FC2ブログ
2/28 KAT-TUNスタイル木曜
今夜の指令「おいしそうにラーメンを食べる音をやってください」
仁「はあー……はあー……あー……」
……セクシーなのか変質者なのか、危うい吐息でした(笑)

仁「赤西仁です(笑)」
淳「啜ってなくない?まず」
仁「あのね、食べた、後」
淳「後」
仁「味が残ってる感じの」
淳「あ、口ん中に」
仁「で、ちょっとあのー……五臓六腑に染み渡った感じ」
まったくそんな風に聞こえなかったのですが、赤西さんがそう言うのならそうなのでしょう(笑)

今日はしていていまーす、ではありませんでした(笑)
『西口仁之介!』
Q「最近別れた私の男友達が、『やっぱりお前といる時が一番楽しい』と言ってきました。どうしたらいいですか」

なぜかこういうふらつく男の話に熱い田口くん(笑)

淳「でも『やっぱり』って使ってくる男の子は俺ダメだと思いますよ!」
と、力を込めて熱弁する田口くん。

そして恋愛について語る男たち(笑)
こういうのを聞いていると、本当に二人は正反対の性格だなぁと思います。
でもなにを言っても結局は赤西さんに説得、と言うか言いくるめられる田口くんなのでした(笑)
そういうわけで。
仁「その子を試してみたらいいんだよ」
という赤西さんの意見を最終的な結論として受け入れてました。
熱い、のに弱い男田口淳之介(笑)

Q「子供の時からカラスに襲われます。カラス恐怖症を治すにはどうしたらいいでしょうか。二人はカラスに襲われたことがありますか」

仁「これ珍しいですね。あんま聞かないですよ」
淳「カラスに襲われたことはないね。ある?ないよね」
仁「ない」
淳「カラスって光物に寄ってくるっていう……」
仁「じゃあ(この子)は光っているってことですか(笑)」
淳「へへ(笑)」
仁「光ってるんですか。なにかが光ってる……汗かもしれない(笑)」

その後、自分で言った説を自分で否定する、を繰り返す田口くん。
その流れを一切無視して赤西さんぽつり。

仁「……仲良くなる?(笑)」
淳「カラスと?(笑)……餌持って歩くとか。……余計恐怖症になるよね」
仁「まあね」

ならば原因を探してみたらどうか、という案が。
淳「自分の好きなファッションが、色の系統が一緒とか」
仁「そうそうそう。とか。なんかいつも目立つ指輪をつけてるとか、ネックレスをつけているとか」
淳「くるみ持ってるとか」
仁「それはない」

なんだかやっぱりちょっと機嫌のいい赤西さん。つっこんだ後に笑ってました。
機嫌がいいっていうか……もうお酒とか飲んでます?(笑)

そういうわけで結果
A「原因探してみよう」


赤西仁の掴みネタ【バイバイジーン】
仁「却下。なんかあれじゃん。パクりじゃん」

パクりはダメ、ということで今日も却下。

さて、この機嫌の良さが明日まで続きますでしょうか(笑)
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.