこいい役で私の心をさらってやってください(笑)
たまにする(特に野球のシーンでバッターボックスに立った時なんかにする)「ひぃい!」とおののくほど鋭い目が怖くて大好きですv
ドラマが終われば舞台とボクシング続きで大変でしょうが、頑張って頑張り過ぎないようにしていただけると見ている立場としては安心致します(笑)
荷物が重かったら時には下ろして、変なのに負けないように強い心でいられることを願います。

そして田口くんのこともよろしくお願いします(笑)
ラジオにも来てくれますようにー!
続きを読む
2/22 KAT-TUNスタイル金曜
淳「罰ゲームなんて、怖くないぜッ!」

の、妙なテンションで始まった今日は罰ゲームの日。

仁「田口くん今日は罰ゲームです。罰ゲームはこの後発表と言うことで」
淳「全然大丈夫。どんなの来ても大丈夫」
仁「あ、ホントですか」
淳「もーテンション!」
仁「え?」
淳「テンションプリーズ!」
仁「テンションプリーズ」>とりあえず繰り返す
淳「イェーイ!」

そんな感じに、田口くんは初っ端から妙なテンション。
罰ゲームは、「絶対すべらない話」
もし万が一話がすべってしまった場合、キム全部が待っているそうで。
まどろっこしい!ただやりたいだけだろう罰ゲームを!>すべらない話がすべる前提

そういうわけで話し始めた田口くんの話。
スキーの話だったんですが、オチもなにもないお話でした。ちーん。

仁「なぜ田口くんがすべらない話で今の話をしたのかまったくわかりません」
淳「いや、すべって転んだ話だから……」
仁「……そっかぁ」>まるでダメな子供に対するお兄さんのような言い方
淳「うん」

そして罰ゲームをされる場所を選ぶためサイコロを振ることに。
仁「これでもう1出すんだよな?」>言い聞かす口調
淳「1は出ないよ」
仁「出すんだよ」>優しく強制

そして出た目は赤西さんが「マジつまんねー」という6。手でした。
でもさすが赤西様、ただの手じゃ済ませません(笑)

仁「あーっそう。……間とか。間とか。指の間とか」
と要らぬ助言をし、中指と薬指の間と言う微妙なところに罰ゲームを受けることに。
今日も悲鳴と笑い声が響いておりました……。

その後、最後のキーワードを言い終えて。
仁「……俺まったく繋げること考えてなかった……」
とうとう赤西さんが素直な気持ちを暴露してました(笑)

来週の月曜日は近況がいいな!ずっとそれがいいな!(心から)
2/21 KAT-TUNスタイル木曜
仁「フェアじゃないと思います……」>昨日の勝敗に関しての呟き(笑)

そんなすべらないスペシャル、決戦の日。2勝1敗の時点で、なんかもう結果が出てるような気がするのは、気のせいでしょうか(笑)

今日のゲームは「合格の報告バトル」
合格発表の掲示板を見た後、親に電話で合格の報告をする演技対決だそうで。
例えばと田口くんが例に出したのは「金八とかでさぁ……」だったので思わず吹き出しました(笑)
イコール明彦だものー!

今日は先攻の赤西さん。
他に書くことがないので全部お送りしてみます(笑)

仁「あ、もしもし。もしもーし。あ、俺オレオレ。うん、俺。……あ、もしもし?なんで切んだよ。……オレオレ詐欺?ちが、オレオレ詐欺のわけねーじゃん。バカかよお前。……ちょっとあのね、ちょっと一個報告があるんだよね。なんだと思う?なんだと思う?……え、彼女が出来た?ちーがーうよ。もっとあれだよ、もっとすごい大イベント。大イベント!……ちーがーうって。そ、あー……あのね、受験合格した(笑)」

最後に耐え切れず笑ってしまう赤西さん。
友達に対しての電話だったらお見事なんですが、親にこれですかあーた(笑)

対して後攻の田口くん。
なにか秘策があるようでちょっと余裕に演技スタート。

淳「もしもーし。あ、俺オレオレ。俺俺。ん?ん?……もしもし?え、なんで切んだよ。え、ちょっ……オレオレ詐欺?ばっかお前、もー、ほんとにほんとに。今そんなねぇ、大丈夫だから。お母さんお母さんお母さん、一個報告したいことがあるんだよ。……ああ、うん。……なんだよもう、わかるの?先に言わないでよぉー。もう受験合格したよ。そうそうそう。でさ、それでさぁ、一緒に見てたさぁ、友達?今別府くんってい子がさぁ、俺すっげ友達になってくれみたいなこと言われて、今別府くんと友達になったよ。そしたら横から田辺くんっていう子も来てさぁ、すっげぇもう三馬鹿トリオみたいな三人になっちゃってさぁ。……あ、そんな報告は後でいいって?うん、わかった。とりあえず合格したから」

……パクりました(笑)
色々やっちゃいましたよこの子。
でも、赤西さんの真似っこから抜け出した後の「お母さん」三連発と「先に言わないでよぉー」の甘えた声が超可愛かったのでした。
田口くんってたまにものすっごい甘ったるい声になる時ありますよねぇ。末っ子オーラ全開の時が(笑)
もう、ママって呼んじゃえばいいのに(笑)

そしてそんな田口くんの演技に対して赤西さんの感想。
仁「パクリの王様じゃねぇ?……お前それアリかよー!」
もっともでした(笑)


そして最後。いつものようにキーワード発表後。
やっぱりどうにも繋がらないキーワードに疑問の田口くん。
淳「まあ、明日にね、なんか繋がるんですよね?」
仁「たぶん繋がると思う。たぶん……」
淳「大丈夫です。ちゃんとすべる、ことにはなんないんでしょうね。もちろんね」
仁「…………はい(弱々しい声)」
淳「超自信なくしてるし(笑)」
仁「きっと、大丈夫です(弱)」
淳「きっと大丈夫(強)」


仁「明日は、田口くん罰ゲームです。ぜひ、聞いてください」
淳「そんな、そんなプレッシャーかけないでください(笑)」

ってことで明日はまたもや田口くんの罰ゲームです。
最近田口くんが罰ゲームされてるところしか聞いていない気がします!(あながち間違いじゃない)
カートゥンKAT-TUN 2/20
亀ちゃん、その頭はちょっとちゃうわぁー……。
と、ちょっと初っ端から嘆きました。黒髪ストレートだけど、ちょっと違う。ぺったりしすぎー。

そして100Qにて、犬の話題で止めるため、おもむろに「ワン!」と鳴いて手を振る上田さん。
……かわゆい……(ぽ)
ていうか今日の上田さん、テンションが変でかわいー。
そして唐突にKAT-TUNの持ち込み企画という名で始まったコーナー。
ドッグ上田が飼い主検定を始めました。
犬を飼っていないのになぜかどんどん正解する田口くん(笑)
ていうか唯一全問正解してますけれど……どうなの?(笑)

続いて車庫入れの話になり、上田さんは免許を採る前に車を買ったという話を持ち出され、その車の現在がなぜか廃車、ということでしたが。
どうして上田さんの車が廃車になったのかものすっごい気になるんですけどー!

そんな車庫入れ対決。
トップバッターの上田さん、普段乗っている感じにしたいからとサングラス着用。しかも車が走り去った後になぜか残された、揃った靴……(笑)
三番めの田口くん。やたらエコな車が似合う。CMみたいでしたー。
ていうか亀梨さんうるさいの(笑)あんたちょっと他の人と違ってここだけ興奮しすぎ(笑)

知らない人にタメ口利かれると、すごい腹立つんですけど。

そして最後に赤西さんが言っていた北海道ロケの予告が。
もしや二人だけの罰ゲーム……?
KAT-TUNin北海道って、まさか二人で行ったロケを30分流すつもりですか……?

おののきついでに、亀ちゃんのパーマっぷりに度肝を抜かれたんですが。

……この番組は、いつになったらKAT-TUN六人をメインにちゃんと話させてくれるのかしらー。
沖縄で調子乗ったのかなぁ。
2/20 KAT-TUNスタイル水曜
淳「胴上げされてみたいなァ……」>寂しげ
仁「…………ぶっ(時間差の笑い)」

そんな呟きから始まった今日も、なんかのスペシャルー(適当すぎ)
今日のゲームは「オンリーイングリッシュバトル」
日本語を使わず、英語だけで喋り続けるという実はどちらに有利だかわからないゲーム。

ていうかなんかまともに聞いていられないよ田口くん(笑)
一所懸命喋ってる様が可愛いんだけど笑いを誘うという……(笑)
いや、ひどかった!
「オッケーオッケー」と「アーン……」しか言ってないよ田口くん……(笑)

そして、もちろんここまで赤西さん2勝、田口くん0勝、ということで、わかりますね?
そう、大人の事情で田口くんが勝利いたしました(笑)

そしてそして、今日のキーワードを聞いた田口くん。
一見繋がりのなさそうな言葉に疑問を抱くわけで。
淳「……繋がってないんじゃないんですか?すでに」
仁「繋がってますよ」
淳「ほんとにぃ?」>疑い声
仁「完璧な繋がりを見せてる」

このやりとりがなんかバカっぽくて可愛かったわけです。
今日はそれぐらいー!
2/19 KAT-TUNスタイル火曜
今日も引き続き受験生合格祈願すべらないスペシャル。

今日のゲームは、「エア胴上げバトル」
声だけで胴上げされているような演技をする、という演技力の試されるバトルだそうで。

田口くんに続き、後攻の赤西さんが演技。
さすがに細かい技を入れつつエア胴上げされてました。
登場人物名(タナベくん)もあり(笑)
それを聞いた田口くんは、いつも通り素直に感心。

淳「そういうことかぁ。なんか想像出来た、田辺くんどんなんなんだろうって(笑)」

そして判定。だったのですが、その声がこもってよく聞きづらく、判定が出てすぐ後一瞬喜ぶ田口くん(笑)

淳「なんだよー、仁か。淳かと思ったじゃないか」
この言い方が拗ねてる感じでめちゃ可愛かったのでした(ほわん)

その後、キーワードから秋葉原の話になり。
淳「昔行ったよね、確か」
仁「行ったっけ?」
淳「行ったよ」
仁「(考え中)……あー、ドラマ」
淳「そう、ドラマの最中に、俺と赤西くんとあともう一人で」
仁「あーはいはいはい、行ったねぇ」
淳「行ったよね」
仁「……俺さぁ、最近なんかさぁ、テレビで見たんだけど、なんだっけ。アキバアイドル的な子がさ、一対一でさ……メイドカフェ!(思い出した)」
淳「メイドカフェ?」
仁「メイドカフェ。そこに行ってみたいなと思ったの」
淳「え、あの『ご主人様、おかえりなさいませ』から始まる……?」
仁「そう」
淳「あの、メイド服を着た?あれいまだにやっぱまだ流行ってんのかな?結構色々種類があるらしいよね、今ね」
仁「逆に行って、言いたい。『行ったんだー』って」
淳「ああ……(リアクションに困り中)なんかそれは、人生体験として」
仁「なんだよ人生体験って」>途端に冷たい人
淳「あんまだって行く機会ないよね」
仁「人生経験じゃないの?」
淳「……人生経験」>素直に言い直す
仁「(笑)」
淳「なんかここですべった感じですね、今……」

……なんか、赤西さんお疲れ気味ですか?(笑)
昨日から発言がちょいとおかしい感じ。
今週はずっとゲームなので、最後の会話だけが楽しみでございます。
なんとなく、田口くんこそメイドカフェに反応するキャラじゃなきゃいけないんじゃないかとは思いますが、そこは引くのか……(笑)

うーん、ならば思い切ってKAT-TUNで@ディープな話はいかがでしょうか?(笑)
2/18 KAT-TUNスタイル月曜
受験生合格祈願すべらないスペシャル、だそうで。
スペシャルって言葉にあんまりいい思い出がないのはどうしてでしょう(笑えない)

毎日合格に関するゲームをして、負けたら金曜日に罰ゲーム、といういつものルールで。
今日は合格山手線ゲームだそうです。

ていうか、だからどんなものでもゲームで田口くんが勝てるわけないじゃないですか。←あ。

そういうわけで当たり前のように田口くんの負けー。でした。

キーワードを発表した後、そのあまりの唐突な言葉具合に田口くんはてなマーク。
淳「……なにゆえ?(笑)」
仁「わかんない(笑)ぱっと頭に浮かんだ」
淳「ま、ちゃんと繋げるっていうことですからね、まぁなんかあるんでしょうね」
仁「あ、そっか。繋げなきゃいけねーんだ」
淳「今さら?(笑)」
仁「あ、そっか」

というやりとりがちょっと面白かったのでした。
この感じでいくと、また書くことのない一週間になりそうな気がします。
……田口くんがまぐれ以外で勝てる気がしないんだよなぁ(ぼそ)
そういえば絶望した!
ぜつぼーせんせいで、100万回言われてるだろうことの中に「キンキの二人って兄弟なんですか」というような質問がさり気に含まれていて真夜中に噴き出しました(笑)
オープニングからして最高だったよ……今回は特に。

糸色先生素敵だよ……。

私はぜひとも光一さんに糸色先生を演じてもらいたいのです(笑)
絶対似合う!
和服でメガネで「絶望した!」って、絶対似合うと思うの。「死んだらどうする!」って言ってほしい。次いで命先生もやればいいと思う。白衣にメガネ。
絶対スシよりもいいと思うの。面白いと思うの。

……まあ普通のテレビじゃ出来ませんけど(笑)
一回でいいから着物着て「絶望した!」の一言を……(笑)


絶望した!

らぶりーかめやん。
九時になる直前に言われるまでドラマの存在を忘れてました。ごめんねかずやん。

そして相変わらずこのドラマの亀梨さんはやたら可愛いです。うざいくらいっていうかうざさが可愛い(笑)
こういう暴走体当たりチックなはじけたキャラってあんまりやってくれなかったので、役だけ見るとすげー楽しいです。だって似合うものー。
亀梨さんって、一人で盛り上がって空回りしてるのが一番似合うと思うんです(笑)

これ、他のメンツと作りがもっとちゃんとしていたら絶対面白かったのになぁと思いますよ。すんごいもったいない。
シスターとか、きっとマンガだったら健気で適度に天然で可愛いんだろうに。
シスター亀ちゃんの方がかわゆかったです(笑)

そして関係ないんですがカメちゃんが「想定外」と嘆いた瞬間爆笑してごめんなさい(笑)
想定外=サムライ☆アタックなわけです、私の頭の中では。
わー頭の中でたぐっつぁん踊り出したー(少クラバージョン)

それにしてもいないキャラのかつみくんがいじめられてるのがよくわからん。必要か?
にしてもどうして山涼に学ランー……(悔)
でも真剣なシーンにて耕作に「寒い」と一言言われた後の「えー……」と言う呆れたため息混じりのセリフと表情が素っぽくて可愛かったです。でもやっぱり最強は探偵学園やな。うん。
昔の記事が出てきて正直見惚れました。かわええ。

で、試合のシーンがいきなり端折られてびっくりでした。うわぁ、いきなり適当(笑)
そして次回予告でホスト姿にまた笑う私(笑)
かぁーめぇー(SIGNALメイキングのノリで)
いや、たぶんかっこいーとか思うところなんでしょうけど、日テレ的にはやってやった的な感じなんですけど、あまり合ってないというかなんというか、やっぱり可愛いで終わりそうだ……。
だって亀梨さんがせくしーには思えないんですものー。
KAT-TUNのイメージがセクシー&ワイルドだということに未だにウケるんですけどー。

そんなわけで、今日も結局可愛いってだけの感想でした。
だって今の髪型がツボなんだもの。明彦なんだもの。
黒沢じゃねーんだよ!(一応)
2/15 KAT-TUNスタイル金曜
今日で終わりだ地獄の一週間!(爽やかに)
淳「鼻あったかぁい……」
で、始まったバレンタイン後夜祭。不憫や……(泣)

今日の罰ゲームは『キム全部』と聞いて。
淳「今日こそは勝ちたい」
仁「僕も勝ちたい。負けたくない」>負けたくない、という言い方が赤西さんらしい
淳「ですね」
仁「それでは一曲行きましょう。KAT-TUNで『負けないで』」
淳「ない(笑)」

電話の人が今までで一番よく出来たお菓子をあげて告白したけど玉砕したという話を聞いて。
淳「せっかく(お菓子が)良く出来た時に玉砕は辛いよねぇ……」
仁「お前は誰の立場に立ってるんだ(笑)」
まったくです。
おい、そこな女子。しみじみと共感するでない(笑)

そしてやっぱり当たり前のように負ける田口くん。本人諦め済み。
かじる、ちゅー、舐める、レロ、の全部とあって、サイコロを振るのも命がけ。
仁「全部ですよ、サマリー。集大成」
という完全他人事の言葉を受けてサイコロを振った結果、サイコロの目は6、「手」でした。
その結果に田口くんは「俺今回悪運つえー!」と喜び、赤西さんは「なんでー?」と不満げな様子。
「イヤッホー!ごめんねーKYで」と喜びまくる田口くんに、「つまんねー」と悪魔な赤西さん、「まあでも、やり方によってはね」ととても不吉な言葉まで吐く始末(笑)

そして罰ゲーム実行。取り残されるリスナー。
最初は余裕っぽい田口くんの声が、段々と叫び声に変わり悲鳴が響き……。
でもポジティブな田口くん、赤西さんが一回罰ゲームをしたことだけで満足のようでした。

淳「今回は無難な感じで終わって良かったですよ」
仁「これを無難と言えるお前がすごいよ」

本当に、そろそろ止めないともういい加減危ないですよ、この罰ゲームは……。

さて、これで一週間終了!電話バイバイ!
とか言って、来週の月曜日もだったりね……(うつろ)
2/14 KAT-TUNスタイル木曜
明日で終わりだバレンタインデーSP!(晴れやかに)
今日の罰ゲームは『キムレロ』

仁「『キムレロ』というのはあれらしいですよ、『キムナメ』とはちょっと違う……」
淳「ちょっと違う?」
(たぶん目の前で例を見せられたんだろうという沈黙)
淳「うわ、うわぁ、うーわぁー!!(叫)」
仁「ひでぇ」
淳「ひでぇ」
そんな感想の罰ゲームって……。

なんか今日はよくわからない人でした。本当に聞き取れなかった……。

そしてまた狙われる田口くん。
今日は鼻を舐められておりました……(げっそり)

罰ゲームのために近付くDに「来るなよぉ……」と弱々しい声を上げる田口くん。そんな田口くんを「押さえて」とさらりと命令する赤西様。マフィアのボスかお前は(笑)
そして恐ろしい沈黙の後田口くんの悲鳴が聞こえ沈没した音が……。
さすがに同情したのか赤西さんの笑い声は控え目。それとも声が入らないぐらいに笑ってたのかしら……?

あまりのことにショックを受けまくる田口くん。言葉もめちゃくちゃです。
淳「目つぶ……もう訳わかんない……あったたかった……」
そして最後のセリフもまともに言えず、「(次)いって……」と赤西さんにお願い、〆てもらってました。

……ていうか、鼻ってことは田口くんは目をつぶって怯えて待ち構えてたってことですか。しかも捕まってるし、笑い声からして数人の男どもが周りにおるわけで。
……想像すると、女子じゃなくてもかなり犯罪的な絵面ですなぁ(遠い目)
カートゥンKAT-TUN 2/13
今日のチェケラッチョはつっこみなしの全無視。さみしい。

そして初っ端から田口くんの質問。「どこ見て話した方がいいですかね」
確かにゲストさんは妙なサングラスをしているため、よくわからず気になるところ。
でもなんか普通でいいらしいです。あーそー。

って言うかこの人たちどうしてこんなに偉そうなのー?!

そういうわけでその辺は無視して、黒髪さっぱりの亀梨さんに見惚れてますv(ぽっ)
いい、この髪型いい。黒髪でストレートでさらっとしてて、ナイス明彦(>_<)b

で、ゲームにて亀梨さん興奮しすぎ(笑)
上田・亀梨・田口が並んでゲームしている絵面がなんか珍しくて面白かったです。楽屋での姿のよう。かあいー。

でもって悲しいお知らせって言うから、てっきりスタッフが総取り替えになるのかと思いました。そうならないことにがっかりです。
どうして今さらDAT-TUN(でしたっけ?)の罰ゲームを近日公開、とわざわざ告知したのかさっぱり。
忘れてたのはスタッフでしょう。

んで。
……ゲストって一般的に知られていて人気のある人を呼ぶのが普通ではないですか?
まーとーもーなー人を呼べー。

せめてもうちょっとゲームしている様子を映してほしかったと考えるのは贅沢なのでしょうか(遠い目)
2/13 KAT-TUNスタイル水曜
やっと今週も半分ですね……(力なく)

今日の罰ゲームは『キムナメ』というか『キム舐め』ということを聞いて。
淳「想像するだけで嫌だよね」
仁「嫌ですねぇ」
淳「『舐め』かぁー……」
田口くん、思わずしみじみ呟く(笑)
そりゃあ嫌ですよねぇ。聞いているだけで嫌ですもの。

また看護系の学生さん。好きですねースタッフさん。
ていうかなんでみんなハガキ送ってんのさー。そんなところに電話番号なんか書いてないで勉強してればいいじゃーん。
と思うのはおかしな話ですかねぇ……。

デビュー当時から赤西さんのファンということは、半年抜けて本人が帰ってきた途端に帰ってきた2年に満たないファンということでしょうか?
……あーそー。わざわざ。

今日一番面白かったのは懐かしの赤西さんのボケ。
仁「『決定バレンタインモテ男SP』今日は赤西くんが人気でした。負けたのはタブチ」
淳「(『ぶ』じゃなくて)ぐ、ぐ、ぐ!ニアミス!」
というわけで負けたのはタブチくんでした(笑)
そして再びエンディングでも。

仁「今夜負けたのはタブチ」>笑い混じり
淳「ぐ、ぐ、ぐ!」

そーゆーわけでまた田口くんが手を舐められるはめに。
あのー、見えないところでそんな誰かの趣味のような罰ゲームされても、ただ気持ち悪いだけで。
なんですか。淳ちゃんの嫌がって悶える声を聞いて楽しめと?(違います)
この一週間がなによりの罰ゲームです。
2/12 KAT-TUNスタイル火曜
淳「レロレロはナシだって……」>昨日の罰ゲームより
という田口くんの嘆きから始まった今日。
またも涙のバレンタインスペシャルです(泣)

淳「あのキムカジはー……なんか、『はむっ』てされましたからね」
仁「その後舐められてましたね」
淳「そう。なんか全然平気だなーって思ってたら『ぺろ』っとか言って」
仁「絶対やだ」
淳「まあ今日も負けられないですねー」
リアルでものすごく恐ろしい会話の間にも、少し余裕のある感じの赤西さん。
そりゃあ負けなしですものね。
……その余裕が後で地獄を見るのですが。

今日もまたひどい感じでした。
なんでだかみなさんトリュフを作れることを自慢なさりたいようです。
そして勝敗が決まった後、少し凹み気味の赤西さんのためなのか周りにいる人間に聞くことに。
ぎゃーぎゃー声が聞こえて「すいません、全員赤西くん」とか相手が言った後、赤西さんが「周りの子うれしーけど、どーでもいい」ときっぱり言い切ったのに噴き出しました。
どうでもいいって、素晴らしく興味のないお言葉ですね。
その勝負に関わらないところでの興味のなさがやたらと男前でした。

そして今日の罰ゲームはキムチュー。
初めて負けた赤西さんが、耳にされてました。
サイコロを振る前に、勝ったことが嬉しい田口くんが嬉しそうに赤西さんに気持ちを聞いてうざがられる様が唯一和みました。
淳「ねー、どうどうどーう?」
仁「うるせ」
これがまた、田口くんの聞く声が超甘えたな声で可愛いったりゃありゃしない。
きっとうざ可愛い顔で聞いてるんだろうなぁ(ほわん)

明日もまたこれかぁ……(どよん)
わんもあしょーくら。
デジタルにて録るため再び見ました少クラ。
他の所を見るとイライラするところが多々あるため、目的のところ以外意識をオフ。
それでもやっぱり大事なところで被ってくる京本だけはなんともなりませんでした。無念。

サムライ☆ラブ☆アタックはもちろんその絵面だけで最高なんですが(笑)やっぱり直に煽られてこそ最高潮に盛り上がるんだなぁと思いました。ドームが一番興奮した(むふー=3)
もうこれが生で見る機会はないんだろうなぁと思うととても残念でなりませんが、田口くんならまたこれを超えてくれるだろうから次の機会を楽しみに待っていようと思います(笑)

でもって。
なりきりのコーナーで、八乙女のお決まりの顔芸を見て大爆笑する田口くんが激可愛かったです。すんごい笑ってるよこの子……(笑)
だって電車に乗り遅れた人のリアクションって、もはやなりきりでもなんでもなく八乙女への壮大なる振りじゃないですか(笑)
薮のボイパもとても見事でしたが、あれは卑怯でしたね。お得意芸ですものね(笑)
でも誰よりなにより、それを見て大爆笑しながらも「乗り遅れたんじゃなくて乗りそびれてる」と冷静につっこむ田口くんが一番きゅんとしました。いつものことです。

いやはやー、早くまたなにかドラマやってくれないかなー。
苦手な女の人が出てなければ喜んで見るので(笑)
出来れば面白い筋だと嬉しいですけど、まあそんなことは今のドラマには期待するものではないので(…)田口くんがいればもうそれでいいです(極論)


以下レスってみますよ。
続きを読む
2/11 KAT-TUNスタイル月曜
バレンタインウィークということでスペシャル?

淳「バレンタイン、好きですか?」
仁「バレンタイン……もらえたら好きです」
淳「もらえたら(笑)」
仁「大きくなるにつれてもらえなくなるからね。もらえたらいいですね、今年は」
淳「まあチョコっとでもね。もらえたらいいと思いますね。……ということで」>自分でさらりと流す

バレンタインモテ男スペシャル。
そういうわけで、嫌な予感的中一週間電話。
と、いうわけで今週は書くことなさそうですー。

……こんな企画考えた奴消えてしまえ……!

トリュフは溶かしたチョコを固める次に簡単だろうという呟きを秘めつつ、やっぱりごめん。なんか気持ち悪いよ電話の相手みんな……。変な前振りとかマジいらない。
わざわざ「田口くんってぇー今四戦四敗なんですよねー?」と収録の様子も放送日も考えずに知ったかぶりで言うものだから田口くん自ら「五戦五敗」と訂正し、それを気にせず「それを踏まえた上でぇー、赤西くん」だ、そうです。
……面白くもないし不愉快だ。というか壮絶に気持ち悪い。
なんで毎回こんな人ばっかりなんでしょうか。こんな人たちしかいないの?

そして罰ゲームはまた一人だけが楽しいキムカジだそうです。
かじられるんですって(呆)

今日は手でした。
かじるだけじゃなくて舐められました。
ていうかそれ、趣味ですか?
……誰か田口くんを守ってください。ていうか、それファンにとっての罰ゲームだよ……。

月曜だけでも多大なるストレスだったのに、今週はもうなんの希望もございません。
夢も希望もないひどい一週間だ……(絶望)
サムライinしょーねんくらぶ
待ちに待った田口くんゲストの回~!
とっても行きたかったけど最近のJrファンは恐いので行けずじまいでずっと待っておりましたこの回!
初っ端から出てきてくれて嬉しかった!金髪ストレート可愛かった!萌え!

そんな少クラ、私的に明暗がわかれていて思わず編集したくなりました。
ってことで愚痴だけ先にまとめ!
まず、言っちゃあなんですが橋本程度に愛のかたまりを歌われたくない。
薮様だって好きだけどまだ歌えないと言ったこの曲を歌われたくないのー。ていうかまあぶっちゃけキンキ以外に歌われたくないんですけど……とにかくすごく嫌でした。例え企画とはいえ。
あと、毎回謎に目立つ登場をする小阪も。なにがどーかは知りませんが、あの一曲分他の人に回したらどうかと思います。
キスマイも見るたび悪化していきますね。初期ならともかく今のこの人たちにKAT-TUNの衣装も着られたくないし、なによりファンがひどい。ぶっちゃけ下品。人が話してる時に聞かずに騒ぐって、失礼にもほどがあります。まあM.A.D.もなかなか同レベルですが。
京本は大事な登場のシーンに被るし、屋良も相変わらずだし。
なにより中丸がなぁ……。
前の出方と手の抜き方を覚えるのは別に忙しい芸能人としてはいいんでしょうけど、もう少しがんばろーよー。昔に戻ってとは言わないけど、よろしくない傾向ちらほら。
なにより田口くんに対する態度が。合わないなら合わない、ぶっちゃけ嫌いなら嫌いでもういいんですけど、シャレにならないし面白くない。

との不満を抱えつつ気持ちを切り替えて。
前のトークから例の衣装で出てきた田口くんに驚きとときめきを覚えました(笑)
あんまりちゃんとアップでじっくり見たことなかったので、あんな衣装だったっけと思いつつ、髪形の違うサムライもこれはこれでいいかもと。
そして久しぶりのサムライパフォーマンスも素敵~。
もうこれから新しい映像は見られないのかと思うととても残念です。
一度CDのようなKAT-TUNの他メンバーの声入りでパフォーマンスしてほしかったです(笑)
ていうか亀梨さんと上田さんのはりきり掛け声が超好き(笑)

コーナーの方も、なりきりの例は赤ちゃんじゃなくて彼女の方が見たかったっす。
リアルじゅんのこちゃんー(笑)絶対いらない臭い芝居をしてくれたはずなのに。やっぱり構ってくれる人がいないと活きないですよ。無視するならちゃんと無視してもらわないと。
横山師匠~!せっかく一緒に出たんだから一緒のシーンが見たかったですよー。もったいない。
ラジオの方が扱いがいいってどういうことだー!

さて。これからなにを糧に生きていこうかな……。
2/9 KAT-TUNスタイル金曜
今夜の指令「好きな女の子と二人きりのエレベーターが停まってしまいました。恐がる彼女に声をかけてください」
淳「……なにしよっか?」>男前の声で
仁「……ぶふっ(笑)」>思わず吹き出す

仁「KAT-TUNの赤西仁です」
淳「また三連休だがやー」
仁「あのぉー……(笑)なにしようとしたんすか(笑)」
淳「えー?(笑)いや、トランプとか」
仁「あ、色んなことを?」
淳「色んなトランプ。セブンポーカー……」
仁「でも実際停まったらどうする?マジで」
淳「とりあえず、逃げる」
仁「逃げれない」
淳「逃げる道を探す。一緒に。『俺の上に乗って(男前声)』って」
仁「……はい(笑)」

「なにしよっか」がかなりのいい声で、ちときゅんとしました(笑)
行き過ぎなきゃかっこいいんだよなー(ぁ)

今日はふつおたー!……のはずが。
なぜかリスナーに電話(大号泣)
今日のMステの女大増殖並みのショックです……。

ぶっちゃけ、大体話し方というか、ハガキの書き方で誰が好きかわかりますよねぇ。一年半以上聞いてきた人の書き方じゃねぇ(ぼそ)ほら、こういう人一気に増えたから……。
別に田口くんがオチに使われるのはいいけれど、なんだかなぁ。
基本的に赤西好きは押せ押せが多いと感じる今日この頃。我が強いおなごは苦手。


赤西仁の掴みネタ【どうも、チンパンジンです!】>爽やかに
仁「却下(笑)……なんかチンパンジーみたい、本当に」

周りが言うのはいいけど、自分で言うのは恥ずかしいよね、赤西くんが言ってるところを想像出来ない、と言いつつもいつも通り振る田口くん(笑)
一人満足げに終了。

それにしても週の最後にひどいショックを受けました……。
来週の月曜はちゃんと近況話してくれるといいなぁ。
えむすて。
もうKAT-TUNの周りの人は阿呆しかいないんじゃないかと思います。
どうしてこの周りに女が群がる形式をたびたびやるのかわかりません。見ているこっちはうるさいし見えないしで不愉快ばかりですもの。
歌を聞かせてくれ。FIVEを見せてくれ。

ということで歌のシーンは予想していなかった頭の悪いスタイルでだいぶショックを受けました。
昨日に引き続きひどすぎる。

そういうわけで今日はトークの部分だけ。
少し落ち着いた髪色になった田口くん。先週よりかはまだ具合が良さそうで良かったです。全体の雰囲気が少し変わっていたので、なんかあったのかなー。
そしてなんだか今日はちょいちょい田口くんに話が振られてるみたいで。
だったらどうしてこんな席順なのかはいまいちですが、まあいいか。田中さんがおしゃべりなのはいつものことだ。

歌が終わった後、小窓で田口くんがみんなに水を配っている手が映っていてちと面白かったです(笑)やっぱりその立場なのですね、まだ。
で。で。
今日一番びっくりしたのはやっぱり亀梨さんのちょっかいでしょうか。
今回タモさんの後ろに座った上田亀梨田口の実はちょい珍しめのスリーショット。
そこで亀梨さんがおもむろに手を伸ばし田口くんの前髪をぐしゃ(笑)
もそもそと戻して分け目を作る田口くん。再び亀梨さんくしゃ(笑)やっぱりもそもそ直す田口くん。
思わず「かーめーなーしー!?」と叫んでしまいました(笑)
なんかこういうの最近なかったのでびっくりしました。珍しい。
ていうか、髪に触りだすとコーイチ病が悪化したとみなしますが大丈夫ですか亀梨さん(笑)
きっと亀梨さんも疲れてるんだろうし、田口くんもあまり具合がよろしくないんだろうなぁとは思いますが。

それにしても堂さんって髪型で今日は気合入ってるかすぐわかりますよね(笑)
なんでもない時はほとんどセットしてないくらいのだらーんとした感じなのに。
でも順番間違えないでちゃんと司会してくださいねー。髪型整えてる暇があったら練習してくれ本業。

さーて後は音楽戦士ですね。
……なんか、今回のプロモーションの中で一番めざましが良かったんじゃないかと思ってしまうほどアレなのが続いていますが。
元からなんの期待もしてないのに、みんな裏切っていくのはなぜ?(汗)

追記。
コーイチさんの名前を書いたらその名前オンリーで検索してくる人がやたら来て恐いのでカタカナ表記に変更。
毎回思うんですが、こういう人って毎日名前オンリーで検索して、上から順になにかを探しているのでしょうか。恐すぎる……(泣)
2/7 KAT-TUNスタイル木曜
今夜の指令「電車に乗っていたら隣にいた人が寝てしまい自分の肩に寄りかかってきました。その時の反応をお願いします」
淳「ちょっ……んー……すいません、あの、大丈夫ですか。……バカヤロー!」>最後は甲高い声で

仁「KAT-TUNの赤西仁です」
淳「キテレツ大百科です」
仁「あのね、なげー、前振り(笑)最初からそうやれよお前」
淳「ですね。一発で良かったって感じですね(笑)」
仁「一発で良かったです今の」
ってことで、地味にダメ出しくらいました(笑)

っていうか昨日のラジオで田口くんのリップ音聞いてから、LIPSでの亀梨さんのリップ音(チュって音)が恥ずかしくてたまりません(笑)
どーしてくれるー。

もう恒例になったのか「していていまーす」なこのコーナー。
『西口仁之介!』
Q「すぐにお腹が鳴ってしまいます。なにか解決方法はありませんか」

淳「たぶんさぁ、お腹が空いて鳴ってるんじゃないと思うよ」
仁「なんで鳴んの?」
淳「消化してる音が出るんだよ」
仁「あー、そういうことね」
淳「まーでも解決方法ありませんかって、ないよね」
仁「これこそ生理現象でしょ」
……なんだか赤西さんが「生理現象」と言うたびに、覚えた言葉を一所懸命使いたい感じがして反応してしまいます(笑)
いや、これは合ってるんだけどさー(もぞもぞ)
そしてその後休み時間のたびに水を飲んだりしてみてはどうか、という案を田口くんが出すがいまいち。
ということで赤西さんが「あえてネタにしてはどうか」という案を出します。
仁「最初はからかわれるかもしんないけど、そのうちなんかすごい普通に」
淳「鳴った瞬間『あ、お腹なっちった♪』とか」
仁「うん、そうそうそう。なんか可愛らしく」
淳「……可愛かった?今」
仁「え?」
淳「可愛かった?」
仁「誰が?」
淳「俺」
仁「……うん。かわいいかわいい(棒読み)」

ちょっとその言い方が可愛かったんですよ田口くん……(照)
可愛かったって聞くかお前……。かわいいよー(結局)

Q「小さな身長の私に、バスケで役立つプレイの仕方がないでしょうか」

ここではバスケ経験者の田口くんに意見が求められます。
「ディフェンスはしょうがない」という田口くんに「ディフェンスしなければいいってことですか?」という極論を持ち出す赤西さん(笑)
そして攻めで生かそう、クイックな動きをしようと田口くんが言えば。

仁「宮城ですね、SLAMDUNKの」
淳「そうそうそうそう、リョータね」
仁「宮城リョータですね」
淳「そうそうそう。そういう、……上通されちゃうもんね、よくね。リョータも」
仁「そうですね」
淳「でも攻めにはやっぱりこう効く、みたいな」
……バスケをやる小さい人と聞いて同じことを思った人挙手。はい(即挙手)
いや、私はミッチーが好きなんですけど(関係なし)

淳「(赤西くんは)バスケとかやんないっしょ?」
仁「いやいや俺バスケやりますよ」
淳「ウソー?」
仁「やーるーよ」>この言い方がすごく赤西さんっぽかった(笑)
淳「サッカーじゃん」
仁「サッカーもそうだけど、バスケやりますよ。友達と」
淳「どこでやるの?ストリート?」
仁「体育館」
淳「体育館?」
仁「体育館でもやるし、ストリートでもやるし」
淳「へぇ、ちょっと意外」
仁「ホントに?」
なんか、このやりとりが本当に普通っぽくて良かったです。
赤西さんと田口くんが普通の雰囲気で話すって、ちょっと前からしたら奇跡の勢いですよ(笑)

ここから田口くんの「アメリカでやった?」という質問から、アメリカでのストリートバスケの話に。興味津々な田口くんが可愛かったっすv

赤西仁の掴みネタ【赤西人事異動】
仁「却下」
これを言って司会者側に移動して番組を進めてください、と言われ「他の事務所の人も巻き込む感じになるんで」と改めて却下。

淳「明日も頑張ろうね」
これもほんっと普通のトーンで。なんかあまりにも普通に会話してるのが変で面白いです(笑)
さーて、明日は週のラストだー。
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.