FC2ブログ
2/7 KAT-TUNスタイル木曜
今夜の指令「電車に乗っていたら隣にいた人が寝てしまい自分の肩に寄りかかってきました。その時の反応をお願いします」
淳「ちょっ……んー……すいません、あの、大丈夫ですか。……バカヤロー!」>最後は甲高い声で

仁「KAT-TUNの赤西仁です」
淳「キテレツ大百科です」
仁「あのね、なげー、前振り(笑)最初からそうやれよお前」
淳「ですね。一発で良かったって感じですね(笑)」
仁「一発で良かったです今の」
ってことで、地味にダメ出しくらいました(笑)

っていうか昨日のラジオで田口くんのリップ音聞いてから、LIPSでの亀梨さんのリップ音(チュって音)が恥ずかしくてたまりません(笑)
どーしてくれるー。

もう恒例になったのか「していていまーす」なこのコーナー。
『西口仁之介!』
Q「すぐにお腹が鳴ってしまいます。なにか解決方法はありませんか」

淳「たぶんさぁ、お腹が空いて鳴ってるんじゃないと思うよ」
仁「なんで鳴んの?」
淳「消化してる音が出るんだよ」
仁「あー、そういうことね」
淳「まーでも解決方法ありませんかって、ないよね」
仁「これこそ生理現象でしょ」
……なんだか赤西さんが「生理現象」と言うたびに、覚えた言葉を一所懸命使いたい感じがして反応してしまいます(笑)
いや、これは合ってるんだけどさー(もぞもぞ)
そしてその後休み時間のたびに水を飲んだりしてみてはどうか、という案を田口くんが出すがいまいち。
ということで赤西さんが「あえてネタにしてはどうか」という案を出します。
仁「最初はからかわれるかもしんないけど、そのうちなんかすごい普通に」
淳「鳴った瞬間『あ、お腹なっちった♪』とか」
仁「うん、そうそうそう。なんか可愛らしく」
淳「……可愛かった?今」
仁「え?」
淳「可愛かった?」
仁「誰が?」
淳「俺」
仁「……うん。かわいいかわいい(棒読み)」

ちょっとその言い方が可愛かったんですよ田口くん……(照)
可愛かったって聞くかお前……。かわいいよー(結局)

Q「小さな身長の私に、バスケで役立つプレイの仕方がないでしょうか」

ここではバスケ経験者の田口くんに意見が求められます。
「ディフェンスはしょうがない」という田口くんに「ディフェンスしなければいいってことですか?」という極論を持ち出す赤西さん(笑)
そして攻めで生かそう、クイックな動きをしようと田口くんが言えば。

仁「宮城ですね、SLAMDUNKの」
淳「そうそうそうそう、リョータね」
仁「宮城リョータですね」
淳「そうそうそう。そういう、……上通されちゃうもんね、よくね。リョータも」
仁「そうですね」
淳「でも攻めにはやっぱりこう効く、みたいな」
……バスケをやる小さい人と聞いて同じことを思った人挙手。はい(即挙手)
いや、私はミッチーが好きなんですけど(関係なし)

淳「(赤西くんは)バスケとかやんないっしょ?」
仁「いやいや俺バスケやりますよ」
淳「ウソー?」
仁「やーるーよ」>この言い方がすごく赤西さんっぽかった(笑)
淳「サッカーじゃん」
仁「サッカーもそうだけど、バスケやりますよ。友達と」
淳「どこでやるの?ストリート?」
仁「体育館」
淳「体育館?」
仁「体育館でもやるし、ストリートでもやるし」
淳「へぇ、ちょっと意外」
仁「ホントに?」
なんか、このやりとりが本当に普通っぽくて良かったです。
赤西さんと田口くんが普通の雰囲気で話すって、ちょっと前からしたら奇跡の勢いですよ(笑)

ここから田口くんの「アメリカでやった?」という質問から、アメリカでのストリートバスケの話に。興味津々な田口くんが可愛かったっすv

赤西仁の掴みネタ【赤西人事異動】
仁「却下」
これを言って司会者側に移動して番組を進めてください、と言われ「他の事務所の人も巻き込む感じになるんで」と改めて却下。

淳「明日も頑張ろうね」
これもほんっと普通のトーンで。なんかあまりにも普通に会話してるのが変で面白いです(笑)
さーて、明日は週のラストだー。
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.