FC2ブログ
はぴば。
かめたん、お誕生日おめでとう。
最近かわいー役が多くて楽しくて好き度がさくさく上がっているので、今度はかっこいい役で私の心をさらってやってください(笑)
たまにする(特に野球のシーンでバッターボックスに立った時なんかにする)「ひぃい!」とおののくほど鋭い目が怖くて大好きですv
ドラマが終われば舞台とボクシング続きで大変でしょうが、頑張って頑張り過ぎないようにしていただけると見ている立場としては安心致します(笑)
荷物が重かったら時には下ろして、変なのに負けないように強い心でいられることを願います。

そして田口くんのこともよろしくお願いします(笑)
ラジオにも来てくれますようにー!
続きを読む
スポンサーサイト



2/22 KAT-TUNスタイル金曜
淳「罰ゲームなんて、怖くないぜッ!」

の、妙なテンションで始まった今日は罰ゲームの日。

仁「田口くん今日は罰ゲームです。罰ゲームはこの後発表と言うことで」
淳「全然大丈夫。どんなの来ても大丈夫」
仁「あ、ホントですか」
淳「もーテンション!」
仁「え?」
淳「テンションプリーズ!」
仁「テンションプリーズ」>とりあえず繰り返す
淳「イェーイ!」

そんな感じに、田口くんは初っ端から妙なテンション。
罰ゲームは、「絶対すべらない話」
もし万が一話がすべってしまった場合、キム全部が待っているそうで。
まどろっこしい!ただやりたいだけだろう罰ゲームを!>すべらない話がすべる前提

そういうわけで話し始めた田口くんの話。
スキーの話だったんですが、オチもなにもないお話でした。ちーん。

仁「なぜ田口くんがすべらない話で今の話をしたのかまったくわかりません」
淳「いや、すべって転んだ話だから……」
仁「……そっかぁ」>まるでダメな子供に対するお兄さんのような言い方
淳「うん」

そして罰ゲームをされる場所を選ぶためサイコロを振ることに。
仁「これでもう1出すんだよな?」>言い聞かす口調
淳「1は出ないよ」
仁「出すんだよ」>優しく強制

そして出た目は赤西さんが「マジつまんねー」という6。手でした。
でもさすが赤西様、ただの手じゃ済ませません(笑)

仁「あーっそう。……間とか。間とか。指の間とか」
と要らぬ助言をし、中指と薬指の間と言う微妙なところに罰ゲームを受けることに。
今日も悲鳴と笑い声が響いておりました……。

その後、最後のキーワードを言い終えて。
仁「……俺まったく繋げること考えてなかった……」
とうとう赤西さんが素直な気持ちを暴露してました(笑)

来週の月曜日は近況がいいな!ずっとそれがいいな!(心から)
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.