FC2ブログ
KAT-TUN LIVE TOUR 2012京セラドーム大阪 3/3~4感想


約二年ぶり!そしてツアーが始まってから行きたくても行けなくてやきもきした一か月!
友達の付き添いとしての遠征以降二回目、むしろ自分の目的で行った初大阪。
行ってよかった!楽しかった!なにより本人たちが楽しそうでなにより!でした。
席はいつも通り、どのステージにも遠い席でしたが、やっぱりいつも通りそんなの関係ねぇの楽しさでした(笑)

田口くんの髪型がどうのこうのとか、本当に些細な問題でございました。可愛い生き物健在。
そんなこんなで、変わらずの田口メインでLOCK ONでROCK ONしました(笑)
あくまで正しい記録ではなく、楽しんだ記憶の覚書なので、間違ってることが多々あると思いますが、ニュアンスで楽しさを感じ取っていただければと思います。むしろ後々のためのただの長い日記です。

当然ネタばれなので、まだ行ってない人は見ない方が絶対楽しめますので見ないでくださいな!そして当然、あやふやな記憶なので転載もせんでください。

そういうわけで、二日分の薄くなった記憶をまとめてどうぞ。
頑張って覚えてたのに中丸さんのせいで全部吹っ飛んだわ(笑)
セットはメインステージに大きなスクリーンと、ステージ全体を囲むような鎖が印象的。花道は大きな「中」のような形で、センターステージとバックステージがあり、そこをムービングで行き来、って感じでした。

3日は一塁側の、正面斜め横って辺りで、真横でもなくバックステージが近くもなく、しかも斜め前に着席ブロックがあったもので、基本的なお手振りや優しさは全部そっちへ持ってかれました(笑)
4日は三塁側、正面寄りの天井席。全体像が良く見え、ライティングが綺麗でした。


そして、会場が暗くなって始まるとまずはオープニング映像が。
全員黒くて長いコートを来た状態で並んで立ち、まさかの天使の羽根が背中に。そしてそれぞれ「愛」「仲間」などの文字が浮かんだ黒い球体を手にして、それを飛ばすと、誰かの周りで囲うように輪になってチェインを作る、みたいなものでした。
田口くんが「仲間」で上田さんが「愛」だったのがなんか印象的。他は「希望」「勇気」「笑顔」でした。

そこから、中央のスクリーンにスマイルマークの目元がChainになったロゴが映し出され、それが割れてKAT-TUNが登場。
田口くんは例のモヒカンからちょっと伸びて、前髪がちょろっとだけ出来てました。思った以上に可愛い。…結局動いてる田口くんならなんでもいいらしい(笑)

BIRTH
なんとなくLOCK ONかSOLDIER辺りで始まるんじゃないかと思ってたので、スタンダードに来てびっくりしました。しかも真ん中から登場で、初っ端から激しいダンスだったので驚き。がしがし踊ってました。

4日、みんなが立ち姿で決めているところ、田口くんが右端でくるっとターンしてるのが見えました(笑)

STAR RIDER
イントロに合わせてスクリーンに一文字ずつ「STAR RIDER」と表示され、ムービングで移動。ダンスが激しそうなので、中盤くらいにくるかと思ったのでまた予想外で驚き。
センターステージ上のムービングでがっしがっし踊ってました。が、たまに上田さんがダンスを放棄していたが、それもまた良し(笑)
そして今回遠目だと結構な確率で中丸さんと田口くんを見間違えました。意外とシンメが多かったからかなぁ。

CHANGE UR WORLD
続いてムービングでバックステージにて。
サビの振りは一緒にやった方がいいのか、いつも迷います(笑)

Keep the faith
程良く安定してきた田口パート。
確か田口くんが一塁側のクレーンに来て、恒例のうちわチェックをされました(笑)視線ですいっとチェック。他のファンには優しいくせにチクショウ(笑)

その後、逆側のクレーンに乗っていた亀梨さんとバックステージ辺りですれ違うんですが、田口くんが大きく迂回して避けて通ってたのがなんか面白かったです(笑)なんかする隙を与えない(笑)

ONE DROP
たぶん4日が近かった気がしたので、三塁側クレーンに来てくれた、はず。…あ、そうだ。「飢えた体カラダのこの真ん中を」って歌詞が好きだと田口くんが言っていたのを毎回思い出して、その歌詞の時のちょうどクレーンに乗ってたのを見たことを今思い出した。…我ながらなんて覚え方だ(笑)
なぜかいつもこの曲の動きを覚えていないのは、サビの振りと、それを踊る田口くんの指先に集中してしまうせいだと思います(笑)
あと、毎回聖さんが歌の入りが辛そうだなぁと思う曲。

WHITE
この歌が異常に好き。特に二番の歌詞が良すぎて毎度泣きそうになります。
田口くん、Chainと入ったトロッコでメインステへ。正面左の道をゆっくりお手振りしながら進み、もう一方の道を後から亀梨さん?がトロッコで猛スピード。
後はそれぞれ花道を歩き、メインステージで集合。

ここで挨拶。
3日、田口くんが「ほんまよろしくやでー」と明るい笑顔で言っていたんですが、田口くんの関西弁って本当にイラッとしますよね(笑)でも下手すぎて可愛いから良し(力強く拳を握って)

4日、亀梨さんが「ちょっと外は雨降ってるけど、そんなの関係ねぇぜ!」とかっこよく決めているところ、上田さんは真ん中でそっと「そんなの関係ねぇ」の振りをしてました。好きだなぁ(笑)

そしてLOCK ON のPVの感じの映像が流れ、衣装替えして再び登場。
シルバーの飾りがついてキラキラはしてるんですが、黒い襟の高い衣装で、田口くんの髪型も相俟って、上半身だけ見ると完全にマトリックスでした(笑)

LOCK ON
まさかのここで亀梨さんサングラス装着で登場(笑)このタイミング?!みたいな。
そして聖さんがフードをかぶっていて、いいタイミングで脱いできゃーをもらってました。

COSMIC CHILD
花道を歩きながらセンターステージへ移動。スクリーンにはそのまま宇宙の映像が。
「キレイだ・ネ・ネ・ネ・ネ」をあんまりエフェクトのかかってない感じで歌う上田さんが可愛い。
そしてラップを歌う後ろで、中丸さんと田口くんが向かい合ってわちゃわちゃダンスをしていたのが可愛かった。フリーなのか、中丸さんが踊って、田口くんが真似する、みたいなのがすごく可愛くてそれしか覚えてない(笑)

あ、この曲で亀梨さんがサングラス外してました。やっぱりタイミングが(笑)

儚い指先
それぞれバラバラに散ってるけどハーモニーの綺麗な曲。

最後に一人一人ダンスをするところがあって、田口くんがメインステでオレンジ色のライトを浴びてくるくる回っていたんですが、そのターンが美麗過ぎて見惚れました。長い手足でターンすると、めちゃくちゃ美しくて。

ちなみに中丸さんはバックステージでまさかのピンクライト。正面右の花道で、若干緑がかった青いライトで上田さんが、正面左の花道で黄ライト聖。最後に田口くんと同じ位置のメインステで赤いライトにて若干エロめなダンスの亀梨さんでした。

FINALE(田口ソロ)
最初に手で払われたワイングラスが割れ、膝から崩れ落ちる田口くんの映像が。なぜ髪の長い時に撮らなかった…(嘆き)
そして終わった後に覚書ように書き残してあったのが、「間の寝返りエロい」でした(笑)
歌の途中に、思い出を引きずっているような描写の映像が入るんですが、ベッドで寝返りを打つ田口くんの喉元がすげぇエロい。宙を仰いだ時に仰け反る喉元もエロい。なにこれエロい。

そして一番の惹き付けポイントは、やっぱり出のジャンプ力かと。
あれって、飛び出すのさえ難しいらしいのに、ものすごいエビぞりで飛び出て来て、客席が湧いてました。こういう反応嬉しいなぁ♪

でも、曲を聞いた時から思っていたんですが、やっぱりあの人のソロが被るわけで…。
曲調といいダンスの感じといい、後ろのダンサーの感じといい、映像といい。
田口くんが嬉々としてバックダンサー参加していた曲のイメージがちらちら。そんな勝手な想像で若干泣きそうに…。

しかし、後半にあったという映像もちゃんと見たかったなぁ。

STEP BY STEP(中丸ソロ)
これの覚え書きは一言「発光」でした(笑)
見覚えがある感じの衣装に、光る個所が付け足され、それを使ったダンスやギミックが色々ありました。
最初見た瞬間、海賊帆の時のI LIKE IT並の衝撃を受けました(笑)そこそうやって光らす?みたいな。
でも、毎回中丸さんのソロは「ジャニーズだなぁ」って思います。大事だよね、こういう演出。

ノーマター・マター
三人と二人に分かれて山車で登場。
一塁側から田口くん(水色の長いコート、濃いオレンジのパンツ)、中丸さん(ピンクパンツにメガネ)、聖さん(青いジャケットに髪縛り)で、三塁側から亀梨さん(偉い海賊っぽい金の入った赤ジャケット)と上田(赤パンツ)さんでした。
3日、花道の横辺りでしばらく停まって周りにお手振りしていたところ、山車が急発進して、田口くんが盛大によろけてました(笑)

RUN FOR YOU
バックステージ前ですれ違い、一塁側に亀梨さんと上田さんの山車が。
3日、お手振りもそこそこに、亀梨さんがサビのところをすごい上機嫌で踊ってました(笑)正しいダンスではなく、ゆらゆら揺れるような感じだったんですが、なんかすごく楽しそうでした(笑)

ONE DAY
山車から降りて、大勢のJrと一緒に。
「YOU!YOU!YOU!」のところとコーラスの「ONE DAY!」で指一本立てての振り付き。

4日、亀梨さんがメインステ横の花道で、通り過ぎようとする田口くんを止めるようにして向かい合わせで「YOU!YOU!YOU!」でお互い指さししてました。
田口くんがめちゃくちゃ笑顔ですごい可愛かった!

PERFECT
田口くんの「みんなの笑顔は、パーフェクト!」から始まる曲。
バラバラに花道を歩いて歌。最後はセンターステージに集まって踊ってました。
「人と比べながら生きてもしょうがない」の背中合わせがなくて残念。可愛くて好きなのになぁ。

-MC-
(長くなったので別記事で)

SMILE FOR YOU
ここで唐突に歌に。この流れがなんでなんだかわからなくて、びっくりします。みんな慌てて立ってたよ(笑)

4日、みんなが残したバスタオルやボトルを細々と回収して片付けていた田口くんが、引っ込んだのが遅かったためにみんなより着替えが遅れ、揃った四人がちらちらと後ろを振り返りつつ。
聖「田口いねぇけど歌っちゃおっか」
田口「(焦ったように飛び出て来て)ちょっと待ったターイム!」
衣装を着るのもそこそこに走ってきた田口くん、マジ焦り(笑)
田口「本当に歌っちゃうのかと思って超焦ったぁ~!」
聖「(笑)」


歌が終わり、ここで突然映像。
かつまねのツナギ衣装でまねざるの頭をかぶってボクシングをする人。
1Rが終わり、頭を取ると上田さんが。セコンドの声(聖さん?)、「大丈夫か!」「はい!」「勝てるぞ!」「はい!」「相手の動きをまねていけ!」「はい!」「いいな、まねていけよ!」「はい!」というやりとり(笑)

続いて、「ついにあの人が来日!」というテロップの後、出てきたのは黒ジャージの上に白いブリーフを履いた聖さん。
吹き替え風の映像で、ブリーフを上げ下げするエクササイズ。その名も「ブリーフブートキャンプ」だそうです。

そして三本目。関ヶ原の戦いの裏で、こんな闘いもあった、というナレーションの後、サムライの衣裳の田口くんがアップに。かつら付きの亀梨中丸を従えて、構え。
「KAT-TUNの曲を五秒間で七つ歌え」というお題を出され、あわあわ。
田口「七つって多くね?!え、七つ?」
中丸「(真顔のまま無視して)用意」
さすがに五秒じゃ歌えないので、タイトルを羅列するも、五つでタイムアップ。
聖「惜しい!あと二つ!」←その場にいないのに、なぜか遠くから聞こえる声
田口「俺、一番KAT-TUNの曲カラオケで歌ってるもん(アピール)」

4日も上田さんと聖さんの映像は同じで、田口くんの勝負の内容が変更。
「五秒で剣玉を剣先に刺す」
田口「回していい?これ、先のところ回していい?」
中丸「(やっぱり無視して)用意」

一度入りそうになるも、ギリギリで落ちて、時間終了
田口「ああああああ!」
中丸「うるせぇ!」
田口「回したら入りやすいって言うけど、全然関係なかった…」


ULTIMATE WHEELS
「プライドをこの胸に。田口メインステ Tシャツ胸あき」
という、終わった後の覚え書きに覚えがない(笑)
たぶん、メインステで歌っている田口くんの衣装のTシャツの胸元が大きく開いていて、その歌詞の時に胸を叩く振りをしていたよ、ってことだと思うんですが…中途半端に書くんじゃなかった。余計混乱する(笑)

バンド紹介
残念ながらFIVEではないので、美麗ベーシストの姿もあらず…(号泣)
立ち姿の美しいベースも、優しすぎて涙の出るドラムも、アドリブの効くイケメンキーボードもいないのに下手ってどういうことなの、と切なくてなりません…。誰かスタッフの知り合いなのかなぁ。せめて普通のバンドさんにしてほしかったです。
というか、どうせ外部のバンド使うなら、上里さんだっていいじゃないかー!バンド紹介で亮太コールが出来ないなんて…!

そしてその流れで中丸さんのボイパ。
毎度そうなんですが、スクラッチ音というか口を尖らせてマイクを離していく時に必ずきゃーってなるのが私にはよくわからない(笑)
その時の顔が可愛い、ってノリ?いきなりあのタイミングだけきゃーって声が沸くのが気になってしょうがないのです。なんなんだろ。

DANGEROUS CAT ~MAKE ME WET~(聖ソロ)
後半のソロのスタートは聖さんから。
前回のソロの衣装(胸元の空いた白シャツと黒パンツ)プラス、外国のポリスっぽい帽子でセクシーな感じ?
冒頭、さくらと雷の声に合わせてライトが点滅、センターステージに出てきた聖さんが、尻尾付きのダンサーを従えて、バックステージまで歩く、というものでしたが。
女ダンサーがつけてる尻尾が、セクシー尻尾でも萌え尻尾でもなくとても残念でした。せっかく尻尾あるのにもっと上手く使ってよー。うぎー。
というか、耳はいらないから、聖さんに尻尾とファー的な衣装がほしかったなぁと、個人的要望。
猫耳とかやると安易な萌えに走り過ぎて狙い過ぎが嫌なのですが、この歌だったら尻尾と綺麗な毛並みが必要だなーって。
あ、「あ・お・ず・け」は、カメラアピールしっかりでした(笑)

ずっと(亀梨ソロ)
ライトを消してと言われても消さないのはすでにファンではない件について。コンサートの雰囲気作りを一緒にするのがファンだと思うんですが…。
これから行く人は絶対に指示に従ってライトを消していただきたいです。せっかく綺麗なのにもったいない。
ということで、亀梨さんはメインステージにてスタンドマイク一本で歌うのです。その後にライトでの綺麗なギミックが。
田口くんが言っていたけれど、確かに亀梨さんにしては珍しい感じの見せ方でした。

Red Light?(上田ソロ)
正しいタイトルがわからないのですが、サビがこれだったので仮タイトル。
冒頭にはランナウェイの空哉のシーンが思い返すように入り、それを探すように赤いライトが光り、スクリーンにはロックオンされたような、照準の合わされた映像が。やっぱり世界観作りは一番上田さんが上手いですね。
薄汚れたフード付きの衣装とほぼ全面に渡って英語の歌詞で、自由のために逃げる歌な感じでした。
終わりの方には手錠をされたまま踊り、それを最後には引きちぎっておりました。
4日はかっこいいまま終わってましたが、3日は、アップになった最後ににこっと笑顔のサービス。さすがでした(笑)

SOLDIER
田口くんが正面右のクレーンで上がり、その時にもちらっとうちわチェックを受けました(笑)
そこから、Jrが旗を振るバックステへ移動。

あの日のように
バックステから歩いて移動。
この歌のタイトルがいつもすぐに出てこなくて、ちょっと焦ります(笑)

歩道橋
センターステージの横並びで一人ひとりがリフターでせり上がり、後ろに歩道橋の映像が。
この歌、全員それぞれに田口くんがハモってるんですね。なんかちょっと珍しい作りだと、歌ってる姿を実際に見て思いました。

NEVER×OVERアレンジ
実はこの歌、色々ケチ付けられたり巻き込まれたりして、あんまり好きじゃなかったのでほとんど聞いておらず、やったのでびっくりしました…。
元は苦手な曲だったけど、かなりアレンジが効いていて、うまい作りになっていたので、4日にはノリノリで呼びかけ出来るようになりました。
しかし、サビの振りと呼びかけがなかなかにして強敵(笑)慣れるまではかなり必死になります。慣れるとすごく楽しいんですけどね!

で、紹介ラップの時に田口くんがジャグリングをするんですが、そのボールを亀梨さんに投げて、投げ返してもらいながらにこにこジャグリングをしていたのがなんか微笑ましくて可愛かったです。

そしてここで謎のお面ダンス。
よく次々と仮面が変わる、みたいなダンスに使われる、口で咥えて固定する仮面をそれぞれつけてたんですが、その仮面を咥える時の田口くんの口元がエロいってことに4日気づきました。いや、うん、勝手に見つけたエロス。

そして高いライト付きのムービングでセンターステージまで移動し、カラフルなライティングでもう一度NEVER×OVERに戻って、再び振り。ここの演出すごく良かったですv

GIVE ME, GIVE ME, GIVE ME
ちょうど、NTTもちゃんと覚えていた方がいいのかなぁと聞いていた流れで聞いていた曲だったので、ここでやるかと驚き。やっぱりしっかり全部の曲聞いていた方が楽しいですね。
ライトとストップモーションのコラボがすごくかっこよかったです。

LIPS
これ、音響が悪いんだろうし、大きな会場に慣れていないんだろうから仕方ないのかもしれないけど、バンドの演奏がずれすぎててもやもやしました…。
ドラムは走ってるし、ベースはずれてるし、ギターは二本いるのに聞こえないし、メロディ弾けてないし。激しくて勢いのある曲だからこそずれてると非常に気になるわけで。マジでドラムしっかりしてー。あと、最後のギターのジャジャン♪が決まらないとものすごく気持ち悪いっす…。

そんな中、亀ちゃんがムービングで移動していたのですが、途中田口くんがバックステージからそちらの方向へ歩き始めて、どうするのかと思ったらムービング上の亀梨さんにぶんぶん手を振っていて、亀梨さんも同じように振り返してました。このやりとりすげー可愛い(´∀`*)
そのままムービングの下を通ってセンターステージへ。って、ムービングの下って普通に通れるのか(笑)
その後やってきた聖さんは、寝転がった亀さんの手にジャンプしてタッチしてました。

そんなことがあった次の日、4日。
同じ歌の辺りで、同じようにやってきた田口くんに、すでに寝転がってスタンバイOKの亀梨さん(笑)
田口くんが来る辺りになったら一所懸命下に手を伸ばしていたんですが、前日、背後で行われていたやりとりを知らない田口くんは、「なにしてるんだろう?」って感じに上を見ながらスルー(笑)
その後から来た聖さんがもう一度大きくジャンプしてタッチしてました。思惑外れ(笑)

喜びの歌
「止まるわけねぇー!!」な歌。
これもまたずれていてもやもや。
みんなバラバラに花道を歩いてるんですが、亀梨さんが「愛してる事件」を起こしてから、「素晴らしすぎる」の辺りは亀梨さんと田口くんがステージの端と端にいることが多くなりました(笑)
そんな中、上田さんと聖さんが「愛してる」で告白し合ってましたよ(笑)珍しい。

Peacefuldays
後日の筋肉痛の原因曲(笑)
3日、一塁側の花道近辺に田口くんがいて、大きく○をもらったので、ほぼ反対の位置だった4日は遠いなぁと思っていたら、まさかの正面で大きな○をいただきました。立ち位置自由なのかな?嬉しかったから良いのですが♪

この辺の衣装だったかなぁ。
田口くんの格好が、モヒカンと言うよりかはリーゼントっぽくて、Tシャツに左手グローブだったので、完全にフォーゼの弦ちゃんに見えました(笑)
宇宙キター!がめちゃくちゃ似合いそうだ(笑)

勇気の花
しんみりと終わりの空気で、バックステージからムービングでメインステへ。
最後のハーモニーがすごく綺麗でした。
そして亀梨、田口、上田、中丸、聖の順?で挨拶。上田、中丸が逆かもしれない。
「何年後、何十年後もまたここに立ちたいので、ずっとついてきてください。応援よろしくお願いします」みたいな挨拶を聞いて、胸がぎゅっとしました。
あと、いつもさらりと綺麗にまとめる上田さんが、言葉を探すように「えーと」ってなってたのがなんか印象的でした。いつもそうじゃないわけではないけど、なんかすごくその場での自分の思いをまとめながら喋ってるなって感じで。

終わりに、冒頭のVTRに繋がるように黒いマントを羽織ってフェードアウト。
続いて羽根付きのVTRへ。

やっぱりアンコールはいいなぁ!変なコールを聞くのが本当に嫌なので、たくさん聞こえるアンコールににやにやしました(笑)

アンコール
Real Face
正直、ここで聞くまでリアフェを歌ってないことに気づいてませんでした(笑)そのことにびっくりした。まさかアンコールにデビュー曲を持ってくるとは。
そしてそれよりもびっくりの要素は気球!
KinKiが使った型の、黒バージョン気球が五連で浮かんでいて、しかも鎖で繋がっているというChain気球でした。それでスタンドの上段まで来てくれて、すごい迫力でした。本当の意味で上まで楽しめるってすごい。

そして二日連続で最後のラップ部分は田口くんに任され、「俺はじゅんの!」が聞けました。幸せ(*´∀`)


で、ここで3日の内容があらかた吹き飛んだ田口くんの一言。
次の曲のイントロ部分で、唐突に「中丸くーん!」と呼びかけ。しかも、全員分呼ぶのかと思ったら、それで終わりで、中丸さんの「……え?」という素の声が予想外の呼びかけを物語っていました(笑)
この呼び方が、めちゃくちゃ甘ったるくて可愛かったんだぁー(*´Д`)
しかも田口くんが中丸さんを呼ぶってなんだか珍しくて、びっくりして色々吹き飛びました(笑)

CHAIN OF LOVE
意外とこれからスタートするかなぁと思っていた曲が、すごいタイミングで登場。でももうすっかり気球曲(笑)この曲好きだなぁ。

そして4日、高さ的にも本当に真正面に来た田口くんが、バスタオルを放ってくれたんですが、まっすぐと花道へと落ちて行き、すぐに回収されてました(笑)一瞬の夢をありがとう(笑)

その気球で会場を半周して、センターステージへと下り立つんですが、中丸さんの「やっと地上に降り立った…」ってしみじみと呟かれた言葉が印象的でした(笑)
そういえば高い所恐いんじゃ、この演出は恐かっただろうに…。ちゃんと手を振っていてすごいなぁと思いました。

DIAMOND
最後に花道を巡って。
「DREAM ON DREAMON」のところで腕を回す振りが良いですよね♪

4日、亀梨さんは花道を歩きながら、カメラでお客さんをぱしゃぱしゃ。
メインステージからもお客さんを撮っていたら、おもむろに入り込んでくる中丸さん(笑)完全にテレビに映りたい学生のノリ(笑)しかもその上で手招きして周りを呼んで、それに気づいた田口くんが駆け寄ってきて二人で記念撮影してもらってました。
おい、亀梨さん。その写真売ってくださいませ(土下座)

そして最後の挨拶にて、みんながかっこよいめの真面目な挨拶をしている中
田口「燃え尽きました(笑)今日の消費カロリー五十万(五万?)キロ!うそうそかわうそ!」
と、さっきのダメ出しを生かして明るい嘘で〆た田口くんがめちゃくちゃ可愛かった。スクリーンの閉まり際の「まったねー」もきゅんとしました。しんみりしない終わり方もいいなー。
でも、聖さんの「離れるなよ。離さねぇから」の言葉も、不意打ちでぎゃーってなってました。さすがや(笑)

ダブルアンコール
Going!
これもまた花道を歩き回ってお手振り。
中丸さんって、本当に上まで見て手を振ってくれますよね。すごい。そして相変わらず田口くんの大きなお手振りは元気が出ます。

そして帰り際、それぞれ「バイバーイ」「気をつけて帰ってねー」やら規制退場のアナウンスの真似(By中丸)をしつつ帰っていく中、聖さんが「結婚してくれ」なんていつも通りの甘いセリフを吐いたりなんかしていたら。
帰ったはずの中丸さんが戻ってきて、決め顔で「結婚してくれ」と一言。
まさかの中丸さんからのセリフにざわめいた後にきゃーきゃーなってましたよ、もう!ギャップ卑怯だろ!
それがだいぶ気に入ったのか、その後も何回か言ってました(笑)

4日、どこだったかみんなで並んで手を繋ぐ所で、中丸さんと田口くんが、繋いだ手をぶんぶん振っていて非常に可愛かったです。小学生の下校風景、みたいな(笑)
ここだけじゃなく、しょっちゅうなにかこそこそ喋って笑ってて、なんかやたら微笑ましかったです。作ってない仲の良さってこっちまで幸せになるから好きじゃー。

トリプルアンコール
4日は大阪ラストということで三回目のアンコール。
中丸「危うくシャワー浴びて帰るところだった」
とぞろぞろステージ上に出てくるも、カメちゃんが来なーいと言っていると、遅れて登場した亀梨さんは先ほどのカメラを手にしていました。
そのカメラが、オレンジなのが田口ファン的に見逃せないポイント(笑)オレンジは田口カラーですよカメちゃん!いい色をお持ちですねカメちゃん!ものすごいいいオレンジすぎて尊敬します亀梨さん!

亀「今さら、こんな時に言うのもあれだけど。亀カメラの連載で撮りたいんだよね」
そういうわけで撮影大会。四人が並んで亀梨さんがカメラを構えてましたが。
田口「タイマーで撮れば?」
ということで、タイマーにて全員で撮ることに。ステージ中央の階段にカメラをセットし、寝そべって位置を確認する亀梨さん。
中丸「ベスポジは?」
田口「そこで大丈夫?高さ平気?」
聖「田口は?見切れてる?ちゃんとここで切れてる?」
田口「なんでだよ!こっちのお客さんもちゃんと写してあげてよ!」←注意するポイントが自分じゃないところが泣ける…

聖「みんな一瞬でメイク直して」
というわけで、ここで撮った写真がいつかの連載時に載るかも?

そして最後はまたここで会う約束、ということで久しぶりのこの歌。
ハルカナ約束
タイトルを言わなくても紹介の言葉だけでテンションMAX!
全員テンション高く、しかも田口くんが客席に下りて走り回ってました。なんとなく珍しい光景。きゃーきゃーなってたので、他の人も下りてた、はず(笑)
そして走り回ってステージに戻ってきた田口くんは、声ががらっがらに枯れてました。
中丸「田口、声どうした(笑)大丈夫か?」
まさかの中丸さんが心配してくれた!すげぇ!

田口「みんな帰ったらちゃんとふくらはぎ揉んでね」
と、マッサージするゼスチャーをしながら去っていく田口くんの後、中丸さんが
中丸「田口、俺のふくらはぎもも揉んでくれ」
と、真面目な声で告げてフェードアウトして行きました(笑)最後まで続く中丸さんの謎の田口推し。

そんなこんなで、内容大満足の楽しい遠征でした!

…ただ、マナーの悪い客がちらほらいたのが気になりました。
電車の中で騒ぐとか、一人で四連うちわとか。特に会場内で写真撮り過ぎ。いくら天井席だからって、ダメなもんはダメだとなぜわからない。
さすがにデジカメでフラッシュ焚いて何度も撮る人にはびっくりしました。しかも、スタッフはなにも注意しないし。あまりにスタッフが見て見ぬふりをするもので、そのうち撮影大会になっていて本当に残念でした。
それに、規制退場も守らない人が多くて、急ぐ様子もないのにぞろぞろと帰っていくわ、スタッフは一切止めないわで、最後にちょっと嫌な気持ちになりました。
バイトなんだろうけど、仕事はちゃんとしてくれ…。東京ドームのあのバイトスタッフでさえ柵持って止めますよ?
なにより、それをやっている人が全員それなりの年だったのがげんなりです。同じファンだと思われるのが本当に恥ずかしいからやめてほしいです…。
みんなテンションがすごく高くて楽しくて、ものすごく楽しめたからこそそういう残念な人たちの存在にがっかりでした。

それさえなければ、非常に面白いコンサートでした!
お客さんも上までいっぱいで、土曜は少し大人しめだったけど日曜はすごく元気だったし。
終わっちゃうのがもったいなくて、土曜の夜はなかなか寝れなかったくらい(笑)
次はアリーナで見られるので、それもまた楽しみにしばしじりじりして過ごそうと思います。MCだけでもいいから地方も含めて全部DVDにしてくれないかなー。…いや、やっぱりオフショットも曲も全部欲しい!(笑)


コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © らぶじゅに. all rights reserved.