アルバム「DIMENSIONS」発売おめでとう!
ちゃんとフラゲしていたのに今日まで聴けなかったのは、ひとえにいつもの、田口くんの記念の日に具合が悪くなるシステムが発動したから!。゚(゚´Д`゚)゚。

ってことで今日やっと聴けました!
田口淳之介名刺代わりの1stアルバム「DIMENSIONS」
名刺と言うには情報量が多すぎるほど魅力が詰まった名刺でした!

多種多様な曲がたくさん入っていて、それこそタイトル通り多角的に攻めてくるので、誰にでも一曲はぐいいっと刺さる曲があるのではないかと思います。です。
これでもかってくらい色んなタイプの男の揃った乙女ゲーかよという俗な喩えをしてみる(笑)
色んな方面に跳んだ曲があれもこれもと詰め込んであるので、一見バラバラになりそうなところを、1曲目の「DIMENSION」と10曲目の「On My Way」でぎゅっと締め、そして最後の「On the Moon」で余韻に浸る、という流れを見事に作り出しているので破綻していないというか、とにかく「DIMENSIONS」という作品集としてまとまっているアルバムでした。
正直予想以上。
ストレートなものもあり、攻める曲もあり、挑戦的なものもあり、ストレートのようで変化球もあり、おっほっほって曲もあり、あれこれ色んなものに挑戦しているのにすごく聴きやすかったです。それってすごい。

ていうか田口くん音域また広がった?
「FRIDAY NIGHT」とかびっくりしました。
あとラップがこれまた予想以上にラップで、え、ちょっ、田口くん?これ私の知ってる田口くん?って何回もなりました。
まだまだまだ加速度的に成長している様がよくわかる。でもたぶん今現在はもうここも通り越しているんだろうな。
前から常に先を行っている人だったけれど、今はもう見えたと思ったら「…残像だ」ってレベル(笑)

そして、きっと、たぶん、すごく、井上さんありがとう。
…正直なところ、初期の頃のあれこれが好きな方たちにはすごく刺さる作家様たちだと思うの(こそっ)
いや、こそっと言うこともないんだけど(笑)
曲がたまらんのだよね。
そこに田口くんの歌詞と、田口くんの今と、進化した歌声と表現力が載るとまた化けるんだこれが。
ちゃんとしっかり田口くんがいるんだけど、これっていうのが色々いすぎて、でも全体で見るとやっぱりちゃんと田口くんという。素敵な木のケースに詰まった絵の具のようであり、モザイクアートのようであり。つまり田口くん。

きっとパフォーマンスが載るとまた全然変わって、だけどそこさえもまた越していくんだろうなぁとあれこれ想像させる曲たちでした。

そして感想を言い忘れていたMVの話もちょっとだけ。
いわゆる「踊る田口」の方の「DIMENSION」は、ダンスというよりも舞踏とか舞踊という感じで、光と影の表現方法がとても美しく、そして胸をぎゅっと掴む創りでした。もはや一本の舞台。
衣装は「自由と束縛」の意味なのかなぁ。なんとなく。
たぶん見た目以上に運動量がきついと思われるので、あれだけ踊る田口くんをもってして筋肉痛になったというのは頷ける話かと(笑)

対して「演じる田口」の「Raindrops」はドラマ仕立てのMV。
雨の日にだけ人間になる、という設定からしてファンタジーですが、現代だけどファンタジーでそのものずばりグリム童話というか、田口くんは王子様でした。いや、見た目はもとよりそうだけど、王子様なんですよ。混乱してないよ!
たぶん見ていただければわかるかと(笑)

そんな、語り出したら止まらない田口くんのアルバム「DIMENSIONS」絶賛発売中ですよー!
PCなしでスマホにそのまま取り込めるプレイパスもついてるよー!
ぜひー!

『DIMENSIONS(ディメンションズ)』
   
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.