バズリズム・キンキイズム
楽しかった!もっと見たかった!短すぎる!
…もしかして裏被りしないためってこと…??(´Д`)勘弁してくれ。

ともあれ、短い時間でしたが今回出た音楽番組のトークでは一番面白かったかも(*´∀`*)
なにより最初の説明時点での「25年連れ添った」っていう言葉にきゅんときた。それ!それですよ!
CDデビュー19周年や20周年イヤーもいいけれど、その中で一番きゅんとした言い方でした。
だけど登場していきなり「ベテラン漫才師のたたずまい」と言われるキンキ(笑)安定のコンビ芸、という紹介にも笑った(笑)
でも二人ともお客が入ってる割にはリラックスした風だったので、楽しかったです。
升野さんがあんまりバカにしたり煽るようなつっこみしないから良かったのかなぁ。
だから余計もっと見たかった。短すぎだー。

「以心伝心バズテスト」にて、意思疎通が出来て同じ答えになるかという検証を。
全部当たるでしょうね、という見事な剛さんの振りからスタート(笑)

「思い出の場所は?」という質問に「簡単ですね」という剛さんに対して「いっぱいあるなぁと思って…」と目を不審にきょろきょろさせる光一さん(笑)
剛「横浜アリーナ」
光一「(迷いに迷って)合宿所」

私も横アリだとは思ったけど、答えが逆かなぁと思ってました。
剛さんが光一さんの答えを指して、「これは、みんなの(思い出)でしょ」と言っていたのでなるほどなぁと。横アリなのは、「出会いの場所だから」でした。
でも光一さんの「いっぱいあるなぁと思って…」もかなりきゅんとしたぞ!王子!

その出会いの話から派生して、「KANZAI BOYA」の話もちょこっと。
その名前をわざわざボードに書いて説明したため、「こんなアイドルグループはいやだっていう大喜利の答えみたい」というつっこみをされる(゚∀゚)

続いて、「KinKi Kidsで一番辛かった仕事は?」という質問の説明として、キンキでやった仕事、それぞれピンでやってる、という注釈がもろに芸人の言い方で。アイドルなので、ピンではなくソロでお願いします(笑)
で、二人の答えは
剛「スカイダイビング」
光一「都庁で撮影」

かくし芸でのスカイダイビングの話をした後、都庁の撮影の話になり「これは本当に辛かったですよ」と剛さんがぽつり。前から何度も言っていたから、こっちで一致するかと思ってました。

ここからいつもの写真撮影が嫌い話に。
カメラマンの指示にどうやって応えたらいいかわからない光一さん、「ゆっくりこっち向いてください」という指示に、嫌なものを振り返るような不審な顔つきでぎこちなく振り向き、剛さんがダメ出しして正しい振り向きを見せ。
それぞれわざわざ立ってダメな例と正しい例を交互にやるのが本当に漫才のようでした(笑)
テンポ良すぎ。あと撮影バージョンの剛さんアイドルすぎてたまらん。素敵。

「「マギーさんもね」」
で、司会業に馴染みすぎていて、ゲストで来た番組の司会にも話を振る二人の声が見事にかぶる(笑)
色んなポーズとってと言われたらどうする、といういつもの質問を毎回誰に聞いても「仕事だから」とすごく当たり前に大人なコメントを返される光一さんは、逆になんでいつも新鮮な気持ちで照れるの?
それこそ仕事だと割り切ってちゃちゃっとこなせばいいのに、というか他のところではそうしてるのに、どうしてキンキの撮影だと過剰に反応するのか。
いい加減剛さんに慣れよ?(笑)

そしてポーズチェンジの話で、パターンなくないっすかとボケつつ話を広げようとする升野さんと話そうとする剛さんを腕を掴んで(しかも一回スカってる)立たせてまで「我々の場合はね」と写真撮影の時にどうしているかを説明する光一さん(笑)
ここすごいおかしい'`,、('∀`) '`,、
そしていつもの、棒立ちの光一さんの横でせっせとポーズを変える剛さんの図を披露。雑誌でよく見るやつ。
これを打ち合わせなくさっとやるコンビ感がたまらんです。
あと最近のネタとして某女カメラマンの撮影の様子を愚痴る(笑)

プライベートで会わない、連絡先を知らない、というのを「ベテランのお笑いコンビ」と喩えて「いいバランス」と言ってくれたのはいつもと違ってちょっと嬉しかったっす(*´ω`*)
そんなことを下を向いてごにょごにょしつつ「会話もないですからね」と言う光一さんに「会話は…してくださいよ」と返す升野さん。
ごもっとも(笑)

ていうか、光一さんの「会話はない(会話がないとは言ってない)」ですからなぁ(・∀・)
これだけ早口であれこれ楽しそうに喋っておいてねぇ。ああ、うんうん。わかってるわかってる。
あ、そっか。キンキって不仲(笑)(事務所設定)でしたんだっけね!
…これが不仲とか、目が節穴どころの話じゃねぇっての(^ω^)
いいけど!変な風に騒がれるより、わからない人は入ってこないでくれた方が面倒くさくなくて!

そして今回はちゃんとライトが青と赤だった歌!
剛さんが「命の」の瞬間に目を開く色っぽさがたまらん。
そしてバリッバリに気合の入った光一さんのダンス。最後のサビの辺りなんかがっつがつでしたな。いいね!

そんな短い間に楽しい笑いがいっぱいのバズリズムでしたが、最後に升野さんが描いた絵が、なんか影入ってて哀愁漂っているのがおかしかったです(笑)
それを見て、「次これなんかのジャケットに」という剛さん、斉藤さんの実例があるだけにあながち冗談にならないのが恐いとこやで…!!

あー楽しかった!もっと見たかったなー!
グッドタイム??キンキミュージック
予告で見た時に思ったけど、今日はだいぶ悪い客が入ってますなー。
こういう堂本兄弟の時みたいなギャーギャーいう悪い客が入ると、光一さんが妄想激しく暴走するから嫌なんだよなー。
仮想の敵を作って一人で当り散らすから嫌。今回ずっと和やかに来たのに、まさかのここでこんな扱いされるとは…。

ていうか光一さんってなんで剛さんの目見れないの?剛さんが見ていない時はガン見するのにー。
むしろ終わりに近づくにしたがって普通に顔見合わせて喋ってるの気づいてないんだろうか。

ていうかカナシミブルーなんでPVやねん!!
カナシミブルーのKAT-TUNこそKAT-TUNやろが!見せろや!おい、黒髪田口出せや!悲しみにくちびるよせさせろー!

いやはや、なんか全体的にすげー煽られてる。まあドラマがどうとか言い出した時にやると思ったけど。煽るためだけにわざわざVTR作ったよね?
ただ誠は可愛い。だから死ぬシーンをやらないでほしかったし、それを見てぐびりと喉を鳴らした光一さんも見たくなかった(笑)
あと武司も可愛いけど可哀想すぎてなぁ。あの話救いがない。未だに貯金通帳がなかったことを恨んでる…。
そしてto Heart出てきた瞬間の光一の顔な(笑)天敵ですものね!知ってる!
対して俊平の時の剛さんもなかなかな顔してたけども(笑)
でも今考えるとお互い主演のドラマに出演するってすごいことだったなぁ、と。やっぱり一番は金田一の空港のシーンかね?

相変わらず暴走中の光一さん、こういう時に登場する「皆さんのイメージ」って、相変わらず誰のイメージなんだろね?光一さん?
ただ、そこじゃなくて、剛くんは座ってていいって言う光一さんが面白いんだよ?(笑)

しっかし、せっかく最近落ち着いてたのになぁ。
どこから来たんだろ、この観覧客。スカート短くて足出てるし、普通の番協ではないんだろうけど、光一さんをイライラさせるためにわざわざ入れたのかな??やたらと映しすぎだしどこかの知り合いかね。本当のファンだったら嫌がるようにギャーギャー言わねぇよ…。
こっちのモード入った光一さんは本当に面倒なんだよー。やめてよー。

こんな無理矢理な流れまでして、どうしてもせくしーぞーんを売りたいのかねぇ事務所は。
もういい加減わざわざ名前出させんのめんどくさい。し、わざとらしすぎて聞くたび顔もよくわからないのにどんどん嫌いになる。その無駄な時間省いてキンキの話が聞きたいです。勘弁してくれ。

だから最後の剛さんのさらっとした「民謡」発言にすごい癒された(*´∀`*)
「おこげとよもぎ」もさらっとすごい。感心しきり。
雰囲気が悪くなったのを感じ取ったらこうやって和まして見所作ってくれる剛さん、本当素敵。
こういうの聞くと、本当に剛さんって頭の回転の速い人だなぁと思う。だから好きだ(*´ω`*)


しかし肝心の歌は、ライトが緑と微妙赤でセットというセットがないというしょぼさ…。二人もお疲れっぽいし。がっかりだよー。
確実に近藤さんから運気ががた落ちしてるー。
なんかこう、タメ旅見た後みたいな、もやもやして眠れない気持ちがすごい。
期待してただけにちょっと残念でした。

違うか。最近が楽しすぎただけでこれがデフォルトか。
早く楽しいゲストの回のブンブブーン見たいなー。
今はオードリーの回が楽しみだけどちょっと今回と同じ理由で恐い。ギャーギャー騒ぐ人がいなければ大丈夫かな?
CDTV(短)
光一さん、CDTVって名称を噛まなかった??(笑)

そんなことに気を取られている間に、安定のコメントざっくりカット。
そこまではひたすら長々と色んなものをやっていたのに、肝心のキンキは始まった途端、あ、これすぐ終わるやつだ、と感じた嫌な予感どおり、コメントめちゃくちゃ短かった!
そして歌も激短い!!今までの中で一番短かったんじゃないかな。

ブランチのインタビューもだいぶ前に撮ったもの(めざましとかと同じ格好)で、しかもフリップになんか書いてるのに、触れずに全部カットで。結局流れたのはいつもの話がちょこっとのみ。
TBSェ…(´Д`)

光一さんがあまりにも剛さんのすね毛を優しげな目で見るから?喋ってる剛さんをまったりと眺めてたから?だからCDTVまで削られたの?
剛さんの水晶ネックレスもなかったし、なんだか消化不良ですよー。

腹筋が筋肉痛で大笑い出来ない私に気遣ってくれたのカシラー(゚Д゚)
えむすて、でしたが
せっかくの生放送(しかも生放送は今回最後!)なのに近藤さん大暴れの近藤さん大特集でした…。
いい加減上着着せてもらえよ…本気で水森にしか見えんですよ。37って自分で年バラすんだったらせめてもうちょっと服装をなんとかして…。

せっかくのミニステも、歌前のトークも全部おおはしゃぎの近藤さんで潰されてしまいました(´Д`)
えーん、生放送で二人の話が聞けると思ったのにー。
そもそもなんで堀越に近藤さんが入ってるのかもわからないのに、ひたすらなんか語っちゃってて、もう本当にいい加減にしてほしいですよ?この人ずっとこうなのかな。言ってることも色々なんか自分記憶でアレだし。
松潤とか斗真くんとかやまぴーの名前は出さないでヘイセイはわざわざ並べるし色々足りないし、なんかもううんざりだ。
ただ、近藤さんが岡田の名前を出した瞬間、ずっと黙って動かなかった光一さんがゆっくりぎろりと見たのが面白かった(笑)光一さんの「岡田」という一言に秘められる威圧感が好きなので(笑)

しかし昨日がCDデビュー日だったり19周年とか20周年イヤーとか、オールスルーしてまで近藤さんを持ち上げるのなんなんだろ?
この日人を無理に上げるたびに、林原さんがいかにすごかった、というか今現在含めてすごいかを思い出して思い知るです。本物の女王ていうかまあ閣下か(笑)まったくもって比べ物にならん。そのたびアルバム引っ張り出して聞きたくなるからもうやめてくれー。最近Meet againが刺さるんだ…(´・ω・`)
そもそも近藤さんって声優じゃなくないか…?

そんな状態で歌って感じだったので、二人ともだいぶ硬い表情でしたが、パフォーマンスは相変わらずかっこよく。
今日はいつもよりちょい歌が長めで、剛さんがわざわざ水晶のネックレスを見せてシャルドネってくれました!(ひどい造語)

しかし、帰ってきてイスに座る瞬間、光一さんがめっちゃ機嫌よさそうだったけど剛さんなんか言った?(笑)

そして最終的にいつもと同じようにポーズがシンクロ(笑)
あの足の組み方からつま先の角度まで綺麗に揃うのなんなの。

そんな感じのちょっと残念な感じのMステでしたが、よく考えたら最近のMステっていつもこんな感じでしたね。期待して失礼!
まあ最近きゃっきゃしすぎてたからしょうがないね!

バズリズムとGood Time Musicは楽しいといいなぁ。
19周年&20周年YEARおめでとう!
今日はKinKiのCDデビュー(これ大事)19周年ということで、毎度のごとくケーキを買ってきてお祝いだよ!今日は苺ちゃんな気分。母校にもいいことあったしね。

なんかもう、色々ひっくるめて二人がずーっと幸せでありますように!という言葉で済んでしまうんですが(笑)

あ、牛とマタドールがね!
この昔のというか、とにかくキンキっぽさが全面に出ていて、非常に楽しかったです。
特に光一さんがだいぶフリーダムな感じがね!すごく懐かしい。
なんかちょっとボケた後の、剛くんこの後どう来る?って期待に満ちて輝いた目が大変懐かしい感じで(笑)
剛さんが一所懸命拾ってるけど、所々剛さんも天然でボケてたりするから、そこをつっこまれたり、平然としてる風なのがとても可愛かったです。
ワシ、「絵画のある部屋」が好きでなぁ…。その雰囲気に似とったんじゃ。カットせんで、そのまんま見たかったのぅ…。
と、思いつきで書いていたら唐突にボーダーラインが聞きたくなった!支離滅裂でごめん!

詳しいことは言わないけれど、普段簡単に剛さんにこかされている光一さんの本気を見た一瞬があって、ひとしきり笑った後に、「なんでこの人剛さんの捕らえ方上手いんだ?」ってはてなマークが一杯浮かびました(笑)
今後「眠れない夜」と同じように、唐突に思い出しては首を傾げそうな瞬間でしたよ(笑)

しかしセットのチープさよ(゚∀゚)光一さんご希望のマザー牧場に行けなかった分、もうちょっと頑張ってあげてスタッフさん…。

そんな今と昔のことをぐだぐだ語りつつ、最近のテレビがいっぱいの状況に浮かれています。事務所にどんな事情があろうと、二人が出ちゃえばそれだけで誰もがハッピーになるからそれでいいの!
なにより今年は特に光一さんが王子でかっこよくて、でも二人一緒だと緩めになる感じがとても好きです。
剛さんは安定の男前な可愛さ。いつでもオシャレで歌声が素晴らしくて人生の糧であります。

少し前のブンブブーンの感想を見直していたら企画もゲストもひどくて、だからこそ今のこの楽しい状況が本当にありがたいです。
周りの状況はほとんど変わってないんだけどね!いつでもずーっとKinKiの扱いは悪いし、事務所にもレコード会社にもケンカを売られ続けているけれど、そんな中でも変わらず輝きを放っている二人が大好きです!ファンです!
もっともっといいスタッフさんに恵まれますように。そして育てたスタッフさんを取られませんように。色んな人に恩を仇で返されませんように。

願うことはいっぱいあるけどやっぱりそれを総合すると「二人が幸せでありますように!」ですよ!
だから改めましてKinKiCDデビュー19周年&20年目突入&20周年YEARおめでとうですよ!
さあケーキを食べよう!
FNSとKinKi
最近の音楽番組は、珍しく何時台という感じにある程度タイムテーブルが出ていて、そこだけ見ると言うことが出来ていたので、久しぶりにどこに出るかわらからずに興味ないものを見続けさせられるという苦痛を味わった…(´Д`)
しかし音楽番組という割には歌がやばめな人多すぎじゃないですか。
普通に事故レベルに音外れてる人が多くてドキドキしました。あと可愛い子は死んだのか(゚Д゚)美少年美少女くれよー!
あ、まゆゆは可愛かったです。

18時53分にやっとのことKinKiがちらり。
もちろん曲はジェットコースター・ロマンスですが、客がいないからか光一さんご機嫌ステップ(笑)剛さんはお目目キラキラ。
で、もちろんショートバージョンでな!
夏歌じゃなくて盛り上がる歌でいいならもっと他にいっぱいあるのになぁ。他の曲歌ってほしい。

それにしてもキンキって本当オシャレだな!全部同じじゃないのにさり気ないペア感たまらんし、足元のお揃スニーカーなにかな?金と銀?果てしなくお上品にオシャレ。

19時33分に一回スタジオ来たよー。
剛さんの座り方がとても可愛いんだが、光一さんの座り方が完全に剛さんの守りに入っている(笑)光一ガードすげーな。
そしてこういう時の小窓困るなー。
お顔可愛いから取っておくべきなの?

そして51分にもう一回スタジオに。
でもちら映りしただけ。
話もなんにもなし!

ご飯を食べてからの22時13分頃、やっとのこと、そして最後のキンキさんが新曲を。
ここまで色々見てきて、やっぱりダントツ迫力が違うキンキさん。
生歌ならではの歌い込みで、毎回違う味付けで楽しめるのが今回色々出ているおかげとでも言いましょうか。
映る一瞬でぐっと自分たちの世界観に引き込むところがさすが。そしてアップに耐えられるのもさすが。光一さん気合入ってる~。
あと、なんとなく剛さんの後ろ髪がちょっと短い気がするんだけど結んでないよね?切ってもいない?イヤモニのコードで押さえられているだけかな?
ちょっとそれが気になって曲がうつろに…(笑)
いや、もう一回リピートするから!転調した後の光一さんのダンスどうなのとか思ってないから。元からこの振りどうなのって思ってるだけだから!
相変わらず、ギターとダンスの分割二部構成はかっこいいです。お歌上手い。

34分にスタジオでちょっとだけお話。
(´∀`*) 「夏の思い出はと聞かれるのが夏の思い出です」
と一笑い取ってから、悪天候で中止になってしまったコンサートのお話を。
おや?花火の思い出はいかがしたかな?花火大会はしっかりとした夏の思い出じゃありません?
それとも二人で花火しようと剛さんを誘って断られた花火の思い出話はいかが?(笑)

で、最高のチャンスとばかりに車の中で流す曲が、と喋り始めた加藤大先生が緊張しすぎてて「ジェットコースター・ロマンス」噛んだ!(笑)
残念でした。またどうぞ!


しかし、他もなかなかだったけど、特に関ジャニは…事故じゃないの?いい加減遊んでないでちょっとは歌練習しな?びっくりしたよ…( ゚д゚ )

それに対して、パフュームちゃんのお客の煽り方が毎回感心する。うまいなー。

これで終了かな?
待ち時間に恐ろしく見合わない出演時間の短さでしたが、そういえばフジはこういう局でした。知ってた。

そして感じる一抹の寂しさ。
去年の今頃は豪華照明でのKISS×3のパフォーマンスや出番でのスペインロケにみんなでプリクラもあったなぁ。田口天国だったなぁ。
今の地獄っぷりは一体どうなってんだか。私は田口くんがアイドルをしている世界線に戻りたいぞー。
ベードーヴェンとヴンヴヴーン
言うなれば休符的な回でした(笑)

番組が始まる直前になかなか大きな地震があってドキドキしていたので、冒頭いきなり剛さんの「東京大好き!」にどれだけ和んだか!
そしてそれを受けての光一さんの目を白黒させてる感じが面白かったです(笑)「どした?」と、目がまん丸とはまさしくこのことってくらい丸くなってた(@∀@*)

そして最初から笑顔でお出迎えの遠藤さんが、キンキのCDのCMナレーションをしているとは本人たちは知らなかった模様。
ていうか何回もやってるよね?そのたび、なんで?って思うんだけども(笑)

そんな遠藤さんの、長年の疑問(ベートーヴェンの英雄の一節でなぜ自分が泣いたか)を解くためにクラシックの専門家の下へ。
これは、最後まではっきりしなかったけれど良かったのか、とちょっと疑問。

しかしなぜ光一さんはティンパニーの話を持ってきたのか(笑)
ちょっと前になんか流行ってたけど。

後はひたすら音楽の授業。
言い間違えられた「こうすけ」という名前を剛さんが口にしたのが、やたら似合うなぁと思ってたら、そういえば銀狼が「耕助」でしたね。金田一くんとして呼んでたわ。

あと、美しい人みたいな話をしている時に、光一さんの後ろ髪がぴょんっと跳ねてて、それが気になってしょうがなかった(笑)
で、そのランキングになんの意味があったのか。
葉加瀬さんのクラシックの話は楽しかったんだけどなー。
本当に午後の音楽の授業みたいでした。

しかし遠藤さんが指揮をしている後ろでちら映りする剛さんのおズボンが気になってな!とってもお可愛いですね!スカンツかな??(笑)
もっとちゃんと見たかったよー。

そして最後に、「言い残すことはないですか」と剛さんがものすごく自然に番宣へ繋がる振りをしているのに「ないで…あ、そうだ。ドラマの宣伝しなくちゃ」となったのが今日一笑ったかも(笑)


それにしても、いくら問題持ちとはいえ主演なのに番宣回らないっていうのはどうなのかね。共演者の人が山ほど色んな番組回って疲れきってるのに、先輩の番組にも来ないのは…と思ったけど、それこそ問題起こされて使えなくなったら困るから仕方ないのか(・´з`・)
ブンブブーンの時間を使って許される後輩は滝翼とやまぴーだけであってほしい。ていうか来てほしい。一時間×二週くらい使ってじっくり楽しみたい。
むしろ再来週の二人が最初タキツバだと言われていて、ものすごい喜んだから余計なー。

しかし、最近のキンキのロケ全然お金かかってなさそうなんだけど、どこに消えてるんだろう?他の番組?

そんな中、自撮り形式で新曲のPRをするキンキの可愛さよ。
光一さんの髪型的に水かぶった後かな?ん?身長差どうした?(゚∀゚)
相変わらずゆらゆらで剛さんの方をチラチラ見る安定の光一さん(笑)
なにより最後の剛さんの、上目遣いで首こてんの「買ってねー」が可愛すぎて、何回聞いても光一さんがなにを言っているかわからん。なにをお願いされてるんだ(笑)
もうどうでもいいからこれで30分番組ください(笑)
音楽とキンキの日
いつもの五千円の話きたよー。それといつもの服の話。

キンキって、いつも二曲っぽくしながら必ず超ショートバージョンで歌わされるのってなんなんだろ。ちゃんと選んだ曲でしっかりメドレーしてほしいなぁ。せっかく生で歌えるのにもったいないといつも思ってしまう。
あと全面に渡って中居上げがすごいんだけど、その仕事をかっこよくこなすキンキさん本当毎回お疲れ様としか…。大変だとは思うけど、いや、かっこいい。

というわけでいつも通りのショートバージョン「ジェットコースター・ロマンス」は、光一さんが最初から司会席を窺っている、というかチラチラ心配そうに見ているからあれーと思ったけど、まあお仕事の演出でした。安住さんが逃げた(笑)
あと、歌えない中居に改めてがっかり。いい加減もう色々と少しは頑張ろうよ…。
ただ後から司会席に向かった剛さんの凛々しさと男前な感じはスーパーかっこよかったです。たまらん。

二曲目の「薔薇と太陽」の方は、今回二人ともハンドマイクと軽いダンスバージョンで。ギターも持っていなかったので、ある意味レア?
そして剛さんのステップが本当にリズム感良くて好き。
誰か剛さんの膝をー!なんとかー!剛さんのダンスが好きなんだよー!
あと、ギター持っていない分踊る剛さんの「首筋に光る汗」が映って、い、いろ、色っぽい、せ、セクシー!と非常に混乱しました(笑)
光一さんのはダンスの振りっぽいんだけど、剛さんのあのさり気ない沸き立つような色気はなんなんだろうね。
こう、首と髪の動きだけで「風」を表す亜弓さんを思い出しました!という相変わらず謎のたとえ(笑)ガラスの仮面が好きなもんで…。

そして最初と最後に服部先生(の息子さん)に頭を上げる礼儀正しい剛さん。好き。


今回は色々大人の事情があれど、たくさんの音楽番組に出演してくれるKinKiさん。どの番組もそのステージに合った演出を見せてくれるのでとても楽しいですが、今までの中でどれが一番楽しかったかというと…やっぱりブンブブーンかな!(笑)
むしろブンブブーンで独自のMV作ってもいいんだよ!歌っていいんだよ!
と、思ったけど、あれは今のままで楽しいんで、音楽番組もっといっぱい出続けてくれー!新曲ない時でも出てくれー!
キンキー!好きだー!
ミュージック・キンキ・フェア
なぜ予告のために見た先週が一人で30分なのに、キンキが出る回はいつも普通よりゲストが多いのか…。
ま、答えは横を向いて剛さんガン見(カメラ無視)する光一さんかね!
あ、いやいやごめん通常営業でした。
そして30分の割には曲も二番歌っていたし、お話もそれなりにしていたしで良かったんじゃないかと!

最近きよしのバーターで有名な水森にしか見えない近藤さんに対しての仲間さんの牽制がなかなかすごかったですが(笑)全員知り合い、というかゲストで来たことのある人ばかりだったので比較的穏やかだったんじゃないかと。
剛さんも光一さんの話にいつもの感じでつっこんでいたし、光一さんは立ち上がってジェスチャーつきで話してるし、和やかで良い良い(´∀`*)

ていうかガチ恐い話じゃねぇか!っていうね(笑)
夏だから背筋の凍るような話~みたいなテーマで光一さんが語りだしたので、ステージでの失敗とかオチがあるような話かと思ったらガチ恐い話でびっくりした(;´Д`)
しかも沖縄の話でもないのか。光一さんって何気に幽霊話多いっすよね。昔はすいう話するのって剛さんが多かったのに。
対して剛さんは小学生の時の話だったんですが、そこで出てきた池ってお家のではないのかな?
剛さんが池っていうと一番初めに思いついたんだけど、二時間見つからないのはないか。
ともあれそんな昔の話で、水が引いて沼状態になった池に足らしきものがあって、恐々近づいたら実はそれはお姉ちゃんがなくした長靴だった、というので終わりかと思いきや。
それを取りに行こうとして沼に嵌ってしまい、色々叫んだけれど二時間強助けてもらえなかった、という二段階の恐い話でした。

あ、曲は冒頭で「Hey! みんな元気かい?」をなぜか全員で。
やっぱりキンキの声って特別なんだなーと、こういう風に他の人が歌うたびに思います。
正直この曲あまり好きではないんだけど(ぼそ)でも、この曲に対する反発から「愛のかたまり」が生まれたと思うと、まあ必要な曲だったのかなと。

そして新曲の「薔薇と太陽」はMUSIC DAYと同じ仕様で左に剛さん、右に光一さんと、赤と青に分かれた二つの世界の融合が見事でした。
キンキの持ち味をわかりやすく一回で味わえるというお得な構成な感じで素敵です。
歌も普段に比べると長めだし、ダンスは相変わらず好きじゃないけど(・∀・)歌もトークも楽しかったですよ!

さあ、次は音楽の日か。
早めに普通に終わってくれるといいなー。
恐いからあんまり関わりたくないのです(´Д`)
パンとバターとブンブブーン!!
楽しかった!!トースト食べたい!
そんな回でした。武井壮さん素敵な企画をありがとうございました!
これ。見たいのはこれ!
無駄に衆人環視の中を歩かされたりよくわからない店に連れていかれて商売に使われたり、そういうのじゃなくて、ただ二人が楽しく笑っていてくれるこれが見たかった…!

そんなわけで、剛さんの「あっつい」から始まるトースト回。
ゲストは武井壮さんでした。
元は苦手でも、キンキと会っていい感じだとすぐに好きになる単純脳なんで、(笑)
まずお約束としてジャニーさんを倒すなら、という剛さんのお題を頑張って答える武井さん。
言い終えてから「大丈夫ですか?」と心配になるも、「大丈夫。僕らが保障します」と凛々しい光一さんが王子。
でも想像の中とは言え殴らないで倒すだけの辺り、武井さんも気を遣ったのかな(笑)

そして今日は武井さんの持ち込み企画でパンとバターを持ってくるも、実はそれはゴールデン帯の番組では断られたと聞き。
「ゴールデン枠の人たちをギャフンと言わせましょうよ」「その人たちを倒しましょう」
というキンキの男前な心強さ(*´Д`)

中に入り、並べられたパンとバターを一つ一つ説明する間に、剛さんの強いこだわりも語られ、「めんどくさい!」と言いつつも楽しげに饒舌な光一さん(笑)
パンという単語が連呼されているのを聞いて「今日のOAね、うちの家で見たら家の犬がずっと(何度も振り向く仕草をして)テレビに向かってなりますね」
という話をし始めた光一さんに軽くはてなの武井さんに対して「(犬が)パンって名前」と剛さんが付け足したのが可愛かった(*´ω`*)


直感で「ホームメイドブレッド」と「バター・ドゥ・ロドルフ・ムニエ」というだいぶお高めなバターを選んだ剛さんの組み合わせがジャストだったらしく、武井さんから「一緒に住めるな」というお言葉が。
ちょっと前にちょうど「モシモノふたり」に武井さんが出ているのを見て、こだわりが強すぎるし面倒くさいし人と住むのは無理っぽい感じだし、話からして意外と闇が深そうだなぁと思っていたのでびっくりしました(笑)

それを見て美味しそうだと思ったのか、「俺も食べたい」という光一さんに「お前はあかんよ」と止める剛さん、すかさず「なんでやねん!」とつっこむ光一さんのこのやりとりがとても素晴らしく(笑)

それをちゃんと見ながらトーストし、目の前に置かれたパンを見て、塗れてないところがあると嫌だという光一さんに、「ありがとうございまーす!」と武井さん。どうおやら予定通りの流れだった模様(笑)
(*●△●)「お前はどんどパントラップにハマってるね」

そして今日一手を叩いて喜んだ武井さんの発言は
「(パンとバターが)地球上で最強のコンビ。これ以上にマッチングされている、なんの違和感もないものあります?!」

「KinKi Kids以外に」

この、え、最強のコンビといえばキンキじゃないの?と思ったすぐ後の武井さん言葉に、手を叩いて大盛り上がりしてしまった(笑)
好き。この人好き。ありがとう。これから応援します(笑)
そして「以外に?」と微笑みながら返す剛さんの可愛さ世界一。

で、端っこを美味しく食べるための秘策とは、コーンスープに「ジャブジャブにする」ということで、それを食べた光一さんが「うぅンめぇえええ…!」と搾り出すような一言を(笑)
コーンスープ苦手だけどやってみようかな…。

まだまだ終わらない美味しい武井さんのオススメの食べ方の次は、一つのトーストをスリーエリアに分けて三つのバターを塗るという手法。
剛さんが選んだのはパン・ド・ミに「イズニーAOP発酵バター、蒜山ジャージー、パンにおいしいよつ葉バター」
光一さんはパーネ・ア・カセッタ・イングレーゼというパンに「エシレバター、イズニーAOP発酵バター、蒜山ジャージーバター」の順で。
…自分のために書き残しておく(笑)
この、いつも使っているバターを最初に塗るか最後に塗るかで性格が出てる感じがしますね(´∀`)

口にパンくずつけて「こーれーうまいねぇー!」と笑う光一さんに続き、こちらもパンくずつけてる剛さんの最強お腹空くコンビ。トースト食べたい(・∀・)
そして選んだパンで剛さんの好みがわかる、と言われた後の「ちょっとよくわからないなぁ」という光一さんが若干真顔で恐い(笑)

全粒粉トーストは、中の柔らかい部分をくり抜き、その上にカルピスの特撰バターを乗せて焼くというもの。

いつもは「うまっ!」で済ませる光一さんがとても饒舌で、しかも全部残さず食べるという、食べたくなるのが当然という企画なんですけどお腹空いたよー!
その間にちょくちょくヤクルト?をジョッキで飲んでる剛さんめっちゃ可愛い。

続いて武井さん自前のスチームトースターを見て。
(*●△●)(´∀`*) 「「スチーム」」
と声を揃えるキンキの不意打ちコンビ感。ときめく。

そして美味しい食べ方とは、バターコーンをホームメイドブレッドとジャージーバターのトーストの上に山盛りに。
「うまい!」というにこにこの剛さんの横でコーンをかっこむ光一さん。無言で食ってる感じ好き。

そして最後に「今日お伝えしたかったのはこれです」という武井さんに、
「じゃあ最初からこれにしてくれれば、もうちょっと感動あったかもしれんけどな」と言う光一さん。
そこにすかさず武井さんが入ってきて。
武「そう思うでしょ?一番最初の舞台が武道館だったらどうですか(ドヤ顔)」
光「僕らそうなんですよ(さらり)」
武「!」

光「(コーンを食いつつ)KinKi Kids、デビューの全然前にやったコンサート、武道館だったんですよ」
剛「(コーンを口一杯に詰め込んで)楽しかった(´∀`)」
武「だとしたらもうこれだけやりゃよかった…」
と、オチまで完璧(笑)
本当に最後まで楽しかったです!武井さんありがとう!

しかしパンとバターだけでこれだけ楽しいKinKi Kidsすごくないですか。コスパ良すぎじゃないですか。
軽く音楽やる二人の番組もう一個欲しいなー|д゚)チラッ
KinKidePON!
青木アナがいつの間にかジャニーズ全般好きということにされていて、大変だなーといつも思う。最初はキンキとか滝翼語ってたのにね。
しかも勉強して色々知ってくれてる、一応ファンという名目の青木アナに対して、すごく見下した対応する人たちがいて、その対応を見ると実際のファンに対してはもっとひどいんだろうなぁと感じちゃう。
けど、誰が好きという問いに対しての「みんな好き」はここにはいないから気を遣って言えない、だよね(笑)

その点我らが光一さんはファンと同じ目線で立っているので(笑)安心して見られますし、青木アナのコメントも思い出と熱が篭っているので見ていて楽しいです。
そんな青木アナと剛さんの邂逅をサポートする我らが王子が面白かったので、短いですけどそのまま書きまする。
またインタビューザク切りだったってことは、光一さんが楽しみすぎてたってことだよね!知ってる!
あと、青木アナのうちわの文字がちゃんと規定の枠内に収められてて笑った(笑)

青「パフォーマンスを終えたばかり、KinKi Kidsのお二人にお越しいただきました!お疲れ様でした!」
二人「(礼)お願いします」
光「二人揃ったの見たの、初めてじゃないですか?(嬉しそうに剛さんを紹介)」
剛「(このノリに若干戸惑いつつ薄く笑顔)」
青「初めてですよ!(声が上擦ってる)」

青「フラワーが発売されたのが17年前、高校生の時で、100万枚以上売り上げましたけども、私自身も100万回以上聴いてますから!」
光「(笑)」
剛「うわーすごいですねー」

青「『薔薇と太陽』テレビ初披露じゃないですか」
光「そうです。あのー、そうなんですよ」
青「ギターとダンス、お二人分かれてパフォーマンスしてらっしゃる」
光「そうですね。たぶん今までないんじゃないですか」
青「そうですよね」
光「本当にね、スタッフ泣かせの、というか、ディレクター泣かせというか」
剛「カメラマンの方とかもね」
光「(カメラマンになりきって)『なんなんだ!どっちかにしろよ!』…絶対思ってると思うんですよ(笑)」

という、短い時間でしたが、ちゃんと新曲の話もしてくれたし、楽しかったです。
ちょっと剛さんがお疲れの感じだったかな?

あと、松潤がジェットコースターロマンスの話をする時にKinKiの名前を出していたんですが、ZIPではそこをわざわざ切るということをしていて、もやもやが止まらない。この扱いはいつ終わるのか。

とりあえずこのもやもやはもう一回新曲のパフォーマンスを見て晴らすか!
あのアレンジバージョンをCDに入れてほしいなぁ。
そして何回見てもパフォーマンスに気を取られ、歌詞が吹っ飛んで頭に入ってこない。結局これはなんの歌なのかまだ理解出来てないんだけど、考えるな感じろ的なものかしら。
体力測定ブンブブーン
なんで体力測定でこんなに楽しんでるの?(笑)

ただ、剛さんがあれだけ膝がって言ってるのにこの企画はどうなんだーとそこだけは言いたい。
トレーナーの先生がついているのなら、もうちょっとどうにかならんものか。

ともあれ、初っ端から番宣が入ったのはタイトルにキンキと入ってるから?(笑)
…というのを、光一さんが本場で見たと聞いた時に思った(笑)

そして三浦春馬さんがこういう人だと初めて知った。むしろちゃんと見たの初めてかもしれない。
それにしてもすべての平均値が高すぎる気がするんだけど、これ一般人の?普通こんな出来るもの?
なんにせよ光一さんがとても楽しそうで良かったです(*´ω`*)(いつもの)
どれだけ楽しんでるの。人に群がられる外ロケよりかは、体育館内の方がまだいいってことかなー。

しかし最初の握力だけでだいぶ楽しんでいたのに、立位体前屈で大盛り上がりできるのはキンキだけじゃないかと(笑)

あまり結果が芳しくなかった剛さんが、耳を30秒引っ張ったら柔らかくなると聞いて試したんですが。
p(*・△・)q「(耳を引っ張りつつ)もうこれ以上やったら引きちぎってしまいそう。(30秒)経った?うん」
の、最後の「ぅん」がめっちゃ可愛い。めっちゃ可愛いの!!!!
そして試してる剛さんの後ろで、同じように耳引っ張ってる光一さんもちょっと可愛かった(笑)

続いて頭皮をマッサージすると体が柔らかくなるという説を光一さんが持ち出し、三浦さんが柔らかくなったということで剛さんも試すことに。するとなおも柔らかくなり、もう少しで平均に届くそして最後はダブルで試す、ということで光一さんが耳を引っ張る係に就任(笑)
台の上にて(*・△・)「めっちゃ引っ張っていい」(´∀`*) 「これぐらい?これ痛い?」とナチュラルに協力している二人を見て、「どんなシチュエーションなんですか(笑)」と三浦さんがつっこむも二人とも集中しているためにスルー(笑)ごめんね、ゲストなのに。
しかもなぜか剛さんと一緒に台に上ってる光一さんが危なっかしかったために、そっと支えてくれる三浦さん。ゲストなのにほんっとうにごめんなさいね!(笑)途中ですごい目してたよ。なにこの人たちって目してた。申し訳ない。
そして結果、めでたく平均値を超えることに。その時の剛さんの笑顔が超少年っぽくて可愛かった!!光一さんご協力どうもでした!でも、よく普通に人の耳引っ張れるな(笑)

で、間のスペシャルテスト?なんですが、もしもしかめよのやつが見ていてもまったくわかんなかった。どういうこと?
目を閉じ両手を広げ「ここは東京ドーム」と、イメージを膨らます光一さん。
でもすぐに撃沈。落ち込む光一さんにものすごいウケてる剛さん(笑)
リベンジで「ここは東京ドーム!本日2公演目」と始めるも、やっぱりすぐに終了。

続いて剛さんもまさかのその設定を引き継ぎ
「最後の曲になりました。聴いてください。『かめさん』。今日はどうもありがとう!」
と始めるも、やけに強く胸を叩くのが面白く、熱が入りすぎたのか両方手がパーになってミス。

もう一度、ということでダブルアンコール設定でリベンジ。アンコールどこいった(笑)
そしてまったく同じところで失敗する剛さんと、一緒に悔しがる光一さんなんなの(笑)
なんでこんなにこれで盛り上がってるのかわからんけど、楽しいならいいです(*´∀`)

上体おこしは、頑張る光一さんはもちろんすごいんだけど、そのために足を持つ剛さんが顔を伏せているのが一番面白いポイント(笑)
顔を見合わせたら笑っちゃうもんね(笑)ていうかそうじゃなくても結構笑ってるけど、それでも平均を圧倒的に超えたのはすごい。

続いて剛さんが試し。その頑張ってる様子を見て「剛くん!」と唐突に名前を呼ぶ光一さんも変だし、「腹筋してる時の君、ちょっとジョニーデップに見えてきた」と急に言い出す光一さんどうしたの?だし、最終的に「おっぱいが破裂しそう」「なんでおっぱい?」という会話をするキンキどうしたの(笑)

そして剛さんのしてる膝のサポーターが私も一緒でちょっとだけ嬉しかった(*´ω`*)あれすごくいいっすよ。あれつけると痛くても歩けるようになるの。

最後は「20mシャトルラン」
平均値からして約1kmくらい走ることになると知って、家から200mくらいのコンビニでも車で行くキャラが復活する光一さん(笑)懐かしい話だ。

ていうか知らないぞこの種目。そんな前からあった?まあうちの学校体育館なかったからあれだけど、スポーツテスト普通にやってたけどなぁ。

それにしても剛さんの足の氷嚢がつらい…。
膝を冷やしてるのを見て、サマリーの時の田口くんを思い出して胸が苦しくなった…。何気なくやってるのが余計きついんだよ。あああ、その時の気持ちを思い出してきた。きつい。
本当に膝というか体大事にしてください。

いつもぶつ切りな感じがするから、今日はなんだか珍しく最後の挨拶がちゃんとしてた気がします。
そしてそれぞれにアドバイスと体の心配をするキンキはいいお兄ちゃん。
それにして、スポンサーが山ほどついて、物なしの体育館だけで番組出来てこれだけ見せ場を作れるKinKi Kidsってどれだけコスパいいのよ(笑)
18時と19時のKinKi
かっこよかったぁああああ…・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
いつものショートバージョンのフラワーからの新曲「薔薇と太陽」、とてもかっこよかったです!心臓がドキドキしすぎて危険な領域にいきそうだった(笑)

今だから言えるけど、正直最初に聞いた時に、まったく夏っぽくないしサビというサビがないし、なによりイントロを聞くとどうしてもビークルメドレーで散々聞いた「悲しき願い」に繋がっちゃうので(頭の中で若い声のキンキが『ベイベー一度くらいなら』って歌いだす…)、この曲どうなのーと思ってたんですが。

今日の演出ほんっとかっこよかった!よくここまで仕上げたなー。すごい。
先に光一さんが連載でダンスとギターと言っていたからわかっていたはずなのに、思ってた以上でほんっとかっこよかったの!何度でも言う!かっこいい!

なんか、一本の映画見た気分でした。
こう、スペインの片田舎で…あ、これから妄想入りますね(・∀・)
ギターとダンスという道にそれぞれ思いを託して別れた幼馴染が、スペインの片田舎の小さなバーで再会して一度限りの共演を果たす、みたいな物語を感じた。それぐらいあのステージにドラマがあった。
なんか周りに人がいっぱいいた?っぽいけど、全然目に入らないくらい二人に脳内スポットライトが当たっていた。
そしてあの剛さんの髪の毛の揺らし方のセクシーさな!髪の端まで演出の一部かよという感動と色気と少しの気だるさがなんかもう…SU☆KI(*´д`*)

ダンスの振りは思ったとおりのものでやっぱりなーうーんとなったので、もういっそ今井くんにお願いしたかったなーとすごく思いました。それぐらい情熱的なかっこよさがほしかった。あの人の作る振りには男のかっこよさがないのよね(´Д`)それと歌うことが考えに入ってない感じと、見せ場が同じなのと、一人でやるダンスな感じで胸が躍らない。
でも光一さんがとても王子でした。表情いいわぁ。
しかし、あんなにカメラの方見なくていいものなの?なんかこう、横顔多めだったんですけども(笑)

あ、あと、フラワーをセンターステージで歌った後、メインのステージに戻る時にくるっとターンした時の動きが二人とも見事に揃っててきゅんとしました。あと、ちょっと早足剛さんに萌えた(*´∀`*)

そしてやっぱりあの格好が新曲のイメージなら、元は新しいアーティスト写真がジャケットになるはずだったんだろうなぁと。
なんかこう、それだといつも通りのジャケットになりそうだったから、たくみの撮った写真で良かった!と思いました。
あーかっこよかった!きゅんとしすぎて不整脈がひどい!(笑)

あと、その後にRADIO FISHが来た流れが面白かったです(笑)
キンキの後って、緊張しただろうなー。
そしていつかあのダンサーの中に田口くんが混ざるんじゃないかといつでも緊張している。むしろ光一さんの後ろで踊ってほしい。切実に田口くんのダンスを求めている。
あ、PERFECT HUMANで体揺らしてるKinKi Kidsは可愛いかったです。それと、トークの場で、RADIO FISHの面々が他の人とは別にキンキ用のちょこっとした礼を入れるのが面白かった(笑)キッズさん呼びもなんなの(笑)


そしてちょっと置いてのジャニーズメドレーにて。
まだだと思ってちょっと油断してたもので、大勢の中に剛さんが映った瞬間の不意打ちメガネに、リアルに「ほわぁああぁ……!」的な変な鳴き声上げた。剛さんと田口くんに関しては珍妙な泣き声を上げることに定評のある私です(・∀・)
衣装変わってるしメガネだし。しょうがないよね。好きだもの。

しかし、KAT-TUNと滝翼がいないだけでこんなにキラキラがなくなるかぁ。
曲も知らない曲ばっかりだし、誰が誰だかわかんないまま進んでいって、光一さんが出てきてやっと目が覚めた。
あ、その前にKinKiの曲を踊る時のまつじゅんと小山が張り切ってたのがちょっと面白かったけど(笑)
光一さんの一人だとちょっとそわそわする感が面白かったです。あと、オンリーユー言わねぇのかよ!っていうね(笑)
で、その光一さんの最後の視線で、あ、次剛さん来るわと気づきました。
剛さんの場所がわからなくなった時は光一さんの視線に頼るに限る(笑)

そんな剛さんは控えめお剛様。知らない曲だけど、とりあえず剛さんが可愛い。でも知らなさ過ぎてこの曲担当の人々大変だなと。そりゃ剛さんもメガネをかけるわ。
周りを固めるのは剛親衛隊かな?(笑)
これはもう加藤大先生大勝利というだけですな。良かったね、剛さんと一緒のグループで。隣に並べたらもっと良かったのに。
そして最後は舞台の端と端に置かれるキンキがいつも通り過ぎて、ですよねーと。
基本的に、大勢でシャッフルとなると、キンキはただ分けられるだけなのでおいしくないっす。特に他に誰もいないとね。その時間分二人で歌ってほしいわぁ。

しかし、櫻井が「KinKi Kids」と言えてなくてびっくりですよ。
私の中でお年寄り判定は「キッズ」が言えなくなったら、なんですけど、「キンキキズ」と二回言われてなんだかなぁと。
こういう流す進行の仕方を見ていると、ちゃんと本人のエピソードを受け取って話すし、なんならほとんどの人が知り合いっていうキンキって本当に司会が上手いんだなぁと改めて思う。そのためにちゃんと努力してるしね。
ま、司会されると全部残さなきゃいけないから適当司会で一場面出るだけの方が他を見なくて済むので楽なんですけど!気分は良くねぇぜ!

さー、さくっと編集してKinKiをリピートするぞー。
王子キター!
キンキのコンサートDVDが出ると聞いたところで4形態全部内容同じとかどういうことだよ、やる気も売る気もないにも程があるだろ。たまには仕事しろよ。ていうかこれでお給料もらえるならボロイ商売ですね、これだけなんにもしないなら一ヶ月も経たずに出せるよね。前回の光一さんから剛さんへのプレゼントの流れを丸々カットしたのまだまったく許してねぇからな末代まで祟ってやると大変憤慨していたのですが。

王子の更新で気分の切り替えが出来ました。
待ってた!こういうのすごく待ってた!さすが王子!
最近ちょっとふくよかになった?幸せ太り?とか思っててごめんなさい!(笑)ちゃんとトレーニングしてわざわざ戻してたんですね。
ていうか52kgしかなかったのか…。世の女性が怒るどころか引くやつやでそれ…。確かに体重増やすのって難しいもんなぁと私も悩む一人なので、光一さんを見習って増やす努力をしてみようかなと、思ってみたり。

そしてなにより新曲は踊る感じなのか。
あのムーディーというかあまり波のない感じだから元からギター持って歌うもんだと思ってたからびっくりでした。
でも振りがなぁ…。
個人的にはあの人の振り、ダサくて格好悪…(ごほごほ)というか、光一さんとその時の曲に合ってなくて好きじゃないんですが、それを光一さんが一人で引き受けてくれる男気に免じて目を瞑ろう!
剛さんが踊るのはそりゃ見たいけど、まずは膝!膝が大切!大事にして!スーパー大事にして!この前のコンサートの時に途中でまったく曲がらなくなったのを目撃して本気でぞっとしたので、よろしく王子!って感じなので。
コンビでダンスとギター、他にはなくていいじゃない!
剛さんのリズム感に惚れ惚れするダンスはまた違う機会に取っておいてくださいまし。

光一さんがああやって言うのなら、扱いの悪さにも耐えて頑張って色々楽しみにします!
だからせめて、CDの予約さえも出来ない状況くらいはなんとかならないのかしらねぇ。
たまには昼寝から起きて少しくらい仕事してもいいんだよ、事務所とレコード会社の人?
ああ、往年の寝起きバズーカードッキリ仕掛けてやりたい。
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.