雑誌いっぱい!
ここ一カ月くらいで田口くんのために買った雑誌を並べてみた!



重い。高い(垂直方向と値段)。でも幸せ。
KAT-TUNが表紙の雑誌と田口くんが個人で出ている雑誌は特にどんなものでも買おうと決めているので、普段なら存在も知らないような雑誌をいっぱい買いました。どこ探していいか迷った。
主婦雑誌と年代が異なるファッション雑誌がいっぱいあってどうしたらいいかわかりません(笑)

しかも血迷って計算してみたら、七千円超えてた\(^o^)/
どゆことー。

とりあえずananが変な表紙じゃなくて助かりました。
正直、anan=エロ雑誌っていうイメージしかなかったんでハラハラしてたんですが(笑)占い特集だったし、なにより写真が良かった!インタビュー内容が短くても写真が良いのは大事。
そしてcomoが雑誌の内容的には一番良かったかも。あ、田口くんの記事が、というより他のページが一番読めるという意味で(笑)
ファッションよりかは料理やシーとかランドの特集の方がいいし。そして田口くんの額縁の中の写真が可愛かった。
インタビュー内容はドラマの話とツアーの話ちらっと、そして新曲の話。
田口くんの服装がジュンイチイシダみたいだわーと思ってたら、本人がそう言っていてちょっと笑いました(笑)
あとwithは付録のせいで中身を確かめずに買ったんですが、驚きの1Pでありました(笑)
でも写真は爽やかさんだし、なにより付録のランチとーととペットボトルケースがミニーさん柄で普通に使えるのでそっち含めて○(笑)
オリスタはまあ表紙だからっていうのが一番かな。あとはグループ全員でのインタビューで新曲のことを語ってました。
しかし田口くんの写真が絡まれているようにしか見えん(笑)
ガイドも同じく表紙。テレビほとんど見ないのにテレビ雑誌を買う意味…(笑)
企画の意味はちょっとよくわからないけど、個人インタビューじゃなくてクロストークは大事!

ってことで、今日まとめて買った雑誌のざっとした感想でした。

早く全部解体しないとー。
リーガル・ハイ 11話感想!
ああああああ終わっちゃったぁあああああ!
明日からなにを楽しみに生きたらいいのおおおおお…。゚(゚´Д`゚)゚。
そんなわけで、涙の最終回でありました。
…いや、内容は詰め込みまくりのコメディでしたけどね!

しかし最後の最後までちゃんとしたCMもしてくれない番宣もほぼない、再放送も延長もなしの、DVDの宣伝さえないし、なかなか出しもない。12月って。
さすがにこれは広報仕事しろよとしか言えません。
もっとちゃんと宣伝して中身を知らせていたら、もっと多くの人に楽しんでもらえたのに…と悔しくてなりません。もったいなさすぎる!
面白いものを面白いと薦めないなんて罪だわー。


で、いつも通り先に蘭丸の部分だけ抜き出し感想なわけですが。
いつもの蘭丸のテーマがかかって食事シーンが出て来たというのに、笑顔のない蘭丸、そしてわんこそばのふたを閉めるという意味。
突然に(いや、まんまと真知子ちゃんの言葉に乗って)草の者を辞めるという蘭丸くん。
その蘭丸に対しての古美門先生のセリフ
「蘭丸くぅ~ん、ふざけてもらっちゃ困るな。この仕事から簡単に足が洗えると思うなよ。君は私が育てた草の者だ!」
…このセリフだけだと完全にヤクザです先生(笑)
あと、蘭丸くんが食べないと気分が悪いのかと思う服部さんも大概です(笑)

で、そんなセリフで脅してた古美門先生ですが、「違う!俺は役者だ!」と肩を掴まれて怒鳴り返されると「そ、そうですね。そうですね」と途端にへたれる見事な小物っぷり(笑)
しかし、田口くんの怒鳴るシーンは珍しいなぁ。
蘭丸くんがそんなにちゃんと役者を目指していたとは知らなんだ。でも売れない役者だったらへたなバイトをするよりかはいい仕事だと思うけど…ってのはまあ置いといて。
「加賀蘭丸、これにて」の印を解くシーンはいい演出だなぁと思いました。
その時の、感謝を込めた柔らかい声音も好き。
でもって、やっぱり帰る時は玄関じゃないんですね(笑)

そして、すべてが終わった本当の最後にさらっといる蘭丸くん。
あれだけ啖呵を切って出て行ったのに「勝負は来年から賭けることにしました~っ!」とダイエットをする気のない女子のように飄々と言ってのけさっさと席に着く今時の若者っぷりが可愛い。
そんな蘭丸のご飯がちゃんと用意されてる辺り、さすが服部さんv

けど、古美門先生と蘭丸くんが出会った事件は、なんにも語られないままでしたね。
どうですかこれ。スピンオフ行けませんか。せめてSPでちらっとでもどうですか!
と、往生際悪く推してみる(笑)


で、本編の感想!
冒頭、それこそクリステル風の真知子ちゃんに、なにがあったのかとドキドキしました。
なにあのソフトフォーカス具合(笑)そしてちょっと化粧濃いめ。
ヒールの音を響かせた時点で、絶対真知子ちゃんのイメージ映像だと思ったのになー。
けれどやっぱり予告通りの一年後。
個人事務所、と言っても事務所自体は構えてないのかな?の真知子ちゃんと和解したと思いきや、裁判所にて真知子ちゃんの敵の席に着く古美門先生に、一年後の話ではありますが初っ端から初心に帰りました。
そうですよね。そういう人でしたよね(笑)

全体的には、SPでやればいいのに!ってぐらいの詰め込み具合で、最終回っぽすぎてちょいちょい寂しくなりました。
今まで倒してきた敵の力を借りて最後の敵に立ち向かっていくって、アニメかゲームの王道のラストじゃないですかーやだー。

しかも古美門&三木タッグとか、なにこの悪魔のトリオ(沢地さんも含む)。そして馬ぺちぺちが三木先生同様気になって仕方ありませんでした(笑)

そんな最強の敵に立ち向かうために服部さんの助言を受けて行動に出る真知子ちゃん。
三浦パパもとい人権派弁護士の大貫先生と古美門パパは予告にいましたし、杉浦検事は出てきたら面白いなぁとは思ってたけど、まさか圭子さんにメールを出すとは!予想外。
そして即座にされたあの返事に痺れた!
「知るか」の一言の後の、あの言葉までちゃんと圭子さんの声で聞こえました。ぞくっとしたー!そして本当に似た者夫婦(笑)
あと、古美門パパに携帯で電話したら電話代高そうだなーとかちらりと思っちゃった(笑)

でもって、助言を心得て三木先生を引き込むという手法に思わず感心しちゃいました。敵の敵は味方というような、そのやり方すごいよ真知子ちゃん。
そしてまさかの沢地さんが証言台に。胸の間からメモとか、なにそれエロい。本当沢地さんはイイ女だわー。古美門先生も、やっぱり女好きとしては引っかからんといけませんわな(笑)

そしてその後予想通りスポーツジムにて池辺社長にちょっかいをかけてきた古美門先生の、ルームランナーのスピードをおもむろに早くする真知子ちゃん。
それに対して「すいませ~ん!危険なイタズラをする人がいますよー!」と助けを求める先生の弱さが素敵でした(笑)非力だからこそ言葉で武装するというわかりやすいタイプでありますね!いいよね、知的武装素敵!

この辺りから、シリアスと言うかお涙ちょーだいのしんみりムードになっていき、真知子ちゃんの真摯な演説と、まさかの古美門先生のシリアス顔と反論なしに、さすがのリーガルハイも最終回ばかりは終わりまでこういう感じでいくのか…と思った時期が私にもありました(´Д`)

当然というかなんというかのどんでん返し。
池辺社長は、本当にいいキャラでございました!
神妙な顔で証言台に立ち、「不当解雇をするための取り引きを行った。……そんな事実はありませんッ!」と力強く言い切る池辺社長。
ですよねー!と思わず言っちゃいました(笑)
そして「反対尋問よろしいですか~」のセリフから始まるいつもの音楽を引き連れての古美門無双キタヨー!
やっぱりリーハイはこうでなくっちゃ、と誰もが思った瞬間ではないでしょうか(笑)
締めの「池辺さんどうもありがとーございましたー」の、二人揃っての正しいお辞儀の角度に本気で笑った!
そして真知子ちゃんの演説を一蹴し、「裁判は夢を探す場所?そんなものが見つけたいなら、インドのガンジス川か下北沢の三流劇団に入りたまえ」のセリフがさらに粋でした。大丈夫ですかこのセリフ(笑)
でもその後の法治国家を語る古美門先生の言葉は、一話の最後に言った「我々は神ではない」と同じくらい感心させられてしまった…。
次いで、いつもの早口の皮肉に混ぜられた「もっともっと強く賢くなれ、朝ドラ!」の古美門流エールに不覚にもじんとしてしまった。

そして最後は盛大な茶番でありましたね!!(*´∀`) (´∀`*)
あくまでコメディらしいいい終わり方でした。
まあサオリさんはね、ヒントもあったし、あまりにシリアスすぎるムードにそうじゃないかとは思っていたけれど…(笑)
それが元で男二人が殴り合っているシーンの、トリックスターな沢地さんの高笑いも素敵でした!

なによりその後の真知子ちゃんの無表情っぷり( ゚д゚ )がすごい良かった。噴き出した。
日常のゆっこを思い出したのは私だけではないはず(笑)
何気に広げた折り畳み傘もすごく真知子ちゃんっぽいし、無表情のまま普通に古美門邸に帰ってきた後、丁寧に服部さんに窓を閉めてもらっての大声宣言付き「なんっじゃそりゃああああああ!!」の叫び、そして最後の笑顔はお見事(笑)


最後の大団円も、すごく良かった!
一話のやりとりをなぞるのがすごいいい演出。
なんか、すごく終わりっぽいのが悲しいですけど、でも終わりはちゃんと終わらせてくれた方が未練を残すよりいいです。さっぱりいいね!
確か、このシーンを撮ってオールクランクアップだったんですよね?その前情報含めて、なんかああ終わりなんだなぁってじんわり来ました。

そして本当の最後の指差しながらの「人を指すな!失礼だろ!」は、もう本当に古美門先生らしくて…(笑)
寂しいけど笑って終われました。ありがとう!



いやーしかしカメちゃんにゲストで出てほしかったなぁ。エリートサラリーマンで行こうよー。新曲のPVの衣装でいけるよー。どう、結婚詐欺師とか(笑)
大勢の女の人たちに訴えられてるのに「僕が、いつ、あなたたちと結婚の約束をしました?『結婚してほしい』と、僕が、言ったんですか?しっかりと約束したんですか?」とか超強気でメガネをくいっとさせてほしい。そして「ご覧の通り○○さん(役名)は某アイドルグループのKさんに似た、いわゆる“イケメン”であります。寂しい独身女性が、“勝手に”勘違いされても仕方のないことではないでしょうか!」と古美門先生に偉そうに援護してもらいたい。その後ろでドヤ顔で笑ってもらいたい。
…そんなことをしつこく考えてしまうほど、終わるのが惜しいよー(´;ω;`)


…はああ、本当に終わってしまった。寂しい。
でも、みなさま本当に本当に楽しいものをありがとうございました!
ここ数年で本気で一番面白いドラマでした。傑作とはまさにこのこと!
お疲れ様です、そしてありがとうございました!
スペシャルとシーズン2、こっそりじっくり待ってます!(笑)
TO THE LIMITのPV届いた~
とりあえず前日に届いたので、まずはPVだけ見てみたー。というか、いつも通りメイキング目当てですが(笑)
あくまで私だけの感想ですぞー。

PV自体の感想は…まあ、ちょっと期待でハードル上げ過ぎたらしい(笑)
これ、WHITEの時もやったなぁ。全員大学生でストーリー物って聞いてたから期待しすぎたら、全然そんなことなかったっていう。
どれだけみんなでのストーリー物が見たいんだって話です。

今回のストーリーは本当にただ強盗を撃退する、ってだけで特にオチもなかったし、映像的にそんなに新しいものはなかったので、そこにいるのがKAT-TUNじゃなかったらなんでもないのかなーと思ったり。
もうちょっと歌の内容に引っかけた深い意味があるのかと思ったけど、いつも通り自分のPVを撮りたい人に使われた感じ。でもきっと、一回関わってしまったら内容がどうあれ「KAT-TUNのPV撮った人」になっちゃうんだろうなぁと、今までの流れから思う。
もうちょっと物語の流れとか設定を生かしてくれたら良かったのになーとか。
まあ、またチャライ感じのスタッフの人増えたし、そんなものなのかな。五人で設定付きのショートムービーちっくなものだと思ってたから、ちょっと期待しすぎたよね(;´∀`)

しかし、せっかくBANDITとタイアップしてるなら、いっそのこと強盗側というか、悪の方になっちゃっても良かったんじゃないかなーって。せっかくBANDITが山賊なんて名前なんだし。
まあ、悪いことして本気で逃げちゃっても問題かもしれないけど(笑)こういう時はワイルド推ししないんですね(´・ω・`)
もっともっと上手く出来るのにーって、ちょっともったいない気がします。
今度はちゃんと五人でお芝居してほしいですなー。

そんな中でなんといっても一番の見せ場は中丸さんのアクション!
あれはマジでかっこいい!
しかもすごい練習したわけでもなく、あの場で教えられてやってあれなのか、と思うと感動してしまう。アクションを教えて下さる方も丁寧で良かったですー。
あ、亀梨さんもかっこよかったですよ!全然付け足しじゃなく!(笑)でもアクションの量的にはやっぱり中丸さんが一番。
それだけのためにぜひ初回版を買って見てほしい。痺れるかっこよさ。

そして相変わらず犯人を取り押さえるのに、若干もたもた立ち上がるベンチャー企業の社長が可愛い(笑)
なんかこう、大学生の時に起業してそれが上手くいって、若干世の中舐めてる感じのお坊ちゃまっぷりが可愛くておかしい。あの衣装なんなんだ(笑)しかも頭がくるくるしておる。田口くんがくるくるしてるとは言ってたけど、何回か見てよくやく気づいた。パーマって、そういうかけ方だったのか。

あと、エリートサラリーマンな亀梨さんの笑い方がエロい。
あの人の中のエリートのイメージってなんだろう(笑)
日本語しか喋れない外国人のお姉さんとのやりとりのシーンなんか特にニヤリ笑いがエロい。
それと、花瓶?が割れた時の驚きのリアクションがリアルすぎる。ジャケットの乱れ方が本気すぎ(笑)
アクションシーンもかっこよかったけど、最後は落とした拳銃を蹴って欲しかったなぁってのは、海外ドラマ好きからの個人的な希望(笑)

上田さんの設定は、なんかあんまり意味なくてもったいないなーと思いました。
学生って聞いてたけど、ニート設定だったの?その設定の意味がよくわからん。じゃあなんでわざわざ混んでる時間に来てんのとか、そもそも外資系の銀行になにしに来てんのとか疑問が残る。設定が思いつかなかったのかな。
ていうか、上田さんにもアクション欲しかったなー。本当もったいない。
で、上田さんと田口くんだけ縄で縛られてるのもなぜなの。撮ってる人の趣味ですか(笑)

警備員な聖さんは、やっぱり銃を奪った後の挙動が気になる。
なんで一回構えてから右手離しちゃったんだろう(笑)
せっかく警備員なんだったらもっと見せ場あっても良かったのに。コメディキャラにしても、もっと撮り方あっただろうになーと。
むしろ中丸さんが撮ってる時の、Tシャツ姿の聖さんの方が制服姿より良かったです(笑)


そんなわけで、メイキングは本当にPVのメイキングだったので、あんまり個々で喋ってるシーンがなくてちょっと残念でした。ていうかそういうとこ切ってるよね?
みんなでわちゃわちゃ楽しくしてるのに慣れちゃってたから、今回本気でメイキングだけでびっくりした(笑)
みんな忙しいから時間が合わないんだろうけど、ちょっとしたゲームとか普通に喋ってるとことか、やっぱり見たかったなぁ。最後に歌で流されてたやりとりとか、もっとちゃんと見たかった!
でもなんかKAT-TUNって一般向けには仲悪い設定なんでしょ?これから楽しんでる姿もどんどん減らされていくのかなぁ。KinKiみたいに徹底的に離されて、PVも全員別撮りになったりするのかな。やーだーなー。仲良し設定のとこうらやましー!

ただ、よっぽどエリートサラリーマン役が楽しかったのか、カメちゃんが全開で他の人にコントを仕掛けていて、戸惑う周りが面白かったです(笑)

いつか、ライダー系の監督にPVを撮ってもらいたいなぁ…。
むしろショートムービー一本撮ってもらいたい。
せっかくKAT-TUN使うのなら、本人が威張ったり自慢するためじゃなく、KAT-TUNがいいものを作るために協力してくれる人が良いです。


そういえばPVには関係ないけど、リーハイの番宣目当てのいいともで、最後にゲーム?する時に「だんけつ~だんけつ~」ってアイマスの曲がかかってて、なんで?と思ってしまった(笑)
でもアイマスっていい曲多いですよねぇ。特に明るい系の曲が好きだなー。あ、ピヨちゃんの曲は別である(キリリ)
たまにはそういうアイドル!って感じの元気な内容の曲とか歌ってもらいたいなぁ。「MEGARE!!」とか「自分REST@RT」とか…ってやり出すと長いから終わり!


さぁて、次は曲聞くぞー。
の、前にリーハイ最終回にそわそわ!


TO THE LIMIT(初回限定盤)(DVD付)
TO THE LIMIT(初回限定盤)(DVD付)
TO THE LIMIT(通常盤)
TO THE LIMIT(通常盤)
リーハイクランクアップおめ!!





蘭丸こと田口くんのこと。
蘭丸で、少しでも田口くんに興味を持っていただけた方に、せっかくだからアピールを!(笑)

リーガルハイが面白いと思う方なら、ぜひ「花嫁とパパ」をおススメ!
一応ラブコメな感じですが、恋愛物がメインの話が苦手…むしろ嫌いな私が面白かったんだから大丈夫(笑)
石原さとみさん演じる愛子ちゃんと田口くん演ずる三浦くんが、最強にウザいパパの妨害を交わしつつ結婚しようと頑張る話、かな?
デザイン系な会社ってこともあって、若干雰囲気はアグリーベティに似てなくもないけれども、なによりベタとスピード感の詰め合わせが最高に面白いです。
普通の恋愛ドラマなら全部の話を通してやるようなエピソードを二話ぐらいで終わらせちゃう感じが、ちょっとリーハイに似てるかも(笑)
プロデューサーはリーハイと同じ稲田さんだし、なんだかんだで最後は泣けるしね!
本当なら王子様的キャラの田口くんが、恋愛即結婚な重い恋愛感の持ち主ってのも王道過ぎなくていいかと。

花嫁とパパ DVD-BOX
B000UNWHXA




あとKAT-TUNの宣伝!
スズキのソリオの新作「BANDIT」のCMソングにもなってる「TO THE LIMIT」が6/27発売ですよ!
今回のPVはストーリー仕立てで、最近のPVにしては珍しく面白そうなのでぜひ!
ベンチャー企業の社長設定の田口くんもいいけど、銀行員の中丸さんのアクションマジ必見。
あと、メイキングで普段の田口くんを知ってもらえれば、と。いやたぶん最近の蘭丸とほぼ同じいじられキャラですけど(笑)

TO THE LIMIT(初回限定盤)(DVD付)
KAT-TUN
B0084X2M1K



22日のMステに出るので、興味あったら見てね!

あとは、TOKYO FMで毎週月~木曜の18:45からやってる「TAG-TUNE DRIVING」もよろしくー!
田口くんと一緒にドライビングしてる設定でのドライブ情報が聴けますよー。

あとはなんだ。ananは…いいか(笑)
本当はMyojoの1000字インタビューとか読んでもらいたかったけど、それはまあ良しとして。
BAILAって雑誌に、それと似たようなことが書いてありますが、高いのと、私的には他に読む所がない女性ファッション誌?なので立ち読みでも…と思っても付録がついてるせいでたぶん読めないというジレンマ(笑)
興味を持っていただけたのなら覗いてみてください!って感じで。

そんな、田口ファンによる、ここぞとばかりの田口アピールでした。
少しでも興味を持っていただけたのなら幸い!
だって、田口くんは「口を開かなきゃスタイル良くてかっこいいのに」と言われるぐらい(間違いなく褒め言葉です)二次元のようにかっこよくて、それなのに笑ったり喋ったりするとへんにゃり可愛くて、ポジティブな頑張り屋さんのいい子だし、KAT-TUNはとてもとても楽しくていいグループなので!ちゃんと知られなきゃもったいないのです。

とりあえず後は、コンサートを薦めたいので早くDVD出してー!(笑)
リーガル・ハイ 10話感想!
気象情報は、まあ出るだろうなぁと覚悟してたけど、ドラマ始まって一発目にどーんと出た後も、さすがにちょっと出過ぎでしょうって回数出てましたね…。
オンデマンドかDVDかに流したいんでしょうし、ちゃんと調べていない視聴率よりもわかりやすい結果だろうけどさぁー。
買ったDVDじゃ、蘭丸チャプターつけられないんだよ!!!(切実)

そんなわけで、嵐の中の10話でしたが、内容もまあ嵐のようでしたね!
いつも通り、メインの話よりも先に蘭丸の出番の感想をまとめて!

絹美村関係だとあんまり蘭丸関係ないのかなぁと思っていたら、初っ端からライト持ちとして村を訪れておりました!
カメラマンかと思ってたら、照明だった。確かにでかいしねー(笑)
しかし若干テンションが低い。撮ったのが朝とかだったのかな?ものすごい寝起きのテンションに近い感じ。
そのテンションの蘭丸に「真知子ちゃん、絶望的に色気がないからな」と言われるショックったらない(笑)

そしてこれで終わりかと思ったら、忘れてた“草の者”らしい設定を盛り込んでいただきましたよ!ってことで呼ばれて登場&ターンな蘭丸くんは完全にいじられキャラとして定着しました。おめでとうございます。
走ってくる時の満面の笑み、ターンの決め、そして真知子ちゃんと服部さんの完全なる不審者扱いありがとうございます(笑)
相変わらず「はい、先生」が可愛い。そして食べ物咥えながらの軽い「まいどぉー」が超絶可愛い。うへへへ、何回も繰り返してしもうた(笑)

そんでもって予告の地図指しのシーン。やっぱりカップを持つ手首の曲がり方がいい。そして微妙にTシャツとかネックレスが変わってるらんまるん。
他の人もそうですけど、テイストを崩さずちゃんと服が変わってるとか、そういう細かいところがちゃんとしてるのっていいなぁ。

そして最後に、古美門先生の演説を聞く大事なお仕事。太鼓持ちとも言うかもしれない。
「しかし先生負けないねぇ~」のいやらしい言い方が可愛らしい。
なによりも頬袋いっぱいにしてもきゅもきゅしてる姿の可愛らしさったらもうハムスターでさえ敵わない。萌えとはこういうことを言うのだとしみじみ感じました(´∀`*)
真知子ちゃんと先生の大事な話を邪魔しないように、少しずつ少しずつ飲み込んでいる姿がめっちゃきゅんとする。変な笑い出る(゜∀。)
その後のしょんぼり座りとか、なんなの。なんなの!可愛すぎるだろうがぁ!!
蘭丸が好きになればなるほど、後一回なのがつらい…。


さて、本筋ですが。
クリステル風ガッキーがめっちゃ美人。
しかもそのまま「出来ない演技」とか、やっぱり役者さんですね!カワイイ!
そして最初からネタ全開な古美門先生。
「訴えてやる!」「演技ではないみじめさが胸に迫る!」、そして「あーあ!長澤まさみだったらなー!」は初めから爆笑しました(笑)
これ絶対逆だったら言えないセリフでしょーってのを盛り込んでくるこの脚本いいなぁ。ガッキー可愛いよガッキー。
この時、後ろで蘭丸が口に手を当ててるんだけど、もしかして笑ってる?(笑)

その後の、ヘルムート38の調査で、駆け込んでくる真知子ちゃんに「出たか!?」と期待して問いかけ、「出ません!」と元気いっぱい言われた後の「テンションが紛らわしー!」とお怒りの古美門先生に噴き出しました。完全に出たテンションでしたもんね(笑)
その後の、とぼとぼ歩く様子でもう予想がついてるのに、まさかのきらりん笑顔のガッキーにやられました…!「めちゃくちゃ出ました」って、楽しいセリフじゃないし「テンションが逆だ!」はものすごい正しいつっこみだと思います(笑)

そんな古美門先生が追い詰められた時に考えられた方法が「買収」「催眠術」「脅迫」って、弁護士のやり方じゃねぇっす(笑)でも、一話の時も追い詰められたらお酒飲んで警察署に乗り込んだりパトカー蹴ってたりしたし、負けたことがない故にそういう状況には弱いんですかな。
で、ふてくされた先生の靴の裏がちゃんとすり減ってるのが、時間を感じますね。一話の時は靴の裏綺麗でしたしね。
そして絹美村住民の前での「決着が着くまで誰一人、くたばらないでいただきたい」は、先生らしくていい文句だなぁと。

で。古美門先生が真知子ちゃんに頼った!とちょっぴり感動したんだけど、…なー(笑)
まあある意味真知子ちゃんにしか出来ないことだし、落とせたのは真知子ちゃんの力なんだろうけど。
しかし、お弁当が絹美村に関係あるものなのは予想ついてましたが、まさかそれを手として使うために食べていたとは。朝ドラヒロイン風に、一緒に頑張るつもりで食べていてそれが…、的な感じに持っていくんだろうと思っていたのに、わかっててやるって、成長したというかなんというか。
古美門先生のもとで勝つための手段を覚えて、それを真知子ちゃんが使ったってことにおおお、と思いました。
しかし、病気オチかと思ってハラハラしましたが、ちゃんとコメディでほっとしました。誤診なら仕方ない!
それに、それを裁判に使ったんじゃなくて、あくまで八木沼さんがくれた資料で勝ったってのもいいなーって。

そして最後、泣く真知子ちゃんを抱き締める古美門先生にびっくりでした。真知子ちゃん泣き方可愛い(そっち?)
安易な恋愛方面に持っていかない感じが素敵ですね。それでもやっぱり徐々に関係というか二人の間の雰囲気が変わってる微妙さが良い良い。
お医者さんとのやりとりを詳しく説明しないで、行動だけで見せたのもいい。抱き締めてる途中から、あれあれ?って感じでしたしね(笑)
しかし、病院のシーンが出るたびにいつ堀田先生が出てくるのかと思ってハラハラしました。あの子脳外科だけどね!告知しかしないけどね!でも、真知子ちゃんが告知される時に思わず「堀田先生出番だよー!」って叫びました(笑)


今回ゲストの田畑さんの配役もいいですね。これ、中丸さんのドラマと繋がる?(笑)保険金とか詳しそうだなーだなー|д゚)チラッ
「ずっと、持ったままにしてる百円玉があるの」が、すごく好きなセリフです。言い回しがかっこいい。

毎度のことながら、三木チームのコメディな悪役っぷりも、今回は特に全開でしたね!
シャドウをする三木先生、セクシーと言われて調子に乗った後の「先生?腰やりました?…やりましたよね?」の沢地さんがとってもセクシーでした。
服装もそうだけど、回を増すごとにフェロモン増し増しですなぁ。
三木先生も、たびたび古美門先生と似た仕草や裁判のやり方をするのが、かつては一緒に働いていた感じがしていいですね。古美門先生を育てたとか言っていたし。なにより、ヘルムートさんが出てきたのにはびっくりしました。
しかし、ものすごいシリアスな写真立ての話は、コメディなオチがつくのかしら?
今回が見事にシリアスに見せかけたコメディだったから、どうなるのやら。

あ、相変わらずBGMでも遊んでましたね。ゲストが出るごとにわかりやすいイントロをありがとうございます(笑)


予告のCMもまた盛りだくさんで。
古美門パパに人権派弁護士の大貫さん、そして井出くんに向かっての「下っ端は黙ってて!」発言まで。
蘭丸もちゃんといるといいなー(笑)

というか、公式のHPの最終話予告を読んで噴いた。
なにこの次のシリーズでやるべき設定詰め込んでんの。
一年後?黛法律事務所?しかもまさかの今回の訴訟の発展仕事。
今回が最終回っぽいと思ったら、その上を行きますか。続きをやる気ないのか。おおぅ…。

せめてSP希望!!超切実!


で、田口くんのananはマジなの?
次のリーガルハイまであと…
もう二回で最終回というこのタイミングで、やっと作っていたものが出来たのでアップ!





というわけで、「次のリーガルハイまであと何日Flash時計」です(笑)
毎日蘭丸の動きとともに次の回まで待とう!という代物です。
本当はもっとアニメーションを細かくしたかったんですが、もういい加減出さないとドラマ自体が終わってしまう!と焦ったので、あんまり動作確認せずに出しちゃいますよ!
一応毎日、蘭丸くんの生活とともに、火曜日までのカウントダウンをしてくれます。
仕事が終わって報酬である服部さんのご飯をがつがつ食べている水曜日、6日前がお気に入りなのに、水曜中に出せなかった…(´・ω・`)

ぱっと見であんまりわからないと思うので内容を書いておくと、
<水曜日>仕事後のご飯がつがつ
<木曜日>引っ越しのバイト中
<金曜日>ホストで花金満喫
<土曜日>日当たりの悪い部屋でごろごろ
<日曜日>芝居の練習
<月曜日>鳴らない指笛で呼ばれ
<火曜日>古美門ポーズでリーガルハイ!
です(笑)

簡単な作りのお遊びFlashなので、動かなかったら諦めてください(笑)
あ、いないとは思いますが、うちの蘭丸くんなので連れて行かないでくださいねー。ここで可愛がってやってください!
リーガル・ハイ 9話感想!


うへへ、影が薄いって言われた!(笑)
確かに、コスプレで周りに溶け込んでちゃ、目立たなくちゃいけない役者としてはダメだよねぇ。うん、ずっと思ってた(笑)
ある程度演技力があって色んな服を着こなして周りに馴染んで、忍ぶ草の者としては適任なんだろうけど、それって役者としては致命的ですよねー。
それを織り込んでの「売れない役者」って、すごい配役だなぁ。
なにより、真知子ちゃんが蘭丸をいじり慣れてきている(笑)蘭丸くんに対しての仕草が完璧古美門先生になっております。
というか、あのいじられ方はコンサートのMCでよく見ます(笑)おっかしーなー、デージャヴー!
で、今日はホテルマンと野球のユニフォームのダブルコスプレだったわけですが、ユニフォームがなんか似合わないのが不思議。着てたのにね。というかいつもは普通に着るのに、なんだろうあのいかにもコスプレ、な感じは(笑)
ちょっと亀梨さん、本物のユニフォーム貸して下さる?(笑)


いやー、それにしても今日も面白かったです!
あのシリアスなストーリーの中に、よくもまあ綺麗にコメディ部分を入れ込めるなぁと感心してしまいます。色々上手すぎる。
毎度のことですが、冒頭の何分かで状況がほぼ全部わかるってのがすごい。
そしてこの時点ですでにいくつもの伏線がしっかり張ってあるのも、後から効いてきますね。

冒頭の病院でのやりとりにて、五年前に工場を建てる時のいざこざで、なぜか村長がみんなを説得した、ってのがもう何回も見てきた誰かのやり口ってうっすらわかるのも良いですよね。日照権の裁判を彷彿とさせる感じ。

そして「絹美村」という名前だけでその村がどんなところかわかるという上手さ。
その名前を聞いた瞬間に、自然がいっぱいで、緑あふれる山々の間に綺麗な川が流れていて、いい絹を作ってるんだろうなぁってのが説明しなくてもわかりますものね。なんか、この名前にやたらと感心してしまいました(笑)
そこにある、不釣り合いなでっかい工場と、小奇麗でがらんとしたふれあいセンターの対比もすごい。そこでお年寄りがパソコンを習っているという、なんという皮肉。

で、それはさておき相変わらず真知子ちゃんが可愛い。
古美門先生だけじゃなく、一緒に推薦されたと聞き、服部さんに「名を轟かせましたな」と言われ、謙遜するもまんざらでもない表情が可愛い(笑)
そしてまさかの田舎の話を引きずってる古美門先生(笑)
さり気なく色んな話と繋がってるのって、連ドラをずっと見てきた感があっていいですね。

そして沢地さんキター!
ハニートラップ!ハニートラップ!谷間!谷間!
最近谷間がある人をあんまり見ないので、ちょっと興奮しました(笑)
しかも歩いてる時揺れてたよ。すげぇよ沢地さん。やっぱり色仕掛けする秘書はこうでなくっちゃ!
いやいやそれにしても、こちらも相変わらずすべての行動が意味ありげと言うか。三木先生の後ろに沢地さんがちょっと映るだけで、なにか裏があるんじゃないかと思ってしまうカメラアングルがすごい。
そのトラップなら、引っかかっていいと思います古美門先生!
「三木も知らない私の電話番号です」は、殺し文句すぎる。
…頑張って渋くしてたのに、沢地さんが立ち去った途端ビリビリに破いた電話番号をかき集める先生が素敵でした(笑)
二度目の沢地さんとの会合後の喜び方も、いつもの古美門先生で。
真知子ちゃんに向かって言った「うるさい、ぺったんこー★(だっちゅーのポーズ付き)」に今日一大爆笑しました(笑)
その後の服部さんの気遣いも素敵。出来るお人だ。

にしても、こう見ると、古美門先生もまた役者なんですね。
知らない化学物質でも、法廷と言う舞台に立つためにすべて覚えて、人を説得させる演説を繰り広げるあの古美門劇場。
それと対立する三木チームのBGMが好きです。
いかにも敵キャラ!なダークな音楽がイイ!
三木先生の裏返しの写真(自分の机に写真立て、しかも伏せられてるってことは家族が亡くなった感じ?)も出てきて、ますます最終回に向けて盛り上がってきましたな!

そしてそして、なにより最後の大演説は間違いなく今日の一番の見せ場でしょう!
あの迫力はすでに映画並。これが劇場のスクリーンじゃないのが不思議な感じでした。それぐらいのネタと迫力。
ですが、いつもなら画面で見せれば済む証拠の写真も、きっちりプリントアウトして全員に見えるようバラ撒くという小技も相変わらず細かい。ちゃんと蘭丸の撮った写真アングルでしたしね。
で、南モンブラン市の住人が、すごくわかりやすく慣れ合う今時(という言い方は変でしょうけど)な老人って感じで、その人たちに向かってかました古美門先生の演説がものすごく気持ち良かったです。
偉い人が出てきて謝ってくれて、お金もくれるっていうし、いい条件じゃないか。裁判なんてするよりさっさと和解しちゃおうと言う、ある意味誰でも思う考えを真っ向から否定してくれる小気味良さ。すごい役者だなぁ、堺さん。
村の人も、まとめ役が元郵便局の局長さんだったっていうのもすごく納得いったし、元校長先生とかデパートの化粧品売り場で働いてた奥さんとか、すごくそれっぽい配役も上手いなぁと。言われて納得するくらいそう見える。
そして、村の中で唯一本当に戦っていた村長の奥さんが亡くなって、村の人が本当に団結するっていうストーリーは、それだけだとありがちですが、ここまでの持ってき方とかセリフとかで上手く仕上げているなぁと偉そうに思ってみる(笑)
ここで、冒頭の奥さんが一人で畑をやって歌っている歌とか、その時にみんなが楽しそうにパソコンスクールに行っていた描写が生きてきますよね。

で、締めに待ちに待ったいつもの音楽と、向こうの社長が飲まなかった水を飲むことで、意思と決意を見せつける演出とか、本当に良い良い。ただ水を飲むだけで、全部が伝わるとか、どうなってんの!


いやー、それにしても今回は二話続きの前編だけあって、いつにも増して来週が待ち遠しい。
来週は有害物質を探すってことで蘭丸も一緒に村入りするみたいですね。連れていってくれてありがとう先生(笑)
予告の蘭丸の、地図を指してる指と、その後のカップを持っている手が好きです(ピンポイント)
あとクリステル風の真知子ちゃんが綺麗。

編集して、見直して、楽しんで、感想書くのに一時間もかかってもーた(笑)充実の時間でした(´∀`*)
あああ、来週も楽しみだなぁー!
新曲PV!
どんなタイミングでPV公開なんだかわからないけど、無論ZIPもめざましも押さえてありまっせ!
ってことで、「TO THE LIMIT」のPVが公開になりましたね。
ストーリー仕立てっぽいことは前から聞いていたけれど、なぜ銀行強盗と戦うストーリー?(笑)
むしろ、新しいソリオが「BANDIT」というらしいから、アメリカな感じで銀行強盗して逃げるPVとかの方が、ちょいと悪い感じがかっこよくて似合ったんじゃないかなーとは思ったんですが。爽やかスタイリッシュ悪とか、KAT-TUNに似合うと思うんだけどなぁ。

中丸さんのアクションシーンがかっこよすぎて吹いた(笑)
なにあのかっこいい人。本当最近中丸さんの自分の中の株が急上昇過ぎる。あれは惚れる。
いや、カメちゃんもアクションシーンかっこよかったんですがね。なんか支店長っぽいスーツが面白くて(笑)
あと、個人的には上田さんのアクションシーンが見ていでがんす。
田口くんは、あの縄を退かして立ち上がるシーンがもたっとしていて可愛かった(笑)いいよもう田口くんは、お姫様ならぬ王子様として守られてれば。

いや、そこを蘭丸として置き換えると、とても楽しいドラマになるんですけども(笑)
真知子ちゃんがテレビを見ていたら、画面がニュースに切り替わって、「先生、近所で銀行強盗ですって!」と古美門先生に話を振ったタイミングで、強盗の後ろに捕まってる蘭丸が映り。ぎょっとなって、試しに電話してみたら「調査中に捕まっちゃった。てへ。先生助けてー!」という蘭丸に、仕方なく先生がいつもの舌先三寸で強盗を説得…とかね!

そんな勝手な想像はさておいて、警備員聖さんは違う時の髪型が良かったなー。そして、なぜ拳銃を持った手を離す、とつっこみどころが(笑)

PV自体のコンセプトと言うかどうしてこうなったのかはいつも通りよくわかりませんが、アクションシーンは楽しみ!
しかし、朝に一度あの曲を聞くと頭の中でずっとぐるぐる回るから困る!早くちゃんと聞きたいし見たい!
少しでも多く宣伝して、いっぱい番組に出てくれますように!


そして今日のラジオも相変わらず語尾の「の」が可愛かったよ!
けど、当然新曲がかかるかと思ってたらまさかのワンドロでびっくりした(笑)
好きだけどね!


TO THE LIMIT(初回限定盤)(DVD付)
KAT-TUN
B0084X2M1K


なんというか。
近藤さんが、あまりにはしゃぎすぎていて痛々しくて…切ない…。
そりゃ修学旅行の集合写真の時に、いきなり横に飛び込んできた知らない女子だとは聞いてたけどさ。

剛さん、あの時期とんでもなく忙しかったのに、それでも頑張って朝とか放課後とか学校行って一所懸命勉強してたのに、学校来ないのに掃除しただけで単位もらえたみたいな言い方されると悲しくなる。同級生だと言って回るならそんな言い方しないでほしかったわー。

そういえば、獣王星めちゃくちゃ好きだったのに、ティズをあの声でやられて(まあ一番ショックだったのはサードだけど)から読めなくなったんだよなぁ…ってことを今思い出した。私の中ではひらのあやと同じカテゴリーの人だし…。ていうか、獣王星のアフレコの時、光一さん他の人に会ってないって言ってませんでしたっけ?

まあでも、先週心配したよりかは二人ともスルーして楽しそうで良かったです。
てか、光一さんって、剛さんの高校の話でテンション上がるよね(笑)

で、今日一番反応したのは、旅行が嫌だと言い張る光一さんが、「古代遺跡は行ってみたい」と洩らし、その流れで「(じゃあ一人で)マチュピチュ行ってこいよ」と剛さんに言われ、「なんで行って来いよって…!」ってショックを受けてたのが一番笑った(笑)
たぶんいつもの流れなら「じゃあ行こうよ」ってなるところだったんだよなぁ。
それなのに「行ってこい」だったってことに、甚くショックを受けていた光一さんの、文字で表せない反応の仕方にばたばたするほどウケてしまった(笑)
えっとほら、写真集の撮影とかで、二人で行けばいいよ。
もうそろそろ二人の仕事がたっぷりないと、釣り合いが取れないっす。
意地でも二人にさせない周りのスタッフ超恐い。

で、剛さんの隣があっちゃんになるのはいつですか?あ、大島さんでもまゆゆでもいいよ!あと、後ろのうるさい滋賀さんが変わるのはいつかなー。さすがにもういい加減うるさいし汚いしで嫌なんだけどなぁ。短パンとか履かれると寒気がするし、映りた過ぎて人の話の腰折って入ってくるし、早く変わってほしいです。切実。あと、彼女の責任を中丸さんに押し付けるのもやめて!
せっかくいい時期なんだから、まともな人とまともな仕事させてくださーい!もったいないよ!
りがはい。


蘭丸が好きすぎて、なんかちょっとした時計っぽいものを作ろうかとらんまるんを作っていたのですが、服装やらなんやらをチェックするためにドラマを見直すと、結局止まらなくなって作業が進みません(笑)
ううう、蘭丸がかわいすぎる。なんなのあの子。
ということで、今この状態で止まってるのです(笑)

うー、このドラマで、田口くんのかっこよさと可愛さが少しでも多くの人に伝わりますように…!

…とか脱線して、結局作業が進まないのですよ!
早くしないと、ドラマ自体が最終回に近づいているのにー!
めざましじゅんの
朝だし、後で見ればいいやとか、せめてギリギリまで寝ようとか、六時にぱっちり目が覚めた時点でそんな考え消え失せたよね!(笑)

ってことで、めざましどようびの田口くんを6時40分過ぎに捕獲いたしましたー。
蘭丸の格好だったけど、やっぱり蘭丸じゃなくて田口くんでしたなぁ。
年上の方が多い現場でやってるからか、より一層幼く見える。
しかし、頭がぺったりしておったよ。蘭丸の髪型って良かったんだなぁと思いました(笑)
個人的にはもうちょっと長めが好み。でも可愛い(結局)

そしてまず、きちんとリーガルハイの宣伝をば。
古美門チーム(男)の写真を見せていたのですが、おじいちゃんと孫って感じの里見さんと田口くんの横で、しっかり古美門先生な堺さんが素敵でした。直立不動(笑)
で、里見さんの差し入れの話から、いつもの10円まんじゅうのお話。いや、10円とは言わなかったですけど。
その時に新感覚あんこスイーツ、みたいなお報せを入れてきたので、出てくるのかと思ったけど別にそんなことはなかった。なんなのあの宣伝(笑)

で、食べ物続きなのか、webでも書いていた貝とか干物とかを焼いてる写真を披露してたんですが、貝がパカッと開く瞬間を「めっちゃ可愛い」と称するお前が可愛いわ(´∀`*)
美味しそうじゃないの?可愛いの?

そして、最近よく言っている韓国語の話をしてたんですが、一年前から勉強だっけ?あれ、その前にも勉強してなかったっけ??続けてってことかな?そういや中丸さんも勉強してたけど、あれどうしたんだろう(笑)

でも、その流れでなんかいきなり韓流な曲流して韓国料理のランキングが始まって??でございました。
というか、これでまた韓国がどうのこうのという人たちが騒いだら嫌だなーって…。
未だにフジがどうのこうの言ってる人もいるし(正直韓国推しなら日テレもまったく負けてない)、あと○○に似てると入ってくる人たちが嫌だ…。もう本当に勘弁してほしいっす。本気で似てねぇよと、いい加減真剣に言いたい。

そんな愚痴はまあ置いといて、写真を見せるのに「キャプテンになりました!」というタイトルを上げて「KAT-TUNのキャプテンになりました!」から「うそうそかわうそ~」のコンボを(笑)
誰かフォローをください!メンバー呼んでー(笑)
でもキャプテンと言うと真っ先に上田さんが思い浮かぶ。というか未だにKAT-TUNのキャプテンは上田さんだと思っている。
で、その写真の正体は、船舶免許取ったよっていう船との写真でした。
キャップとタオルの合わせ技の格好が素晴らしくダサくて可愛い(真剣)田口くんがロープワークを披露して、それを教えた上でどちらが早く出来るか対決してました。

朝からいい笑顔が見れました。ごちそうさまー。

んで。なんか愛ちゃんがきゃぴきゃぴしてるなーと思ったら、そういえば誠二くんのお見合い相手でしたね。
あれ、未だになんでゲストだったのかわからない。なんだったんだろうか、あれ。でも花パパは良質なドラマでした。誠二くんの重い愛が鬱陶しくて素敵(笑)


なんか、今までのまともな番宣がなかったから、一番リーガルハイの宣伝してた気がするよ!!
はよ次の回が見たい。蘭丸が見たい。
今までやってきたそれぞれの役全部好きだけど、熱狂度は蘭丸が一番かもしれない(笑)
ああでも三郎のビジュアルもめちゃくちゃ良かったし、圭ちゃんのテニスシーンも興奮したし、美童の髪巻かないストレートスタイルはめちゃ美人だったし、堀田先生のぷりちーさも捨てがたいし、ああでも格之進も良かったしなぁ…なにより真ちゃんの純朴さとジジデレ具合は何者にも負けないし…いやいやでも(以下ループ)


とりあえず、次のリーハイとがつーんにたぐちゅーん、そして新曲のプロモーション正座待機で待ってる!
たぐちゅーんんんん(*´Д`)
昨日の剛さんに続き、田口くんの「おさかなさん」の言い方めちゃ可愛い。
剛さんの「おさかなさん」の「か」にアクセントを置いたイントネーションが恐ろしく可愛いと悶えていたら、まさかの「お魚さん」続き!
そしてプロポーズの言葉を試しに言ってみろと言われた時の「取っときたいから、そういうのは!」がもうたまらない。
くううう、かーわーいーー!
あと、田口くんの語尾の「の」も可愛いですよねー(´∀`*)
あんなに見た目は格好いいのになぁ。

土曜の蘭丸が楽しみだー。もっと番宣が増えればいいのになぁとは思うけど、出て欲しくない番組もあるからちょいと複雑。


そういえば、KAT-TUNの新曲「TO THE LIMIT」
最初聞いた時は、アルバムの一曲みたいだなぁと思ったんですが、聞くたび味が増していくというか、気づいたら頭の中でぐるぐる回ってるのです。
なんか、コンサートの流れとしたら、一旦騒ぐ曲、静かな曲が終わった後の、もう一度ここから始まるっていう二回目のオープニング曲って感じです。
PVも、なんだかすごい感じらしいので、どうなってるのやら。
でもやっぱりメイキングが一番の楽しみである(笑)
中丸さんがダンスの振り付けとか言ってたので、歌番組もなるべく多く出てほしいですな!
いっぱいKAT-TUNが見たいぞー!

TO THE LIMIT(初回限定盤)(DVD付)
KAT-TUN
B0084X2M1K


リーガル・ハイ 8話感想!
迷惑の象徴だった延長の定番野球でさえ九時で終わる時代に、なんでバレーってやりたい放題なの?
せめて最大延長30分以内にすべきだし、遅れたくせに次の番組にテロップ流すの本当にやめてほしい。どれだけ嫌がらせすれば気が済むんだー。
…まあそんな毎度のイライラはさておいて。

子守のはずが軽くあしらわれる蘭丸。そして12歳に呼び捨てにされる蘭丸。
そしてそして子役に演技指導される蘭丸。シュールすぎる(笑)
しかも先生にも真知子ちゃんにも服部さんにもからかわれてるというか可愛がられている草の者。なにあのマスコットキャラ。可愛すぎるだろうがぁ!!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
で、やっぱり劇団員ですよねー。だから、チケットさえ売ってくれれば毎日見に行くってば!!貢ぎまくるよ!(笑)

そしてホスト役も予想通りでした。普通の茶髪だとめちゃくちゃ可愛いのに、予想通りの浮いた茶髪のカツラが…(笑)後ろ姿で丸わかりっす。
しかし振り向いての舌出しピースが恐ろしく可愛い。頑張ってチャラくしてます、って感じがすげぇ可愛い。蘭丸ちゃん可愛いわぁ。
あの子も七万円で自由に出来ますか?(真剣な顔で)
上田さんの空哉と並んで、あの格好でポーズ取ってばしばし写真撮らせてくれるなら七万払う(笑)…あ、空哉さんは指名料高いか(笑)


というか、あれ、蘭丸の話は…?
あれ、公式本まだ買えてないから詳しくはわからんのだが、沢地さんに語った過去がまだ一部で、8話でそれがわかるって聞いた気がするんだけど…。違ったんか。そこだけちょっと拍子抜けした。ん?劇団員っていうのがそれ?なんか設定ががらりと変わるのかと思ってドキドキしすぎた…。早く手に入れねばー。


それにしても、切ない回でした。
子供に敬語で話すパパの時点で、どういう性格か一発でわかるのがすごいなぁ。
子役ママも、娘の出た雑誌の記事を切り抜いて貼ってるのがどっちの意味にも取れていいですね。でも人気子役だったらもっと記事がいっぱいありそうな気がするです。特にドラマやってるならそれ関連の記事がもっとわっさとあっていいはず。という、未だにファイルを作っている身としてのどうでもいい体験談(笑)

そして子役のセリフがいちいちブラック(笑)
「灰は真っ黒、肝臓はボロボロ、12歳よ?」「2000万でどう?CM一本分」に思わず笑いました。でも子供時代の古美門先生のサンタの話と「私はサンタなんて一度も信じたことない」「…絶対勝とう」のやりとりにぐっときました。それも含めて、ある意味この時間で良かったかも、という内容でしたな。
そんな中、真知子ちゃんのとぼけっぷりが清涼剤でありました。

なにより、メイちゃんの気持ちを代弁してる時の古美門先生がすごいなぁと堺さんの演技にしみじみ感動いたしました。いつもと違う声の調子での訴え方の、気持ちの入りようがすごい。すごいしか言えない。

服部さんは、まあそうだろうなぁとは思ってましたが、話の運びが上手かったのでじんわりしちゃいました。まさかサンタクロースの話に繋げるとは。
メイちゃんも、最後まで女優なのが良かったですね。最後、荷物を持たせ慣れているのが、ザ子役!って感じのいい演出。
ただ泣けるだけで終わらせないのがリーガルハイで、とてもいいドラマであります。
あと、先生がちょっとだけバイオリン弾けるようになってましたね(笑)

来週からは、最終回に向けて少し大きな話になってくるのかな?
そして案の定沢地さんがどんどん怪しくなっていく(笑)本当いい役だなぁ、これ。


それにしても、相変わらず番宣のなさがすごい。
スマスマは元より、知りたがりなんか、リーガルハイの宣伝ではなく知らないおっさんが出てきて堺さんにケチ付けてるだけという。今夜の内容さえ言ってくれなかった。なんだったんだあれ。自分の局のドラマなのに、やる気ないなぁ。

とりあえず、めざましどようびを期待しないように、それでも抑えきれずにドキドキしながら待ちますです。
蘭丸とお別れすんのやだなぁ…!



「リーガル・ハイ」公式BOOK 古美門研介 草創記62484-37 (ムック)
「リーガル・ハイ」公式BOOK 古美門研介 草創記62484-37 (ムック)
フジテレビ系ドラマ「リーガル・ハイ」オリジナルサウンドトラック
林ゆうき
B007IPZ5QY

Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.