KAT-TUN LIVE TOUR 2014 横浜アリーナ 2014/7/26感想


個人的に一番思い入れのある横浜アリーナ初日一回目を見てきました!
横アリでKAT-TUNのライブとか、いつぶりなのか…あれ、誓心見た時以来見てないの?と思い返してざわっとしましたが、ともあれ海賊コンの時に初めて一緒に入ったお友達とまた一緒に横アリに来るというこの不思議な感覚を味わいました。KAT-TUNを好きになっていなかったら、出会わなかったのかと思うと本当に縁ってすごいですね!田口くん様様やでぇ…。

そんな一回の感想、ですが。
油断してた所に落ちてきた最後の爆弾と過度な暑さのせいでいつも以上に記憶力がなくなっているので短め(と思ってたけど実際書いたら安定の長さでしたてへぺろ(・ω<))です。あとあやふやです。
ただ個人的に最後の曲のことを言いたかっただけ!(笑)
なのでいつも通りほぼ田口くんにロックオンな感想です。

そんなわけで曲順も会話ももちろん曖昧な個人的感想なので、正しさを求めるお方はどこか別の所へどうぞ!
なんとなくでいいよという方は続きをどうぞ!国際フォーラムの感想もちょこっと混じりますよ!
あ、当然のごとくネタばれです。
続きを読む
KinKi、CDデビュー17周年おめでとう!
CDデビュー(ここ大事)17周年!おめでたいけど、もうそんなに経ったのか!という驚きも同様で動揺する!
CDデビューがこれだけで、自分が好きになったのが……と考えると本当なんか恐い!なんでずっと見てるだけでこんなに満足して好きでいられるんだろうと、ファンというものが改めて恐くなります(笑)

そして剛さんの更新された文章にもありましたが、なんだか厄介な壁がいっぱいあるんでしょうけど、KinKiがいて、ファンがいて、みんなが大好きの気持ちを溢れさせていれば、いつかは色んな夢が叶うんじゃないでしょうかと言霊を込めておめでとうの気持ちをアタック!
あと、光一さん、もう少しKinKiに対して頑張って!せめて見える形にして!
そんな思いを込めつつ、今日もおめでとうのケーキを食らいましたよ!
今日は、今日の私のラッキーカラーというのも含めまして、新作らしいピンクの桃ケーキ♪
周りのフィルムがピンクと水色で若干滝翼ですが、甘くて爽やかなKinKiらしいケーキでございました。




そしてそして。ちょうどよくいただいた水羊羹と桃とグレープフルーツのゼリーがいい色だったのでぱしゃりと。
KinKiファンは赤と青があれば幸せだから単純(笑)

akaao.jpg


ともあれ、これからも二人にいっぱいの幸せと愛情を!
KinKiのファンでいられて、私は幸せです(´∀`*)
使ってみた。
カムヒアのグッズである、中丸さん念願のマウスパッド!
記念に買ったものをやっと使ってみたんですが、思ったよりもスマートでいい感じ(´∀`)
しかし私は狭い所で使っているので、親指と手首がちょっと突っかかってうぎぎぎとなります。せ、せめて親指を折り畳みたい…。でも実際グッズを使うことってあんまりないので、これからも重宝させていただきますよ中丸さん!
という、今さらの感想。

そしておもむろに少クラプレミアムを見返す…。
やっぱり最後のメドレーいいわぁ(*´∀`)
でもShelter聞くとタッキーのあまぁいしぇるたー聞きたくなる(笑)
キンキとタキツバとKAT-TUNでメドレーやってくれないかなぁ。

で、拍手お返事!

7/17のまちこ★@M_kattunさんへ
続きを読む
少年倶楽部プレミアムのプレミア感!!
NHK様、少年倶楽部プレミアム様、本当に本当にありがとうございます(平伏)
わーい、みんな生きてるかー!(KAT-TUNファンに向けて)
終わり方が非常に良くて、もう大興奮でした。楽しかった!!

初っ端のトークでのヒガシ先輩の素敵なお話とKAT-TUNのキラキラ後輩感すげー可愛いです。
田口くんの尻尾があったら確実にばたばたちぎれそうな勢いだった(笑)
あと、見たかった例ののれんも!
思ったのよりお金かかってそうで(笑)のれん前のツーショットが非常にいい親子っぷりで和みました(´∀`*)パパステキー!

あと、色々挟んだ後の最後のお話も、本当心に染みました。嬉しいこと言ってくれるぜ先輩…。゚(゚´Д`゚)゚。イイ話がいっぱいだった。
でも、お年玉を払う人と貰うだけの人の違いってなんなんだろね?KinKiとか、若い時からものすごい量あげてきてるよね。でも今の年でも貰うだけの人もいるわけで。本当不思議。

かむひあの曲は、アノ人たちに言われてるのはわかるんだけどやっぱり番協の人の手が邪魔だし、手拍子と若干低い黄色い声がうるさい。わかってる。ファミクラの人がこの演出をずっとやらせてるのはわかってるんだけどやっぱり邪魔。手越しのKAT-TUNとか、隠し撮りっぽくてすごく見にくい。
そしてちょっとファン層が違う感じがするのは、コンサートとかと同じで新規の人をメインに取ってるから?
なんにせよ、歌は普通に聞きたいっす。この番組は番協いらないよー(´・ω・)

あと、なぜか出てきたノンスタイルとハライチ。芸が面白く思えないので好きではないんですが、敬語だったりさん付けだったりの喋りでちょっと好感持ちました。ただやっぱり漫才ではない。
その会話の中、なぜか突然亀梨さんの「田口が可愛いとこ」トークに、首をかしげつつぎょっとしました。可愛いっつった?なんでその流れで急にそのエピソード披露したの?カメちゃん最近結構駄々洩れだけど大丈夫?仲いいとこ見せると引き離されるよ?一人で地方の仕事とかばんばん入れられるよ?

そのエピソードというのが、昔のKAT-TUNのコンサートの時にホテルでうるさく騒いでいるJrがいて、あまりにうるさいから田口くんが注意しに行ったら「田口くんも一緒にこっちの部屋来て騒ごうよ」的なことを言われたと。
それを次の日楽屋で亀梨さんにこんなことがあった(´・ω・`)と言ったら、カメちゃんがブチギレて乗り込んでいって結局全員謝りに来た、みたいな。
田口くんは笑いながらそれじゃあ告げ口したみたいじゃーんとか言ってたけど、亀梨さんはそれを可愛いエピソードとして捉えてるんだよね??ん?しょぼんとしてた様子が可愛かったのかな?
カメちゃん、いつも思うけどエピソードチョイス変だよね?あと田口くんのボケに笑いすぎだし、笑い堪えすぎだよね?亀梨和也的に大丈夫かな?心配だよ?

ていうか、それはそれとして、先輩にそんな口聞くJrって誰?そりゃカメちゃんもキレるわ。
…まあ、今も変わらないあの辺なんだろうけど。本当、今デビューしちゃってる人たちも含めて教育し直した方がいいと思うよー。チャラチャラしすぎてて恐いし怒られてる意味がわからない人多すぎて本当怖い。

そしてcome Hereツアーのフォーラムの映像ちょびっとやったり(二階で見たのとはまったく違う世界…)、93年の映像を見たり。
14歳のKinKiが映った時のKAT-TUNのキラキラっとした乗り出しっぷりが本当に愛しい(´∀`*)
あと、少年隊の紅白映像もフルで。例の仮面ライダー呼びはマチ彦のせいだったのか…。あの野郎…。
ともあれ、今度少年隊ファンだったねーちゃんに懐かしいでしょって見せてあげようっと!と思いました(笑)そのせいで私が最初に踊った曲は少年隊だという…。血筋。

そして最後は、KAT-TUNの思い入れのある曲メドレー!!
他に色々やらなきゃいけない曲があるんだろうし、やっても硝子の少年くらいだろうなぁと思ってたんですが、六曲中三曲KinKiだったよ!うわーん興奮した!
一曲目の「Can do! Can go!」は、まあ、最初の時にも言ってたし、これぞJrって感じで懐かしいよねーってぐらいだったんですが、二曲目がまさかの田口くんが「Shelter」とか!(゚д゚)!
やっぱりこの曲はタッキーと山Pのイメージが強いなぁ。というかそのイメージしかない(笑)
タッキーの前面肌蹴が印象的でした…。懐かしい。
そして次は安定の中丸さんの「Misty」ですよ!どんだけ好きなの。愛しい。
なによりびっくりした、続いての上田さんの「Natural Thang」ね!「青の時代」が来るかと思ったけど、まさかのこの曲ですよ。私も大好きだけど。なんなの。渋い選曲しやがって。可愛すぎじゃないか。上田さん、隠れてすごいKinKi好きですよね。本当可愛い。愛おしい。
かめたんはある意味安定の「HA」で。久しぶりに見たわー。

で、最後に四人で「カナシミブルー」ですよ。もう正座。むしろ田口くんからずっと正座。
しかも一番好きな振りの「くちびる」のところで田口くんを映してくれるとか。なんなの。神カメラワークなの?
本当にありがとうございますです。どれだけ頭を下げたらいいんですか。土下寝でもまだ足りない。
あー興奮したー!

勝詣でちょっと色んな曲歌ったの聞いただけで腰砕けだったのに、こんなのダメだよ!しばらく日常に戻れないよ!
ってことでこういうのは思い入れのない人にタダで見せるなんてもったいないことをせずに、お金を取ってライブをすべき!(`・ω・´)この時ばかりはキャーキャー黄色い声出す自信があります(笑)見たいよー。KAT-TUN選曲のメドレーもっと見たいよー。

…正直ゲストに向こうの手のモノのゴリゴリ感もちょいちょい出てきてますけども、芯はしっかりした番組でとても素敵だと思います!これからもぜひともこういう感じでお願いしたい!
時に、来月のゲスト今からでもKinKiに変えません?いつでもウェルカムですよ?ていうかみんな待ち望んでるよ!
なによりKAT-TUNが一番望んでるはずだよー!見たーい!一時間KinKiスペシャルが見たーい!


さて、リピートは今日はもう出来ないので、じっくり余韻を味わっておこう。
…やばい、にやにやが止まらない(笑)
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.