FC2ブログ
8/18 KinKi Kids どんなもんヤ!
なんとなく流れで今日もざっくりダイジェスト!

光「あーい、堂本光一です」
剛「TSUYOSHI DOMOTOです。えー、今週はですね…(自分のネタに耐え切れず笑う)えー、光一さんと三人でお送りしていますけども」
光「おおおお?もう一人誰や?!」

旅行に関する話。
GPSの誤入力により、「カプリ島」と「カルピ」を間違えたカップルがいたというお話。

剛「カルピ政府は『どうしてこのようなことが起こるのか、理解に苦しむ』」
光「ひどい(笑)」
剛「『カプリは島なのに』とした上で、今回のような間違いが起きたのは初めてだと語った、というね」
光「(笑)」
剛「間違いであることを知ったカップルは驚いたものの、怒ることなく車に戻り南に向け走り始めた。…当たり前やないか!」
光「(笑)」
剛「こんなんでキレられたらカルピ政府もっとキレるやん」
光「ほんまやなぁ?」
剛「『カルビちゃうぞ、お前こら、カルピやぞ』みたいな」
光「いやー、すごい間違いをするもんですね(さらりと流す)」
剛「めっちゃ怒ったら腹立つよな、カップル。『なんでなん?!』みたいな」
光「…はい。どんなもんヤ!始めます」>超冷静
剛「始めます」

前回放っとかれる感じが好き、と言ったためか、さらりと流す光一さん。
剛さんもさらりと流されてました(笑)

「何でもこいやのふつおた美人!」
日本人は若く見える、という話を、スタッフを例に出して示す光一さんに、「それは若く見えたんじゃなくてコアラに見えたんじゃない?」と飛ばしてボケる剛さん。
やっぱりさらりと流す光一さんに。

光「まあ、日本人若く見られますからねー。まあ、少年に見えるんじゃないですか?」
剛「なんつって!…さ、それではこれいきましょう」
光「…なんつって、は違うんじゃ…(ぶつぶつ)」

「二人しょうもないサミット」
自販機にはなぜ水があるのにお湯を置いてないのか。

剛「確かにまあお湯が置いてあることによって…」
光「なにが出来る?お湯を飲むことってないもんな」
剛「薬も水で飲んでまうからねー」
光「あ、ちょっとお湯飲みたいなってないやろ」
剛「ないからね。『ちょっとお湯買ってきて』…ないもんね」
光「ないな」

しかし元は烏龍茶や水を買うこと自体が画期的だった、ということでお湯も大ヒットするかもしれない、という話に。

剛「『お・ゆ』!」>というノリで
光「フォローのしようがない…」
剛「『牛の股の間で温めました お湯』!」>ノリノリ


で、曲はもちろん

剛「それでは曲。『ジェットコースターロマンス』」
光「お?!お、また?推すね~」

ということで今日もまた波はジェットコースターでした(笑)

お別れショートポエム。
パンツを履いてくるのを忘れたと言う女の子がいて、どうして履き忘れるのか不思議に思った。

剛「そんなこと宣言されても気になってしゃーないやんな。なんか、ちょっとなんかある度に、『そういえばあいつ、パンツ履いてないやんな』言うて」
光「なあ?…まあ、俺も一度だけありましたけどね」
剛「(笑)あるんかい!あるんかい。…えらい思い出したよ、今。遠い記憶を手繰って、『あ、そういえば、若い頃俺も』ぐらいの(笑)」
光「いや、若い頃、というか…そんな昔でもない…舞台中だったんですけども」
剛「(苦笑)」>本当に昔じゃない、という薄い笑い

そしてここから光一さんの言い訳タイム(笑)

光「家で寝る時、なんていうの?部屋着みたいのを着るんですよ。そういう時、パンツを履かずに履くんですよ」
剛「ズボン的なものをね」
光「そうそうそう。で、それもう下着代わりなくらい、の勢いの。それで寝てるわけですよ。そんで起きて、あーちょっと冷えるし、このままこれに、上にジャージを着て行ってまうかって行ってもうて」
剛「あー」
光「ほいで、さあって脱いだ時に『あれ?!パンツない!?』と思って、一幕を、ノーパンでやった(笑)」
剛「いやいやいや、もう二幕もノーパンでいこうや。なんやねん。そんな一幕をノーパンでやったという…」
光「いや、幕間までに買ってきてもらいました。…わからへんね。人間、うっかりってあるもんですよ」
剛「…おっさん!(笑)おっさんやな、びっくりした今」
光「いやー、てっきりなんかもう履いてるもんや思って、その上にジャージ履いて、完璧やと思って行ったからね。今日あったかいわーと思って。したら、あ、パンツやーって」
剛「(笑)」
光「びっくりしました。そんなことあるでしょ」
剛「おっさんやな。頭掻きながら『そんなことあるんすよ』って」
光「あるある。人間、ある。ね、というわけで、堂本光一でした」
剛「はい、堂本剛でした」

そんなわけで、どんなもんヤでしたー(笑)
スポンサーサイト



Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.