FC2ブログ
シオドメディアby赤西仁
魅録と共感するところはありますかと聞かれ。
「設定がなにかと非現実的なので、共感する部分は少ないんですけど……」
とテレビ向きじゃないとても赤西さんらしい素直なコメント(笑)
「(魅録は)感覚的にお金持ちなんで。僕、感覚的にお金持ちじゃないんで」
それに対して「お金、持ってますよね……?」と返され、「お金持ってないですよ!」ときっぱり。
「10円立てに使う10円も持って帰りたいくらい(笑)」なんて言ってました。

有閑倶楽部のメンバーで倶楽部を作るなら。
横山さん
「トーク」倶楽部。「おしゃべりが上手いから。(どんなことを喋ってるのかと聞かれ)使えないことばっか喋ってますね(笑)」
田口くん
トーク、という言葉に線をちょんちょんと足して「キタク(帰宅)」倶楽部。
「早く帰ってほしい」といつものSっぷりを発揮。
「それは赤西さんの……」「希望です(きっぱり)」
そこにいたアナウンサーが後ろに貼ってあるポスターを指し、「美しい眼差しじゃないですか」と言えば、それを振り返って赤西さん「完っ全に、帰ってほしい」と指差して断言(笑)
「そんな田口さんにはつれない赤西さん」とナレーション(笑)
自身はなにかと聞かれれば、同じフリップをくるりと出し、「キタク」倶楽部と。
なぜかと聞かれれば「早く帰りたいv」とハートマーク付きでお答え。
「僕は自己的に帰りますけど、田口は帰らされる」ところが違うらしいです。

香椎さんは「香椎倶楽部」独自の世界を持っているから。
入部しますか?と聞かれ「したい、けど、オーディションとかありそう」と。
鈴木さんは「ファッション倶楽部」オシャレなイメージ。
美波さんは「天然倶楽部」天然だから。
これまた入れますか?と聞かれ「僕は早く帰るんで」と帰宅部を主張(笑)

その後10円立てゲーム(10円玉を立てられた数だけPRタイムがもらえる。1枚4秒)
簡単には立たせないよう、ここでも質問責め。
「器用な方ですか?」
「そうでもないです」
「田口さんて、ご自身ではどんな倶楽部っていいそうですかね?」
「……田口?」(ここで立っていた2枚の10円がぱたぱた倒れる/笑)

結局立ったのは1枚限り。
思わず赤西さん「なんか、マジビミョーな空気……」とボソリ。

そういうわけで4秒のPRタイムスタート。
「えーと、そーですね、あのー火曜……」
「終了~」

「こうするしかなかったんだ!」
4秒ってことで、オチはこれしかなかったようです(笑)
それでも火曜だけ入りましたね、と言われれば「一番重要なところは言えたんで、大丈夫です」と答えておりました。

ということで有閑倶楽部、火曜ですよ(笑)
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.