FC2ブログ
8/17 KinKi Kids どんなもんヤ!
二人が楽しそうだったので、久しぶりにざっくりとしたダイジェスト感想を。


光「はい、堂本光一でーす」
剛「どぉもとの、つーよーしーーじゃー」
光「はい、今週は剛さんと二人でお送りします(さらりと流して)」
剛「ドSやな…」
光「(笑)」
剛「(笑)」
光「いいでしょ?こういう方がいいでしょ?放っとかれる感じが(笑)」
剛「それでいいよ。適当でええねん。うん」


そして台湾のボランティアの話。
カニが産卵地まで無事に着けるように、ボランティアが誘導するそうで。

光「まあ、カニさんの無事を願って」
剛「お祈りしてます」
光「ね。いい産卵を」
剛「よろしく。いい産卵をね、期待してるカニ」
光「…えー、というわけでKinKi Kids どんなもんヤ!」
剛「始めようカニー?」


「何でもこいやのふつおた美人!」
テゴマスの代々木公演で、座る時に「ベアー」を使っていたというお話。

剛「これ、いいねんけども。やってもね?でも著作権、があるのよ、これ」
光「ベアー、な」
剛「うん。ジャニーズ出版が持ってる…。まあ、やめたらお金は入れへんねんけど、まだ僕が事務所にいる限りはこの『ベアー』に関しては僕にお金が入ってくるんですよ」
光「あん時あれだけおもろくてウケたけど、今これ聞くまで忘れてたからね」
剛「いや俺も、てっきり忘れてるよね」>てっきり?
光「テゴマス偉いな。ある意味な」
剛「せやな」
光「ある意味、それを覚えてて、それを…」
剛「先輩をこう、あれすんのは偉いな」
光「うん。忘れてたもん。『ベアッ!(なぜかウルトラマン風)』って(笑)」
剛「そうそう。座るやつやな」
光「改めて、聞くとおもろいけど(笑)」>すでに笑いすぎて息切れ気味
剛「でも、くま子が、や」
光「くま子やろ」
剛「熊が、じゃないで。くま子が」
光「くま子が座る時に『ベアー(二人で声を揃えて)』」
剛「って座ってたっていう話なんですよ」
光「(笑)く、くま、熊でもね、『ベアー』って言わないだろうし」>笑いすぎで息切れ
剛「言わないですね」
光「しかも!熊のくせに、英語やろ?」
剛「そうです」
光「(笑)そこがおもろい(笑)ベアー(笑)くっだらねぇ(笑)」
剛「発音的には『くま子↑』の方がいいですね。『くま子↑』うん」
光「ほんっとくだらん(笑)熊って絶対、英語ちゃうもん。熊やもん(笑)」
剛「うん」
光「熊だからベアーってなんか、なんかそこのね、変な、変なとこがおもろい」>必死に説明中
剛「あん時ちょっと疲れてたっていうのもあるしな。収録中」
光「そうですね」
剛「とりあえずなんでもおもろかった」
光「おもろかったですね」
剛「さ、しめてこうか!」
光「しめていこうか。というわけで」>完全に終わる気
剛「はい、続いて」
光「あ、続いていきますか」

光「『私はこれでドン引き!』」
剛「なにで?なにでドン引き?チャーチャーチャン!(効果音も自ら)」
光「こんな男性を見てドン引きした、というね」
剛「あー知りたいねー」

剛さんが妙なテンション(笑)
その後、風邪を引いたところに電話をかけてきて自分の話をする男の一人コントを延々と(笑)
でもなんか、光一さんが優しくさっくり次へ行ってくれました(笑)

そして次のメールで魚肉ソーセージの話になり、「(男の人は全体的に)魚肉ソーセージ好きなとこあるかもね」と言うも、光一さんが「俺あんま食うことないわ」と言えば「あ、そう?…じゃあ、まあそういうことで」とあっさり終了(笑)

で、曲はもちろん、「ジェットコースターロマンス」で(笑)

お別れショートポエム。
テレビのインタビューで、ウルトラマンになりたい、という男の子に「いつ頃なれるのかな?」と聞いたところ、満面の笑みで「86歳!」と答えていた、という話。

光「なんやろ。なにを根拠に86歳なんやろな」
剛「まあ相当時間がかかるってことはなんかわかってんのかもしれへんな」
光「なるほど」
剛「簡単にはなれへんっていうこと?」
光「そうやな」
剛「うん。大体まあ結婚して子供もまあ出来て、で、子供もまあちょっと社会に出て、これからどうしようか俺ら、なあ、二人でなぁ「シュワッチ!」ってことやな?」
光「うん、まあ還暦も当に過ぎてるからな」
剛「『うちのお父さんウルトラマンなの』『あ、そうなの』」
光「いや、まあまずこの子はそこまで考えてへんやろな」
剛「(笑)」
光「それじゃあ終わります。堂本光一でした」
剛「堂本剛でしたー」


ってことで、久しぶりの二人で若干テンションおかしめなのでした(笑)
冒頭が一番面白かった(笑)
Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.