お着物茶道でブンブブーン
今日は銀座から寒そうな感じでスタート。
今日のゲストは剛さん曰く「パワーの象徴」エレカシの宮本さんでした!
朝からのロケと言うことでエンジンをかけてきていただいたようで、独特な動きで語る宮本さんを真似する剛さんが可愛かったです(笑)

ていうか剛さんがなんか可愛い感じの服着てたんですけど、寒かったのかその上にまた一枚羽織っていて中が見えず…残念。

そして今回は茶道をするということで、「うちのかーちゃん、茶道の先生出来るから呼んでこればよかった」という光一さんに、「きよこー」と普通に光一さんのお母さんを呼んで探す剛さん。すごい自然に呼んでたし、光一さんも「うちのきよこが」とにこにこしてるし、なんかすごく懐かしい感じがしました(笑)

茶道と言うことでまずは和服にお着替えするために場所移動。
なんと宮本さんは先に来ていてすでに着物を選んでいるということで、KinKiの二人もすぐに選んで衣装替え。

宮本さんがめっちゃ似合う!というか、文豪感がすごい(笑)作家先生って感じ。
そしてなんだろう剛さんのこの貫禄。なんかわかんないけどとにかく偉い人だ…(´∀`)光一さんもまたジャンルの違う似合い方で、どっかの若旦那っぽい。

着替えを終えた後は茶器を見てみることになりまた移動。
剛さんが語っている間、光一さんがなにか言いたげに目をぱちぱちさせているからなにかと思えば、「剛くん、家でご飯食べる時とか、お茶碗とかどんなん?」とゲストの宮本さんを前にしてなぜか剛さんに質問(笑)
しかも聞いといてあまり聞かずに「俺、黒いプラスチックの丼」と自分の話をしたかった模様(笑)
「ぽいなーっていう…」剛さんの感想も面白いですね(笑)
そして宮本さんどうですか、とちゃんとゲストさんに聞いたのでほっとしたのもの束の間、
「プラスチックの丼っていうのはどういう…?」とまさかの宮本さんが違う方に食いつくという(笑)

そして唐突に目利き勝負が始まったんですが、茶器を見るのにメガネをかけた宮本さんがより文豪っぽく…!すごい傑作生まれそうですよ!
で、結局目利きもなにも、見た目に高そうな茶器が普通に三百万でした!もうちょっと悩む二つにしようよ!
そういうわけで正解は宮本さんと剛さん。まあ、光一さんが三万の方の茶器を選んだ理由がそもそも「自分の持っているプラスチックの丼に似てるから」でしたからね(笑)

その後、本命の茶道を習うために再び移動。
さっきまでいた茶道暦12年という人はなんだったのか、ちゃんとした裏千家の先生が登場。
立礼式という、イスに座って気軽に楽しめるスタイルで習うことになったんですが、やっぱり剛さん膝がやばいのかなぁ…。ちょっと心配になりました。
畳でこういう座り方をするのを見ると、足を怪我した時の田口くんを思い出して胸がきゅっとなる…。あれは本当に恐かったから、膝は本当に大事にして欲しいです…。

そして畳を見て光一さんが「布団敷いて寝たい」とか言い出しまして、「ダメですよ」とたしなめる剛さん、「お疲れでしょうけれども…」と付け加えるところが素敵。
その後はまずお辞儀の練習。
上座の人に合わせると言うことで、剛さんに合わせて頭を上げることになったのですが、ゆっくり五つ数えるところをちょっと早め?に上げた剛さん、しかしそのタイミングぴったりに頭を上げた光一さんとめちゃくちゃ綺麗に揃ったため、真ん中の宮本さんが遅れて見える形に…( ゚д゚ )
違うんだ!申し訳ないんだ!二人がすげーびたっと合っちゃっただけなんだ!
しかしあれって光一さんが合わせたのかなぁ?それとも同じテンポで数えてただけなのか。すごかった。

続いてはお茶の飲み方を教わったんですが、剛さんの所作がほんっとうにお上品でね!侍かってくらいに凛々しくてとても格好よろしかったです…惚れ惚れ。
あと光一さんの探り探り感がすごかった(笑)

お茶の点て方もやっぱり剛さんが飛びぬけてお上手で。茶筅の話で先生と分かり合ってみたりととにかく素敵。
光一さんは若干茶杓が深く入りすぎたようで抹茶山盛りでした(笑)

最後に宮本さんが緊張のお茶会を。
合間の光一さんが、SHOCK中のためか若干物言いが尖ってたのも心配でしたが(;´Д`)ただそれよりも剛さんの方が痩せてるのがだいぶ心配。
田口くんもそうなんだけど、摘んだら可愛いぐらいのほっぺたがある方がいいなぁ。美味しいご飯をもぐもぐ食べてほしい。

なにはともあれ、なんか楽しそうで良かったです!
来週はなんかすごそうですね!
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.