うたうつよち。
普通の歌を歌っている剛さんが見たくなって、おもむろに昔の堂本兄弟を再生。
いいわーなんて思って見ていて、ふと気づいたこと。
「ここでキスして。」「My sweet Darlin'」「はじまりはいつも雨」
……なんとなく、ストーリーになってる気がしなくもない(笑)
ていうか、タイトルと歌詞を含めて、これを今年聞くとまた違う意味に聞こえるのね……。
いや、でも何回聞いてもいいなぁ剛さんの歌声は。
しかも女性詞に声が馴染んで不思議な感じで面白い。
女性シンガーのカバーアルバムとか出してほしいけれど、無理なんだろうなぁと思いつつ、とりあえず今はなにを心待ちにすれば良いのかなぁ。

そんな風に思いつつ、はじまりはいつも雨を聞こうと思って見ていたら、ぱふゅーむの回のわりばしにぶふぅっと吹き出しました(笑)
光一さんの「堂本剛」のイントネーションがすごい好きです。光一さん独特の言い方にきゅんとする。
そしてKYのクイズにて園田くんに拘る剛さんに「園田くんから離れて!」と怒鳴る光一さんにもきゅん(間違い)

そして目当ての曲にて。
……カメラワークがさ(笑)意味深と言うかなんつーか。
でも剛さんの後ろにギター持ちの光一さんという絵面はなかなか見られないのでとてもよろしいかと。

こんな風にキンキが歌うかアーティストとセッションしてなんぼだと思うんですけどねぇ。せめて歌えない人の回は歌うとか。中途半端な人を呼んでその下手なカラオケを見るのは嫌なのー。
まあ歌う人が歌うためのバックが出来ているかと言うと編曲のせいでまあ遅いし違うしであれなんですが。
後ろが出来ないならカラオケでいいと思うんだけどなぁ。
ふっつーに歌ってる剛さんが見たいのー。

とりあえずlOve in the Φを踊ってる映像が見たいのに、プレミアムでやったちょっとしか映像がないのが辛いです。
早くDVD見たいなぁ。
……出るのかなぁ(汗)
本当にちょっぴりラジオ。
亀梨和也(仮)なんだかけーすばいけーすなんだかわかりませんが、とりあえず。
最初聞いていて、どっぷりファンじゃない私にはこりゃ無理だーと音を上げてお風呂に入っていたんですが、いつもの時間だけはせめて聞こうとラジオを点けてみると田口くんのソロが。
本人たちのラジオよりフルでかけよった(笑)
で、そのソロの後に亀梨さんが田口くんの話をしていたので、もしや出たのかなーと録ってあったのを聞いてみたら、田口くんもそうですが聖さんも出ておられたのですねー。というかまあ電話ですが。

亀梨さんの真似がうまい人な感じで電話をかけてきてたんですが、途中まで一位だった聖さんの物真似は「オッケィ」でした(笑)
しかも最後、ありがとねーと電話を切る前「はいよー」と答えたイントネーションが錦戸さんとそっくりでした(笑)

そして田口くん。
の前に、男の子が亀梨さんの真似をして、その中で「畑中耕作が絶対言わないセリフ」というネタで「ミスター淳之介!」というのがあったんですが。
そう来るとは思っていなかったのか、思わず吹き出すような亀梨さんの笑い声。
その子がお姉ちゃんと考えた、と言うと
「シスター淳之介?ちょっと面白かった(笑)」
シスターアンジェラと混ざってるよ亀ちゃん(笑)
でもなんだかお気に入りのようで良かったです(笑)

そんでもって……やっぱりダメなの、亀梨さんと田口くんの会話。どうしてここってこんなに恥ずかしいんだろう(真っ赤)
たぶん亀梨さんの声がニヤニヤしてるからだと思うんですけども(笑)
なんつーかもう光一病な気がしてならないんですが、あんまり言うと怒られちゃうんで推測の域で終わらせておこう。
そして例によってやっぱり普通に書くのが恥ずかしいのでそのまんまレポート。

和「じゃあ、続いてのチャレンジャーです。もしもーし」
淳「もしもーし」>やけに明るい声
和「お名前は」
淳「えーっと、田口淳之介、東京都在住、22歳でぇーす」
和「……田口、くん、東京都お住まいの22歳」
淳「はい♪」
和「きみは、田口くんは、じゃあ淳之介くんって呼ぼうかな」
淳「あ、はい」
和「淳之介くんは僕の真似が出来るという……」
淳「いやぁすっごい出来ます♪」
和「すごい出来るんすか(笑)」
淳「はぁい」
和「なんか後ろでなんか、ビリヤードかなんかの音が聞こえますけど(笑)」
淳「ちょうどビリヤードやってたところなんです♪」
和「ビリヤードやりながらじゃあ、今日はラジオ聞いてくれてると」
淳「そうなんですよー」
和「淳之介くん、ありがとうね」
淳「いいんですか、僕で」
和「ありがとうありがとう淳之介くん」
淳「はい」
和「それではさっそく亀梨和也の物真似に、いきたいと思います」
淳「『んーあ、僕は亀梨和也だよ。んあ、ホントに、今ビリヤードがビバリーヒルズでは流行ってて、んあ、たまんないね』」>某青春白書キャラ風
和「(笑)ありがとねー、田口淳之介くん」
淳「ううん、全然大丈夫だよ」
和「どうもありがとうございましたー」
淳「緊張したよ、やけに(笑)」

そしてその後の曲紹介でも笑い混じりな亀梨さんでした(笑)

そんでもって後のKAT-TUNスタイルのコーナーでも触れておりました。なんだろう、やっぱり声がニヤニヤしてる(笑)

ってことで、田口くんのことに関してだけピックアップしてみましたー。
やっぱり夏の場所好きだー。
KAT-TUNのえむすて。
淳ちゃん髪どうしたノー!というビビりで始まったMステですが(笑)
いや、ちょっとツンツンしててビビっただけです。色もちょっと違う?ていうか落ち着いた?
いやこれはこれで可愛い。むしろ良い。
そして髪型と言えば亀梨さん。なんかちょい短めのストレートで綺麗になってたんですが、なんかあるのかしら。この後のラジオのため?
そして王子がいらっしゃるので、田口さん常ににこにこしておられてかわゆいのでした。上田さんもなんかにこにこしてて、VTR終わりの口開いてる顔とかに思わず「かわいい~!」と叫んでしまった私(笑)

そしてトークの場面では光一さんがいるのでKinKi Kidsのバックについていた時の話を。
でもなんかカメラの切り替えがうまく行っていなかったので、赤西さんが話している時に亀梨さんたちの方が映ってたり、喋ってないのに映ってたり。
で、映ってない赤西さんが語ったのが白いケムリ(二酸化炭素?)の中に隠れていなくちゃいけなくて、死にかけたと(笑)
続いてLOVE SICKにて40℃くらい熱があって、後でテレビを見たら上向く振りのところで白目をむいてた~という話。
に「聖は出れたからいいじゃないですかー」と入ってきたのは田口くん。
その時同じくらい熱があって、リハーサルしていたら「光一くんにうつるからお前帰れ」と言われ、帰ってお家で番組を見たそう。
しかもその時は赤西さんとシンメだったから、二人で踊るところを赤西さん一人センターで踊ってて羨ましかったーというお話。赤西さんがちょいとだけ優しい照れ笑いのような笑顔をくれたので嬉しかったー。
いや、それにしてもこんな短い話の中できっちりと赤西さんの名前を入れてくる辺りさすがです(笑)
ていうか軽い笑いも取れたし空気も良くなったし良くやった!田口くんKY(空気読めた)だよ!

そして駄目押しで「田口今熱ない?大丈夫?」とちょいニヤニヤ声で入ってきた亀梨さん。
そこで珍しくすぐにその言葉の意図に気づいた田口くん「俺帰った方がいい……?」と泣き笑い(笑)
そんな感じで今日は珍しくおいしかったのでした~。やったね田口くん!本当、ここで喋るなんて超珍しい(笑)

で、新曲の方ですが……。
なんか、アルバムの一曲っぽいかなぁと。昔のKAT-TUNっぽいと言ってたのでちょっと期待してたんですが。ううーむ。LIPSとこれと両A面なら、って感じ……?

きっと聞き込めばいい曲に聞こえるんだろうな。うん。
でも衣装はちょい可愛めでした。が、最近こういう系の衣装多くてあんまりよくわかんないんですけどね。
一発すげーアイドルしてる曲とか聞きたいなぁ。KAT-TUNのイメージってそうなんですけど。セクシー&ワイルドがどうしても私の中で定着しない……。


以下、いい加減ナカムラさん(違)に腹が立ったので愚痴!
もういい加減書かないと気が済まないので、ファンだとかなんとかで乗り込みたい人とかは見ないこと。
続きを読む
しんちゃんコラボ!
唯一髪の毛にツヤが入っているキャラとして王子が登場~。かすかべにやってきましたねー。
しんちゃんたちがKinKiの光一くん、と言っているのがなんかもそもそして恥ずかしかったです(笑)
でも思ったより喋ってて、そんなにすっごい違和感はなかったので良かったかなーと。
けどちょっとキャラ濃かったですよね。きっと「堂本光一」というキャラだったんだなぁと。ていうかヒガシ風?(笑)
いやでもなんか嬉しかったです。
しんちゃんありがとう~!
夢の国でしんどい。
剛さんが夢の国に……。
なんちゅーファンタジーな絵面ですか(笑)

ミキさんとかミニさんとか、並んでてもまったく違和感がない29歳(笑)
でもちょっと動きがやけに人間っぽくてうう、となりました。特にぷると。やっぱり夢の国の住人でも剛さんに会うと興奮するのかー。
しかもみんなすぐおててを繋ぎ、繋ぐ時はぎゅっと握るのね。
まあなんにせよ可愛かったです。
どうしてこれをキンキで行っちゃいけなかったのかさっぱりですよ。いやまあ騒ぎにはなりますけれども。
いつになったら出んのよ王子ー。
夢の国ならナチュラルにいれたじゃないのー(笑)

そしてその映像を見ているちょい現在のつぉしさんは激かわでした。あれは卑怯なほどに可愛いだろう。なんじゃあの生き物は。
あの髪型、普通の人が(特に女の子が)やったら絶対!(力を込めて)イタイことになると思うんですが、あの子がやるとどうしてあんなに可愛いのか。
いやいや、怖い。年々つぉしかわい度がめきめき上がっていくのが怖い。
どこに行くんだ30手前(笑)

うーん、でもやっぱりキンキの時のお顔が一番好きだー。
より輝きを増すために二人の仕事を……そろそろ力尽きる……ばた。
カートゥンKAT-TUN 4/23
釣りをする田口くんを見て、しみじみ「足なげーなー」と呟いてしまった私(笑)
ていうか、なぜに膝を揃えて座るのー。かわいいじゃねーかー。
でもって、第一印象の話で赤西さんの話になり、「赤西くんはぁ……」となにかを語りかけた田口くんを遮って中丸さんがいつものネタ、会った最初の会話が「俺目腫れてねぇ」だった、をしてしまったために結局聞けず……。
聞きたかったのにー。
ていうか中丸さーん。赤西さんと亀梨さんの第一印象の話やたら聞きます。ていうか、お母さんと一緒に走った話はもうみんな知っているので……あーうー。
同じ話をするなら頑張って面白くしようよー!がんばれよー。

そして、いかにつまらない話を面白く聞けるか、を試す赤西&上田コンビ。
赤西さんの話を「マジで?!」「高ぇ!」とわざとらしいテンションで聞いているうちに段々楽しくなってきたらしい上田さん、ご機嫌(笑)
その後上田さんがする話を相づち打って盛り上げる赤西さんに、逆になんだかテンションが下がっていく上田さん。
「お前がつまんなそうにすんな!」とつっこみ受けてたのがかわゆいv
でも最後はやっぱりケンカするのですね……。この二人は似てるようで似ていない感じ。

そしてお疲れの亀梨&田中は、移動中睡眠、場所に着いてもまだ眠かったのか、しばしお昼寝タイム。
亀梨さん、防波堤に寝てましたが危ないだろー。
ていうかそんなお疲れの二人にこの企画ってなぁ……。

んでもってやっぱりスタッフが出過ぎだー。画面に入ってる必要がないだろう。なんで最近の人はそんなに出たがりなんだろう。
そして5時間過ぎたからなんだっていう。着地点のない企画はいかがかと思いまーす。

この番組、毎回終わりが曖昧で、次の番組が始まるまでわからないんですよねぇ。ちゃんとここで終わり、って感じにしてほしいっす。
ていうかていうか!来週マシ・オカさんって本当ですか!
ヒロ・ナカムラですよーちょっとー!(テンション↑)
ええ、HEROES激はまり中ですけどなにか?(笑)
4/23 KAT-TUNスタイル水曜
ただの感想!

田口くんの関西弁って、本当に腹立つ!(笑)
というわけで今日は大阪なりきり対決だったんですが。
なんでだろう。しょいでそれっぽい感じのニュアンスで頑張ってたはずなのに、なんの馴染みもない!かちんとくる!
いや、一所懸命喋ってるのは可愛いけどさー>結局

田中さんはどこの地方のなりきりもそれっぽく聞こえますねー。広島が一番らしかった気がします。ていうかなんかマフィアっぽい(笑)

でもって今日はシングルに入る田口くんのソロがかかりましたが!
なんか、踊る系でもなくイロモノ系(笑)でもなく、普通に歌い上げる感じですよ。
なんとなく嵐っぽい感じ?この前の亀梨さんのソロっぽいというか、爽やかだけどそれだけじゃない新しい方向だ。
タイトルが地味っぽかったんでどんなかなーと思ってたんですが、これはまた予想外。でもいい。なんかいいです。
シンプルな服装で軽く踊ったりしてくれるとかなりやばいかもです。ステージングが楽しみ!

いや、うん、でも確かにKAT-TUN内じゃ田口くんの分野かもしれないなこの曲は。
うふー、コンサートのDVD化が楽しみだ(気が早すぎる)
さとみさんと光一さんpart2
そういうわけで、何気に楽しみにしていた「石原さとみSAY TO ME!」第二弾~。
まずはパズルのお話から入り、さとみさんが一番好きだという「全部抱きしめて」を流していましたが。
パズル、ストーリーはともかくさとみさんの役が面白かったです♪
花パパ愛子ちゃんで吹っ切れてしまったからか、コメディな動きが可愛くて。
でも、役柄ストーリーキャスト色々つっこみどころは満載でしたけどね(汗)
とりあえず年に無理があるし、あれ、転校生じゃダメだったんだろうか。ちょっと変わったセーラー服とか似合うだろうに……。周りもきちんとした俳優女優さんつけて、時間帯が違ったらもうちょっと面白かったのになーと。

そして、ラジオ本編!
初っ端から光一さんが飛ばしてました(笑)
光「堂本剛です。どうもー」>ものっすごくナチュラルに
さ「ちょっと!(笑)逆に緊張します、ホントに!……逆にって言っちゃいました(笑)」
光「おいおーい(笑)」
さ「違う違う違う、ちょっと待ってください!(笑)」
光「剛の方が緊張すんのかー?(笑)」
さ「どっちも緊張しますって本当に!いやいやいや、待ってください(笑)」
光「すいません、光一の方です」

初っ端からものっすごいナチュラルに相方名を名乗る光一さん。
それに対してぽろりと本音(?)が洩れたさとみさんに、笑いが溢れておりました。ていうか、焦ってましたなさとみさん(笑)

そしてお久しぶりですねーという会話から。
さ「堂本兄弟でも、そんなにお話したわけじゃないじゃないですか」
光「(笑)」
さ「本番だけで……」
光「あのさ、これ逆に俺聞かせて」
さ「はい、なんでしょう」
光「ああいう時って」
さ「ああいう時っていつですか?」
光「そういう堂本兄弟のね、番組とかって、俺は本番が始まってからやっぱりお話をね、するんだけど。その前から話した方がいいの?」
さ「出来れば……(神妙)」

理由としては、話し掛けたら申し訳ないかな、本番に色々な話を取っておきたいな、ウザイかな、という気持ちがあるそうで。
「なに話し掛けとんじゃボケ」と思われるかなーと本番前は話し掛けないそうです。

さ「お二人ともそうですよね。KinKi Kidsさん、お二人とも。そういうわけじゃないですか?」
光「ええ、あの、二人とも根が暗いんです」
さ「そうなんですか?(笑)」

そんなイメージも、スシ王子のロケで変わったそうな。
光一さんの方から「堂本兄弟以来だね」と話しかけてくれたそうで「話し掛けてくれたー!!」とさとみさん。
そんなさとみさんの反応を聞いて「やるー、俺ー(笑)」と自画自賛の王子(笑)

ロケ中にも光一さんが外で使うクーラーを持ち込んでいたので、それにも当たらせてくれたーとか、光一さんらしからぬ(笑)素敵なエピソードがたくさんで、クールなイメージが変わったとさとみさん談。

話し掛けちゃいけないオーラがあった。クールな方かと、というイメージだったというさとみさん。みんなに言われる

さ「あと、Myojoとか雑誌見てても、クールな回答とかあったりすると」
光「ちょっと待って(笑)」
さ「すごい、長文な質問に対して一言で返してたりとか」>良く見てらっしゃる
光「そんな、Myojoとか読んでんの?!(笑)」
さ「だってスシ王子が決まった時相当読みましたよ!」>勉強熱心
光「ハッハ!(笑)そうなんだ(笑)だってさぁ、それどう答えんねんっていう質問とかあるやん」
さ「確かにそうなんですけど(笑)」
光「それを、さとみちゃんの場合はちゃんと答えるわけでしょ?」
さ「答えてます」
光「偉いなぁー。ほんま、偉いと思うわ。すごいわぁ」
さ「申し訳ないですなんか」

ということで、映画に入る前には緊張していたけれど、たくさん話しかけてくれたので楽しかった!本当に楽しかった!とさとみさん熱弁(笑)

メイクさんには朝の光一さんは機嫌が悪いから話し掛けない方がいいと忠告を受けていたそう。
そんな不機嫌なはずの朝、やけに声のトーン高めの光一さんを発見。どうやらその時はスタントの人に「ごめん、出番なくなるかも」と話されていたようで。
そんなスタントいらずで頑張っていた映画の宣伝をどうぞ、と振られ。

光「スタントというか、アクションはまあどうでも良くて(さらり)、スシ王子銀幕版の中の石原さとみを見れば一番面白いと思いますね」
さ「そんな(笑)いやいや確かに頑張りましたが(笑)」
光「それが一番だと思います」
さ「本当すいません。ありがとうございます!」

そして最後に
光「これは米寿司が、歌っております。声は俺なんだけど、米寿司です。歌は」
という振りで「No more」を流しておしまいでした!


友達の妹と話してるような雰囲気の光一さんが、普段あんまり聞けないので楽しかったっすv
さとみさんも、相変わらずテンションが可愛くて。
たぶん、この普段と違う雰囲気で話されているせいで、さとみさんが気に入らない人も出てきちゃうんでしょうけど(特にオバサマはね……)そんなじめじめしたものに負けずこれからも可愛くいてほしいでーす。
そんなわけで、さとみさんのラジオでした。

もうちょっと聞き取れたら、どんなもんやも書きたいんだけどなぁ……。
カートゥンKAT-TUN 4/16
なんだか全部の組み合わせが間違っている気がする……。
いや、写真とかただ話すだけならいいんだろうけど、これで行動するとなるとやりたいことがバラバラすぎると言うか……。

せめてもうちょっとなんか決まった行動をするならまだしも。
ていうか明らかに沖縄で調子に乗った感が!
ていうかていうかスタッフの声とか姿とかわさわさ出過ぎ!赤西・上田のチームなんか確実に三人目がいる。

……田口くんなら自らタイタニックごっこしただろうになぁ、とふと思ったり。←しかも喜んでノリノリで(笑)

とりあえず魚待ちしている田口くんの姿が可愛かったのでした。
そして子供と戯れる田口くん。
「KAT-TUNの中で好きなの誰?」と聞きつつ「亀?赤西くん?」と続いた問いになんか笑う(笑)
その後、ジャンケンで負けたために中丸さんのためホットココアを買いに、行くがあえて飲めないブラックコーヒーを買ってみる(笑)
が、飲めないと飲んだのを返されすぐにココアを渡したところ、ちゃんと買っておいたらしい。ブラックは自分で飲んだのかな?
ううーん、一瞬の冗談なのにフォローはしっかりとはさすが(笑)

ああーん、なんかどーにもこーにもならん!
だったらせめて三人に分かれてくれればなんとかなったかもしれないのに!
そして予告でも捨てられる中丸・田口コンビ……。知ってる。日テレは、組ませられるなら未だに極先の二人で行きたいんだろうと……(呆)
いいんだ。隅っこの姿を愛でるから。映してくれなくっても負けないもーん。
言いたいことだけ堂本兄弟
毎度毎度本当にどうしようもなく不愉快(ていうかすべてにおいてもう耐えられないくらい気持ち悪い)
なのでゲストにはノータッチで言いたいことだけ言うぞー。

まずフードつよさんがむっちゃ可愛いっす。
あれの三頭身フィギュアとか作ってくれたら買う(笑)
ちょっと具合悪そうな感じでしたが、フードっぷりがやたら可愛かったのでした。
そしてそんな剛さんがぴんくを着てたKinKi Kids合作オリジナルTシャツ。
ものっすごいナチュラルに着ている光一さんも素敵でした。ていうかこれからも普通に着てそうだ(笑)

そして深キョンの髪の色が本当に見事!
ドロンジョ様のために染められたブロンドが本当にプロ魂!って感じで素晴らしく感動いたしました。
綺麗なブロンドで、本当ならゴスロリっぽい黒いふわふわの服を着てほしかったです。その方が髪の色が際立ったー。
まあ女の子だからピンクのTシャツだったんでしょうけれども。……ん?つよしさん……?(笑)

田口くんにもあんな色の髪をやってほしかったのですー。
ああいうお人形みたいな、綺麗な薄い色の髪色が良かったのー。マニエー。

ああ、いやしかし。本当に比べるまでもなくさとみさん可愛かったなぁ……(しみじみ)
さとみさんと光一さん
基本的に光一さんのラジオはチェックしておらんのですが、さとみさんの番組に出るとなったら聞かないかんでしょう。
ということで石原さとみSAY TO ME!聞きましたー。
相変わらずさとみさん可愛かったです。なんだろうあの独自のテンション(笑)
前はとても苦手だったんですが、田口くん目当てで見たドラマにて愛子ちゃんの可愛さにきゅんとやられ、今や好き好きになっておりますが。
さとみさんって、ちゃんと「KinKi Kids堂本光一さん」「KAT-TUNの田口淳之介さん」と正しく呼んでくれるから好きです。
たまに年下でも芸歴浅くても初対面でもいきなり慣れなれしい人いるじゃないですか。最近はたまにじゃないか。
それが大嫌いなので、礼儀正しいさとみさんの喋りを聞いてるとほんわりします。

そのさとみさんと光一さんの会話はなんか面白かったです(笑)
光一さんが、なんかいいお兄さんみたいでかなり自然体な喋りだったのが珍しいと言うか。
呼び名が「さとみちゃん」なんだーと思えば、そうですよね。7、8歳離れてるんですもんね……おおう、そうか30前だもんな王子(今さらの現実)

にしても面白かったです。さとみさん可愛いなー。
なぜかいきなりフラワーかけるし(笑)
始終和やかな雰囲気の中、笑うさとみさんと感心する光一さんがずっと続いておりました(笑)

まずは初っ端から飛ばすさとみさん
「また似合いますねーマイクが」
と褒め、逆にラジオ好きなさとみさんに偉いなーと返す光一さん。
ラジオは喋り続けなきゃいけないから疲れる、と本当に疲れた声で言う光一さんに、さとみさんさらり。
さ「でも、コンサートでずっと喋ってたじゃないですか」
光「ああいうのはね……(苦笑)」
確かに年々喋る時間増えてますよねぇ(笑)


その後アクションシーンについて、「さとみちゃんでも出来る」と言い続ける光一さんと、感心しつつ心配するさとみさん。
しばし演技論を交わし合い、その後に映画の話に。
さとみさん「衝撃的」と一言。
普通にやったシーンに、出来上がったら「ハートとか元素記号が飛び交っていた」と。
いや、まあ、まともな映画じゃないからあれは……(ぼそ)

そして、なぜか真面目にやってるはずなのにリアクションがおかしいと言われたと言うさとみさんに。
「自分気づいてへんかもしれへんけど、石原さとみがあれをやったってのがおもろいねん。あれはずるい」
と語る光一王子(笑)
なんかその言い聞かせてるトーンが面白かったんです(笑)

あと、さとみさんが当たり前のようにパンチパーマの話をしていて、ちゃんと連ドラもチェックしてる辺りさすがだわーと思いました。ていうかもう呼び名堂本さんになってるし(笑)
そのパンチパーマの話から、流れがちょっと面白かったので羅列。

さ「あれ(パンチパーマ)は初めてでしたか?」
光「あれでもね、コントとかではね、かぶったことあるけど」
さ「コント、するんですか?」
光「コント、むかーし番組でやってたね。10代の時くらい……」
さ「へぇ~。つっこみ派ですか、ボケ派ですか」
光「えー……」
さ「それはやっぱり剛さん組むんですか」>ものすごく真剣に(笑)
光「えー、なんかね、トキオと一緒にやったりだとか」
さ「へぇ~(感心)」
光「番組でね」
さ「……私、すいません、なんか、どんどんと、スシ王子から離れていってる気がして……」
光「いいよ、離れていいよ」
さ「いいんですか?(笑)」
光「普通の話の方が面白いと思う」>ぁ
さ「大丈夫ですか?(笑)」
光「ハッハッハ(笑)」

この流れがなんか面白かったんです(笑)
さとみさんが、すっごく真剣に聞いていまして。それに対する光一さんがすごい適当な兄ちゃんみたいで素敵でした。
そういや昔はやってましたねー。コントと言えないコント。
今ぱっと校舎裏というか、学校コントを二人でやってた時の絵面が頭の中に浮かんできたんですけど(笑)
サッカー部の先輩とセーラー服が脳裏に……(懐かしい)

その後ニューヨークに行った話で「俺どこ行ってもどよーんとしてるからさ」との光一談(笑)

後はNo more(合ってる?)かけて今日は終わり。
ていうか、あの歌(明らかに険しい顔して踊ってるのが見える)を米寿司が歌ってるっていうのがすごい話なんですが。
そこに意地でもソロやるかという光一さんの抵抗具合が見えてとてもいいと思います(輝)

来週も楽しみだー。
4/10 KAT-TUNスタイル木曜
YES or NO
「動物園で真っ先に見に行くのはライオン?」
二人『NO!』
淳「合うねー、最近」
聖「合うねー」

聖「KAT-TUNの上野です」
淳「旭山です」
聖「動物園ね。……ライオンじゃない?」
淳「俺は、順序が書いてあるじゃないですか」
聖「あ、一緒一緒」
淳「あれの通りに行けば、ライオンは絶対最初に来ないんですよ」
聖「来ないね」
淳「絶対、まあ上野に関してみりゃパンダなんですよ」
聖「あ、そう。わかんない、上野行ったことない」
淳「(確認したのか)……違うね。違うみたいだね(笑)」
聖「東武動物公園?とかは行ったことあるけど」
淳「ライオンって絶対最初には見れないんだよね」
聖「いないね。こう、気持ちが盛り上がってきた所ぐらいにライオンがいるから。いやだから俺は、そうだね。基本的にライオンではないな」
淳「たいしてライオンより、俺トラの方が好きですし」
聖「元も子もねぇよ(笑)ライオンは好きだけど、最初じゃないね。順序通りだね」
淳「どっちかって言うと俺最初に行くのはペンギンとか」
聖「ああペンギンとかはいいね。可愛いね」
淳「ペンギン好きですよ」

田口くんが、亀梨さんにペンギンに例えられてからもうペンギンが好きで仕方ない私としては(このブログを見てもらえればわかるとは思いますが/笑)、本人がペンギンを見ている姿を遠くから観察したい次第でございます。
ていうかもうペンギンは萌えの域だ。あの魚を狙った時の鋭い動きと意外ときつい目つきが素敵(そこ?)
ケープペンギンが良いと思います。テンション上がります。はい、関係ないっす。

ってことで最終日になる木曜の今日は。
「~~バトル!」

今まで色んな選手権(優しさ、やらしさ、プリンス、ユーモア、戦国武将)をやってきたということで、今回もそんなバトルを決めようという今日。

例えばこんなバトル、と紹介したのが。

丸の内OL選手権(一週しかもたないとの聖談)
クール選手権(名前どおり寒く終わるかも)
校長先生選手権(より校長先生っぽいのは)
双子選手権(双子だったらなんて答えるか。「双子じゃないし」by聖)
スカイダイビング選手権(「スカイダイビング中喋れねぇから」by淳之介)
バイリンガル選手権(帰国子女だったらどう答えるか。日本語と英語のミックス?)
村長選手権(校長と被ってる)
アラブの石油王選手権(超金持ちだったらどう答えるか)

そしてその中から消去法(削除方/笑)で選ばれたのはバイリンガルと石油王。
その二つから本決定するために、聖(石油王)と淳之介(バイリンガル)でジャンケン勝負。

淳「なんか全然悔しくないんだけどなんか悔しい!」←負けた人

ということで来週からは「アラブの石油王(超金持ち)選手権」に決定いたしましたとさ!


明日どうしようかな!
おめでとう剛さん!
お誕生日おめでとうございます!生まれてきてくれてありがとうございます!
そんな今日は剛さんのお誕生日!

人生の半分以上を剛さんへの愛で埋めてきたこの身としましては、もうただただ剛さんが存在してくれているだけでいいという所まで達しました(笑)
もう29歳だなんて本当に信じられないのですが、いつまでも剛さんが剛さんで在り続けてくれる限り、遠くの方から応援し続けますので、頑張りすぎないで適度に色々なことを楽しんでいただきたいです。そうすればファンも安心~。
ていうか、なによりも剛さんが楽しいのが一番です!
あなたが笑えば私も笑う、そんな簡単なことでございます。

これからの剛さんの人生にたくさんの愛が降り注ぎますように!

お祝いは明日します~。

で、光一さん、プレゼントは……?(それは言わないお約束?)
カートゥンKAT-TUN 4/9
タキシード。
やっぱりかっちりした服装は淳ちゃんが似合うなぁなんて思っていたタキシード姿、冒頭からもうすでにタイをしていない人たちがいるんですが(笑)

実は僕○○なんです、というのを発表すると言う企画だそうで。
まずは聖さん「実は僕、ピアノが弾けるんです」
というわけでみんなの前で「エリーゼのために」を披露。すげぇピアノ教室の発表会みたいでした(笑)
案の定亀梨さんが「発表会に来てるお母さんみたい」と申してましたが(笑)

続いて中丸さん「洗顔の泡立てが神レベルに上手い」
そして引き合いに出されるためまずは上田さんが挑戦。
ていうか泡立てより、拳に出来たタコが気になりました。すげー。
続いた中丸さんの技。亀梨さんの「早ぇ、はえぇ!(笑)」のつっこみが面白かったです(笑)
そして出来た泡を突付きにきた田口くんの「ぷるぷるしてる」が可愛かった(ほわん)

続いて亀梨さん「12年前のジャイアンツに詳しいです」(笑)
そういうわけで、96年にいた選手の顔写真で、名前と背番号を当てると言うゲームに挑戦。
その途中物真似が出来ると真ん中に出てきた亀梨さん。
それを見守る田口くんの優しげな目線が面白かったのです。なんかね、すごい微妙に優しい目で見てるんですよ。はっちゃけてる子供を見守る保父さんみたいな(笑)

そして上田さん「山に捨てられたことがあります」
プロフィールの「温室育ち」が面白かったんですけど(笑)
厳しいお家だったため、テストで80点以下を取るとビンタ、その流れ?でぽいっと捨てられたそうです。ハードなお家だこと(笑)

続きの赤西さん「この中でサッカーが一番上手いです」
中丸さんが一番上手い、ということになっているけれど実は、ということで。
その言葉にむかっときた中丸さん。
雄「ヒールリフト出来っか」仁「出来ますね」雄「あ、そう……」
あっさりやり込められて(笑)勝負へ。

ていうか赤西さんのことならなんでもいいでしょ、田口くん(笑)マジボタン押しすぎ、興奮しすぎ(笑)
勝負になっても拍手するわ歓声上げるわ、完全なるファンがおるよ(笑)

そしてその赤西担の田口くんがなぜかとり、というかオチを。ていうかいつものように瞬間。
「こう見えて500円玉貯金してるんです」
聖「こう見えてって、お前500円玉貯金してるように見えるし」
という聖さんのどっちとも取れるコメント後、出てきた貯金箱。100万溜まるやつです。

仁「持ってから、のリアクションとってみて」
聖「……!」
なんか、微妙だったそうで(笑)
そして開けてみよう、ということになり(ひどすぎる)本当に開封。
上田さんが貯金箱を奪取し、赤西さんが田口くんを押さえ(人的に絶対逃げられないし逆らえないタッグ)そして聖さんが開けるという鬼のようなコンボ。
こういう時のチームワークだけがいいメンバー。

そういうわけで開封されてしまった貯金箱の中は、意外に溜まっていた4万5千円。
しかもなぜか賞金として中丸さんに渡される始末。
……ま、日テレだしねー(いつもの決り文句)


二人旅……、今だったら、他のメンバーなら誰だって良かったのになぁ……(心の呟き)
4/9 KAT-TUNスタイル水曜
YES or NO
「財布は二つ折りよりも長財布派だ」
二人『NO!』

聖「KAT-TUNのマイケルです」
淳「ジャネットです」
聖「おお!いいね。そっちついたね。予想外のとこついたね。ということですけども」
淳「全然僕は二つ折り派ですよ、ほら」
聖「俺も全然二つ折りだね。違う、一回長財布使ったんだけど、長財布ってポケットからちょっと出てるじゃん」
淳「出ますよね。中丸くんも長財布使ってるじゃないですか。やっぱはみ出ましたよね」
聖「はみ出るよね。それもオシャレにはいいと思うんだけど」
淳「ケツポケットに入れるとさぁ、座った時とかにさぁなんかこう、長財布だとこう、きゅっとしそうな感じがして」

ちなみに聖さんはお母ちゃんからプレゼントされたものらしいですよー。

そして恐怖の水曜のコーナーは!
「田口淳之介の宇宙にExcuse Me!」
聖「基本的に田口のコーナーが今までやっていたコーナーの拡大……田口のコーナーが今まで……はあ?!まんま読んだら訳わかんねぇよ(笑)」
てことで、内容はほとんど変わらないらしいです。

えーっと、予想どんぴしゃ……?(笑)
ちょっと規模が大きくなって帰ってきましたよ!!
そういうわけで、今日は試し斬り!

聖「ウィンカーを出さない黒塗りの高級車を斬ってください」
淳「黒っ!」

聖「……あ、そういう感じ?(笑)」
淳「ワハハハ(笑)全然なんも思いつかないし、全然わかんないし……。ごめんなさい、今のは失敗だと思ってください」


聖「コンビニの前でたむろしてるやんちゃな奴らをばっさり斬ってやってください」
淳「あー20M先のコンビニ行こっかな」

聖「……あ、そういう感じ?(笑)斬れてねーもんね。斬ってないもんね。逃げちゃったもんね、お前ね。斬ることからね」
淳「俺もいまいちブランクが……」


聖「アイスと雑誌を一緒に入れるコンビニのバイトくんを斬ってください」
淳「袋別々にしてもらっていいですか」

聖「あのーえーと……こんな感じ?(笑)」
淳「たぶんこんな感じですけど、二週間保ないかもしれないですね、これはね」
聖「大丈夫大丈夫。それは、ちゃんと俺が……これはあれだね、この企画は俺が頑張る企画なんだね」
淳「そうなんですね(笑)俺の名前はついてるけど」
聖「まあまあ、……あー、なるほどね。こういうことね」>企画趣旨を納得
淳「大丈夫ですよ。リスナーのはちゃんと真剣に考えます」
聖「ちょっ、俺のも真剣に考えてほしい(笑)」


そして今日も終わってエンディング。
聖「俺、ダジャリングの方がいいな」
淳「確かにね(笑)俺もそう思うんですよ」


淳「僕らのチームワークが試されると言う……なんでいちいち試されなきゃいけないのかわからないんですけど」
聖「しかも俺どっちかって言うとつっこみ側じゃねぇんだけどなぁ(笑)」
淳「(笑)」

そんなわけで水曜日はこれからも心臓に悪いドキドキデーになりそうです。
あの、コーナーで田口くんを困らすのやめませんか?(涙)


どうでもいいけど、かつスタ始まる前のハガキネタで「メタルスライム、実はアルミ製」にちょっと笑いました(笑)
4/8 KAT-TUNスタイル火曜
YES or NO
「自分の部屋にポスターを貼っている」
聖「YES」
淳「NO」

聖「KAT-TUNのツバメです」
淳「ヒバリです」
聖「はい、ということですけども」
淳「ねぇ。ポスター……(なにか言いたげ)」
聖「自分のは貼ってないよ。さすがに」
淳「自分のは貼ってないんすか」
聖「ジャニファー・ロペスさんを……」
淳「なんで?」
聖「わかんない(笑)なんか、違う、最初そこに越してきた時にまだカーテンがなくて、でもベッドの真横に窓だから、これ光入ってきたらうざいだろうなぁと思って、窓にポスターを貼っただけなの」
淳「それが未だに?(笑)」
聖「カーテンが来るまでの間ね」
淳「ジェニファー・ロペス……どんな写真ですか?じゃあ」
聖「セクシーな」
淳「セクシーな(笑)」
聖「セクシーな。それはちょっと惚れそうな感じだったんだけど。……(田口は)貼ってないんだ?(意外そう)」
淳「僕は貼ってないっていうか、額縁には入ってるんですけど、自分のポスターが(さらり)」
聖「……?!」
淳「まあかかってはないですね」
聖「ああ、びっくりした。予想外だった、今(笑)」

メレンゲでも見せておりましたね、自分のポスター入り額縁(笑)
しかも普通のクローゼットに衣装が入っていたと言う……(笑)
普通に貼ってるのと額縁に入ってるだけど、どっちがマシなんだろう……。

火曜日は「田中口研究所」
田中聖と田口淳之介、二人の違いを研究していくコーナー。
田中聖はこうする、田口淳之介はこうする、というイメージ予想を送ってもらって検証するそうです。

例えばボーリング場では
田口「空気が出るところで髪をセットしてそう」
聖「他人のレーンのピンを倒してそう」

牛丼ならば
田口「二時間ぐらいかけて食べてそう」
聖「紅ショウガを牛丼の二倍ぐらいかけてそう」

てなイメージを予想するらしいです。
リアリティではなく、あくまでイメージ(二人のギャップ)を面白く!ということだそーです。
つまりは「マッパ・ジンジンジン」の元からネタバージョン……?(シーッ)

説明だけだったので今日は歌長めの話短めでした。
さて、なんとなく明日のコーナーが怖いかなー(笑)
4/7 KAT-TUNスタイル月曜
オープニングYES or NO
「メールの返信をする時、『Re』は消す?」
二人『NO!』

聖「消さないよな?」
淳「消しませんね」
聖「消さない」
淳「件名全然触らないです、僕」
聖「だから、Reってついてて、もしかして件名に題名入れる時は消す。それぐらい」
淳「俺はもう絶対に消さないですね。件名すら書かないもん、滅多に」
聖「あっそう」

リニューアルして一週間、コーナーが始まりました。
ってことで月曜日は近況報告~。

聖さんは舞台中ということで、ほとんど出かけてないそうで、その代わり(?)自転車を買ったそう。
その自転車はパーツで買って組み立てる、というものらしいです。
自分だけのオリジナルだけれど、乗り心地は最低だそうで(笑)
その自転車の話から、田口くんからさらりと赤西さんの名前が(笑)自転車とイコールなのか(笑)

淳「前、自転車のパーツ赤西くんにあげてなかったっけ?」
聖「あげた。サドルあげた(笑)」
淳「サドルあげた(笑)」
聖「ペダルもあげた(笑)」

そして乗り物と言ったら繋がりで田口くんが最近スケボーをやっていると!びっくり。
しかも聖さんがボードを持っているのを目撃しているそうで。
しかしなんのタイミングで今スケボー?(笑)

その後ハプニングは、という振りでやっぱり舞台中の聖さんはその舞台の話を。
聖「舞台中のハプニングは、そりゃ多々あるよね。だいっじな噛んじゃけないとこ噛んだりとか」
淳「またやってんのー?(笑)」
聖「やってんねー(笑)一回に一回は絶対やるね」

で、田口くんが見に行ったよーという話もちらっと。

そして春だからということで桜の話をば。
また花見をしていましたが。
聖「花見好きだねー」
淳「KAT-TUNでやることはほぼないでしょ」>たぶん赤西さんのお言葉を受けての言葉
聖「ない(笑)120%ないでしょ(笑)」
淳「120%……うーん……」
聖「二人とか集まる可能性はあったとしても」
淳「切ないよね」

それから何度も自分の家からは桜が見えるというプチ情報を口にする田口くん。
やっぱり田口くん、みんなを家に集めてお花見計画まだ諦めてないご様子なのですが(笑)
ないと言い切られてちょっとしょんぼりな感じでした。やったら面白いのになー。

淳「家からは桜たくさん見えるんで」
聖「まあ御殿だもんな……あ」>(笑)
淳「お前来たっけ?まだ入ってない?」
聖「入ってはいない。『前は(二人綺麗そろう)』、行ってる。前には二、三回行ってるけど、家ん中は入ってない」
淳「まあ、花見下ろしをしようかな、と」

田中の聖さん?(笑)それはあれですよね。あの大爆笑トンチンカン週刊誌ネタですよね?(笑)
確かに田口くんのお家は桜御殿でもうインプットされてますけど。
その後の明らかにやばいって感じの「あ」が面白かったです。まああれは確かに突拍子もなくて笑えたけどなぁ……。一体なんだったんだろうあれ。まあ女ネタじゃない本当のネタは確かに面白かったから、言っちゃってもしょうがないっちゃしょうがないんですけど(笑)

そしてその後花粉症の話へ。舞台中は困るよねーと共感しあってました。


まだ再会して間もないからか、それとも前の二人からのギャップか(笑)聖さんがやたら話を聞いてくれるし相づちを打ってくれるので、うわーってなります。
基本的に田口くんが誰かに優しくされると感動する(笑)

そしてやっぱりアポなしテレホンはやめないんですね……。
というわけで、たぶん月曜が電話になった時点で感想書くのやめると思います。
とりあえず今週は新コーナーの様子見~。
最初から期待なんかしてないもん(涙)
知ってるよ、ここのプロデューサーはアレな人だって。
人のささやかな期待さえぶっち切って下を行く人だって。

たった一時間でいい。
普通に二人旅をさせてください……(涙)

二人がいればなにもいらないのに、しまいには引き離す始末。
もう頭が悪いとかのレベルじゃないや。なにかの陰謀か。

しかも今かなりかわいこちゃんレベルの高い剛さんにあの帽子……。
こんな寒い時に海にも入れさすし、本当になにを考えてるのか……。
空気の読めなさ加減のひどい黄色い人も……。


ただ、外にいる光一さんが、普通の男の人なのがなんか珍しくて(笑)
外で二人がちょっとだけ並んで歩いてると、なんか不思議だけどとても幸せになりました。自然体素敵。
そして採ってきたアオサ、という説明をぶっちぎって「アオサ汁……」と呟きさっさと飲んでしまう光一さんも素敵(笑)
いつかの豆乳鍋を食らった時と同じ勢いでしたけども(笑)

Tシャツを作っている時も、剛さんの番の時に「これ今(ペダルを押して)回したらどうなるかな」とにやりとしながら呟きつつも実際にやらない男前王子。

で、意味は特にわからないけど沖縄版の番組テーマ。
よくあんな歌詞で声が揃うなーと感心しきり。さすがですね。
でももっとちゃんと旅してる所が見たかったです。喋ってるところもあまり聞かせてくれないし。
二人が二人でいれる番組ないからと思って……!
まあ、じゃあ逆に過去にちゃんとした番組があったかって言われると、なかなか思いつかないんですけどね……!(滝涙)


……で、また来週来たよあのエセが……(呆)
もう勘弁してよしょーもないゲストを回すの……(本気で涙)
たぶん今日だけ感想。「亀梨和也(仮)」後半戦。
そういうわけで後半戦。アレなんで二つに分けました。
KAT-TUNのアイドル亀梨和也としてのコーナー。
ていうかKAT-TUNスタイルが乗っ取られた……(汗)かつスタのタイトルに個人名ついちゃったよオイ。代表もされたー。

ともかく。テンションを上げていこうじゃないかー!
ってことで、KAT-TUNの亀梨和也の目線からメンバーを語る!

そゆわけで今回はかつスタの二人を語られておりました。二人ずつ語るのかな?
考えて語ってるからなんでしょうけど、やっぱり声がかなり低めの亀梨さん。渋いけど、もう少しトーンを上げていただけると、聞くのにとても助かりますです。はい。

まずサムライがかかって田口くんのこと。
私どうしても亀梨さんが言う田口くんの話が恥ずかしくてどうしようもないんです(笑)

あんまりになんか恥ずかしくてどうしようもないので、というかまとめられないので、そのままのセリフを羅列してみます(笑)

亀梨「というわけで田口。……田口はねぇ、まあちなみに同い年なんですけど、KAT-TUNを結成して、からはちょっと、遊ぶようになったというか。
結構ね、なんか、ビリヤードやってた時期があって、その時に田口が「ビリヤードやってるなら俺もやろうっかなー」ってビリヤード始めたりとか。そういった趣味が似てる。だから、仕事の合間とかでも、「ダーツ一緒に行こうよ」とか「ビリヤード一緒に行こうよ」とか、そういう遊びが非常に好きな田口なんで。そういうとこで結構、遊んだりしてるかなぁ。
ツアーのホテルとかでもね、結構田口と一緒の部屋が多かったりするんですけど。一緒の部屋で楽な点っていうのは、結構ね、女の子みたいに几帳面なところがあって。あれはなんでなんだろうね?
例えば二人でご飯食べに行こうっつっても、じゃあどこどこに何時に行って、その後どこどこで遊んで、みたいなのをきっちり色々な機能を使って調べる。本だったり携帯だったりパソコンだったりとか。
そういうのをしてくるので、非常に楽っちゃ楽なんだけど、俺はどちらかと言うと「あ、じゃあそこ入ってみよう」みたいなタイプの人だから……うん、すごいなぁ田口って思いながら、いるんですけど。
まあ誰でもそうなんだけど、メンバー六人でいる時とかとやっぱキャラクターもちょっとはね、違うから、そういう時に男田口をたまに垣間見るかなぁって。
たぶん、普段のこの月~木でやってる時とかに、「~~~!(真似がちょっと可愛い)」ってちょっと崩れたりとかしてることが多いと思うんだけど(笑)あれはね、ホント最近開花されたことで、それまではそういうキャラを、頑張って封じ込めてたんだよあいつは。
けどそれが最近開花して、すごい楽そうで。うん、非常に……逆になんか羨ましいなって、思う、感じはありますけどね。うん。
まあ田口は田口で、色々考えてやってるし、いい奴ですよ。はい」


そして次は聖さん。

亀梨「聖はね、ま、この間までドリームボーイズっていう舞台をずっと聖とやってるし、ドラマも、「たったひとつの恋」だったりとか、聖が主演のだった「特急田中3号」っていうドラマもゲストで出してもらったりとか。なんかね、仕事がしやすい、メンバーかな。
それはKAT-TUNで、別に誰が仕事しにくいってわけじゃないんだけど、なんだろうな、やっぱ二人とかになった時、メリハリだったりとかっていう波長が合う。ちなみに聖もB型なんですけど。
だから、舞台とかやっててもアドリブばーっとやってたその後すぐ、直後に真面目なシーンが出来たりとか。楽屋でがーっと遊んでても、呼ばれてぱっとスタジオ入ったら真面目にちゃんと芝居して、とか。そのお互いにたぶん緩みどこと締めどこが似てるのかなぁって部分が聖にはあって。
結構熱い奴だし、真面目だし、けど時に不真面目だし、みたいな(笑)ああ見えて結構ナイーブなとこもあるし。見てて面白いですけどね。
なんか、「俺についてこいよー!」ってばーって行ってたと思ったら、ひよーんってなって「よし聖行くぞ!」みたいな時もあるし(笑)
そんな感じで、聖も聖で、結構、真面目な話するかな。何気にこのメンバーの中だったら一番聖と真面目な話してるかもな。最近とか特に。仕事について話したりとか、するし。
舞台中もそうだけど、KAT-TUNの中で一番メールを聖とはしてる。……ていうか聖としかメールとかしない感じかな(笑)そんな感じでございます」


ってことで、普通にまとめたら面白くないのでそのまんまで書いてみました。
ダメなんだ。どうしても田口くんのことだけ恥ずかしいんだ(真っ赤っか)
でもなんか、昔に比べて言葉を選ぶようになったんだなぁって感じでした。かなり気を使った言い方を考えて言う時があって、下手したらすごく悪く取られそうな言葉をちゃんとフォロー出来るようになってるなーとか、ちょっと思いました。
田口くんに対して自分とタイプが違う、というところで「すごいなぁ」という感想に繋げてみたり、「仕事しやすいメンバー」という言葉に対してフォローを入れてみたり。

でも、だったらやっぱり普通にメンバーとラジオやればいいのになぁと思うところです。メンバー同士の掛け合いが好きな私としては。
そしてたぶん望まれているのはAさんに対する紹介なんだろうなぁと……(遠い目)
過剰にくっつけたがるその感じ、どうにかなんねーかなー……(もじょもじょ)

とりあえず今日はここまで!
疲れたからもうこんなことしないぞ!(笑)


そして、困った。来週聞くのどうしよう……ていうかKAT-TUNのことを話すならまったく聞かないわけにもいかず。後半だけ聞けばいいの?
厄介なことしてくるなぁ事務所とラジオ局……(滝汗)
たぶん今日だけ感想。私的「亀梨和也(仮)」前半
純粋(じゃなくても)な亀梨さんオンリーファンはUターンぷりーず。
レポは他でどうぞ。

初っ端からものすごい低いトーンで話されていたので、ちょっと大丈夫なのかと心配になりました。
あまりに低いとまず普通に聞き取れないし、なんか超深夜の空気に感じます。眠くなる……。

ということで、とりあえず前半はお知らせやらなんやらだったので言うことなし。
前半は亀梨和也一人の男として、そして後半はKAT-TUNというアイドルの亀梨として、という構成らしいんですが。
……あまりこういう言い方好きじゃないんだよなぁ。アイドルっつーもんが別に扱われるっていのがバカにされてる感じがして。最近そんなの多いけど。
そんなつもりじゃないんだろうけど、なんで全部で自分じゃいけないんだろう?どうして個人は別なの?Aさんもそうだけど、これ言うとまた乗り込まれるからなぁ。
グループで活動してようが個人で活動してようが、全部自分でしょうが。本当にプライベートなら見せなきゃいいわけで。
私にはわかりませんなー。一素人としての意見ですけど。そりゃ。
……あんまり言うとまた検索で来た人に突っ込まれる(ボケの意味じゃなく勢いの問題)からシー。

ってことで、前半の個人戦は自己紹介と、番組内容の説明、そして番組名の募集でした。
もしこれから書くとしても、前半部分はダメだなんか私が凹むから聞いてられない……。
4/3 KAT-TUNスタイル木曜
聖「KAT-TUNの田中聖です」
淳「田中聖です」
聖「違うね(笑)わけわかんなくなるね」
淳「え?なに言ってんの?」
聖「なに言ってんの」>こっちが正解(笑)
淳「全然間違ってるよそれ」
聖「あ、ごめんなさい(笑)……俺、それなら無理っす!」
淳「(笑)まあねぇ、リニューアルウィークも最終日。ということで、無事卒業出来そうですかねぇ」
聖「無理、じゃないですか(笑)」
淳「そこはでもやっぱ。……辞める?」
聖「いや、ラジオがやりた……」
淳「(遮って)では一曲行きましょう!(笑)」


今日でファイナルの「聖のためだけの(どうしても強調)」集中プログラム!
最後のテーマは「生ピーマンの丸かじり」

聖「ちょっ、意味わかんないもんね」
淳「最後で最大の難関です、ここは」
聖「だってさ、わかってる?あんなにオエオエ言ってたんだよ、あれ」
淳「はい、懐かしいですねぇ」
聖「放送事故ってぐらい吐きそうになってたんだからね?」
淳「さあ、苦手なピーマンをかじった時のレポートをしてもらうんですけども、僕田口はあえて鬼軍曹として、こうちょっとダメ出しをね?きついだろうと思うんですけど、最後ですから」
聖「……いや仕事だからやるけど、なんでも。だってさ、普通にピーマン好きな人でも生で食わねーじゃんこれ」
淳「確かに、なんか調理方法がないと苦手ですよね。僕なんか一切食べられませんし(さらり)」
聖「……!」

そういうわけで、今日も鬼(?)軍曹の「正解」のコールを得るため、最後で最大の難関、ピーマンの丸かじり。

超いい音しました(笑)

聖「びっくりした!こんなにまずかったっけ!?(驚)」
淳「いや、音はすごく良かったんだよね」
聖「いや、音はなるべくこう美味しそうな音をさせるようにしたんですけど。思ったより、きっついです」
淳「まあ今の一かじりじゃわかんないと思うんだけど、次の一かじりで風味の方をちょっと」
聖「ちょっと待って。次の一かじりってどういうことですか?!」
淳「え?」

鬼軍曹より指令なので、仕方なくもう一かじりするんですが、ダメージ大のためにまともに喋れず(笑)
頑張ってレポートするも、吐き気が勝ったようでした。ちーん。

聖「栄養もあるし、料理次第ではすごい美味しいものになると思うんですけど、俺はもう一切ダメですこれ」
淳「え?」>ミニコント開始
聖「ちょ、もうこれ……淳之介軍曹、淳之介軍曹」
淳「どうした」
聖「俺、……大好きです!今度は嘘じゃないです!」
淳「正解!(笑)……正解、なのか?(笑)」

ってことで、なんか結局はラジオを愛しているということでめでたしめでたし?(笑)
そしてエンディングトークは。

淳「テンションはどうですか」
聖「がた落ちです」
淳「(笑)」

ということで今週はかつスタ終了~、になるのかな?
明日は亀梨さんのラジオ。新番組って言ってたもんな。別枠でいきなり一人かぁ。そうか、亀梨さんだもんな……。とりあえず明日は聞くけれど、時間がややこしいんだよなぁ……(汗)

さて、来週から感想どうしようかなぁ……。
本気でしんどかった。
最近多いんですが、妙に過剰なほどくっついてタメ口を聞く女が大嫌いです。正直気持ち悪い。
ていうか……誰?(真面目に)

女子は(というか男子もだけど)可愛い子しか覚えられないと言うか目に入らないし興味ないので、この番組に出る人ほとんどわかんねぇ。
ほら、私の好きな人のところのスタッフは嫌いな人が好きだから。

最近、今年に入って特につぉしさんがかわいこちゃんなので、色々映像を残しておきたいのに、一緒にいる人がほとんど面白かった試がない。
……つぉしさんを被写体にしてあの写真を取るのが「すごい人」なのか……。ふーん……すごい人ってすごいなぁ。凡人には良さがわからん。
つぉしさんの取る写真は一目でおおっと思えるのにな。置いてあっても普通に選ぶし買える。

可愛くて綺麗で丁寧で面白い女の子出てこないかなー。

でもシャボン玉つぉしが可愛くて消せない……(悔)アニメより断然可愛いってどういうことなの。
そしてまた来週も芸人間違い。


それで、米寿さんはいついらっしゃるんですか?
普通に疑問。
一時間の収録分で、それを三ヶ月くらいずっと放送してたって怒らないのに!
むしろ毎回繰り返して見ちゃうのに!

来ないかなぁ……。
カートゥンKAT-TUN 4/2
初っ端から無茶振りされる田口くん。今日も笑顔が素敵でした(にっこり)
ていうかやっぱり髪の毛短いと幼いなぁ、かわいこちゃん。

セクシー・ボディ・レッスンは見てて面白いから好き(笑)

そして宮迫さんの話を一所懸命聞いてるたぐっちゃんが可愛いと思います。笑いすぎて涙拭ってたよ(笑)
でも、それで面白く話をしたんだから、わざわざ番組映像を持ってきて振り返る必要はないと思いますよ?
天素は嫌い(ぁ)

で、今日はあっさり終わりました。今日も?
来週もまたうあーな感じだし(基本タキシード着てる企画は面白くないので)、またもやちょびヒゲA様だし、ただ田口くんの姿を見れることだけを楽しみにしてます(最低限)
4/2 KAT-TUNスタイル水曜
田口くんの某お方の物真似で入ったもので、オープニングトークもその話題に。
聖「まあ、伝説ですからね。……似ても似つかない伝説ですけれども」
淳「本当に、キンメダイの煮付けみたいな感じですよね」
聖「……ちょっとわかんないですね。ちょっとわかんないですけど(笑)」
淳「僕もある意味ブランクにもなりそうな感じですね。大丈夫そうですか」
聖「大丈夫」
淳「桜も舞い散る季節ですけどねぇ、桜、お花見しましたか?」
聖「……してないですね」
淳「僕もしてないんです」
で?って言う……(笑)

そして聖さんの無茶振り物真似は、集中プログラムが終わるまで解禁しないそうです。
本人はその方がありがたいらしいですが(笑)

今日の一曲として、久しぶりに「サムライ☆ラブ☆アタック」という名前を聞いて思わず吹き出しました(笑)

今日もまたブランクを埋めるため「聖のためだけの(田口くんやっぱり強調)」集中プログラムー。
淳「六ヶ月のラジオブランクですっかり肉がついてしまった整体を、色んな課題を与えてダイエットしていています!」
聖「ちょっと待って(笑)色々つっこみどころがあるけど……まあいいや(笑)」
淳「(聞いてない)今日のテーマは……」

というわけで今日のテーマは「風景」
風景の描写を、鬼軍曹の元「それ正解」のコールが出るまで続けると言うプログラム。

そしてさっそくスタジオ内の描写を始める聖さん。
もちろん納得のいかない鬼軍曹(笑)今日もダメ出しいっぱい!
でも言ってることはやっぱり合ってるという……(笑)

淳「全然違う。あのねぇ、もっと活気が溢れてる感じ?エモーショナルな感じを伝えないと」
と、試しにやってみる鬼(?)軍曹。
聖「はいはいはい、今のは確かに楽しそうだけど、ちょっと腹立つ(笑)」
淳「(笑)」

そして指導後、再び一所懸命外にいるスタッフだか記者だかを説明する聖さんに。

淳「そこまで必死になんなくてもいいんじゃないかなぁ」>超冷めた口調
聖「すっげぇムカツク!(笑)」
淳「すげぇ額に汗掻いてるけど」
聖「そんなの、無理。そういうのもう無理」
淳「もう無理って、諦めんの?お前」
聖「軍曹、俺……俺、ラジオがやりたいです!」
淳「正解!(笑)」
今日もこんなオチでした(笑)


聖「やっぱり今週ハードル高いなぁ……!(笑)」
淳「ブランクとか言いつつも、聖に全責任押し付けてるからね(笑)」

というわけで、今日も和やかに終了でしたー。


カメたんカメたん!
金曜日に二部構成のややこしい感じのなんかやらないでこっちへおいで。
ぐだぐだ大歓迎だよ!二人で友達部ばりのぐだぐだコントやろーぜー(勧誘)
4/1 KAT-TUNスタイル火曜
淳「髪の伸びたひよっこに、あの頃を思い出させています」
二人『KAT-TUNスタイルー!』

聖「KAT-TUNのひよっこです」
淳「ぴよぴよです」>お前もか(笑)

淳「4月1日エイプリルフールですねぇ。聖の嘘はタチが悪いで有名ですからー(笑)」
聖「ホントに(笑)」
淳「本当に、マジに受け取る人が多い」
聖「マネージャーには、毎回『辞める』っていう嘘をつくし(笑)」
淳「つくし。ね」
聖「去年は俺この時特急をやってたのね」
淳「あ、やってたねー」
聖「収録中に、ちょっと電車と接触してしまって、肘が折れたっていう……(笑)」
淳「大掛かりすぎるんだよね、なんかね」
聖「ていう嘘をつきましたね。……ていう嘘を親にもつきましたね(笑)『あんた病院は?大丈夫?』って言ってたけど」>いや、普通言いますって
淳「本当によくないですよ、このエイプリルフール。誰が考えたかわかんないんですけど」

それは嘘のタチが本当に悪いっすよ聖さん……。
嘘をつくなら面白くないとー!


今日もまた「聖のためだけの!(強調)」ブランクを埋めるための集中プログラム!
聖さんのために、あえて鬼軍曹となった田口くんに「それ正解」と言われるまで頑張るというトレーニング。

今日のテーマは「匂い」


聖「ああ、なんか……おばあちゃん家の匂いがする(笑)」
淳「ワハハハ!(笑)ちなみにリスナーの皆さん、これ俺の帽子です」
聖「なんか、おばあちゃん家の匂いが、なんか、ほっとするおばあちゃん家の匂いが」

もちろんこれにもダメ出しの鬼軍曹。……鬼?(笑)
その後イクラの軍艦巻きについての匂いのレポートもダメ出し。しかも言ってることがちょっと合ってるという(笑)
確かにノリの魅力を語っただけじゃ、イクラのレポートにはなりませんものね。

そしてその次はスタッフの口の匂い、と言ったところ聖さんが渋ったためにあっさり目標を変える優しい鬼軍曹(笑)
赤西さんだったら確実にやらせてますよね!田口くんが嫌がるものほど嬉しそうに!(笑)


聖「(嗅いで)あ、別に普通のいい……あのー、靴屋さんの匂い(笑)」
淳「アッハッハッハッハ!(笑)」
聖「この前俺靴を買いに行ったんですよ。某マートに。靴を買いに行ったんですけど。その時とまったく同じ匂いがするんで。……これ、本当になんでもない」
淳「ちなみに僕の靴の匂いなんですけど」
聖「普通の靴の匂いです」
淳「なんせまだ買って、二週間も経ってないですからね」
聖「新品の靴の匂いです」
淳「ああ、新品の靴の匂い……。まあ、ね。なんか違うけどね……まあ、まあいいっしょ」>不満げ
聖「あ、すいません」
淳「まあ別に。普通だったな、みたいな」
聖「俺も案外嗅いで普通で、リアクション取り辛くてゴメンナサイ」
淳「もうちょっと普通のところを大げさにするのがやっぱラジオだと思うんですよ。映像があったらね、表情でわかるけど」

普通にダメ出しの鬼軍曹。そんな風に厳しい軍曹に対して、そして今日も。

聖「そんな厳しくされたら無理っすね」
淳「ええ?聖辞める?お前」
聖「いや、淳之介軍曹……俺、俺、ラジオがやりたいです!」
淳「それ正解(笑)」
というオチで(笑)
その後なにをツボったのか、笑い続ける二人。ありえないくらい和やかー(笑)

そしてエンディングトークでも。
聖「いや確かに、一日目よりかは掴んでたけど。掴んでたね。完全に掴んでたし、流れもわかってたけど、これはやっぱりハードルが高いんじゃねーかな(笑)」
淳「なんかこのー、間に嗅いでる時間とかのさぁ、この一瞬の無音がなんか怖いよね」
聖「そうだよね。結構ハードル高いね、これ。明日が怖いけどね」
淳「まあ徐々にね。ステップアップで。まだ二日目ですから。後二日あるんでね」
聖「大丈夫大丈夫。頑張る」
淳「やってけそうですか?」
聖「頑張る頑張る。頑張るしかないっしょ」
淳「頑張るしかない……。……辞める?」
聖「いや、俺、俺ラジオがやり……」
淳「(遮って)番組にメッセージください(にこやかに)」

さすがというかなんと言うかのなかなかのコンビネーションでございました。
後は愛されるより愛したいの無償の愛があれば……(笑)
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.